仮想通貨イーサリアム関連企業Consensysの傘下企業がAWSと協業、新しい企業向けブロックチェーンプラットフォームを発表

Kaleidoがアマゾンウェブサービス(AWS)と協業し、企業向けブロックチェーンプラットフォームを発表
ConsenSysの傘下スタートアップKaleidoは米国アマゾンウェブサービス(AWS)と協業して新しい企業向けブロックチェーンプラットフォームを始めると発表した。

Kaleidoがアマゾンウェブサービス(AWS)と協業

公式プレスリリース によれば、イーサリアムのブロックチェーン・スタートアップに幅広く投資やサポートを提供しているConsenSysの傘下スタートアップであるビジネスクラウドのKaleidoは、ポルトガルのリスボンで11月8日に行われたWeb Summitで、米国アマゾンウェブサービス(AWS)と協業して新しい企業向けブロックチェーンプラットフォームを始めると発表した。

このサービスはプラグ・アンド・プレイ(PnP)のマーケットプレイスを装備した『フルスタックプラットフォーム』という。

ブロックチェーンサービス顧客がより早く簡便に繋がる事に期待

新しいKaleido Marketplaceはブロックチェーン・ビジネスクラウドを拡張し、フルスタック(クライアント及びサーバーソフトウェア)のプラットフォームを可能にし、新マーケットプレイスはKaleidoのツールとサービス、そしてAWSによるPnPが実装される模様だ。

Kaleido Marketplaceの初期ユーザーによると、これによってブロックチェーンプロジェクトの構築に必要なカスタムコードを80%省略する事ができるとしている。

顧客はHDウォレットや組織的ID認証システムなどのサービスとともに、スマートコンタクトオラクルのChainlink やサプライチェーンマネジメントのViant 、法律・契約書作成システムのOpenLaw やClause.ioなどその他業界特化型サービスへもクリック一つでアクセスできるという。

そして、どうプレスリリースでは、KaleidoのCEOを務めるSteve Cervey氏は、包括的なブロックチェーン基軸のクラウドサービスをクライアントに提供することがブロックチェーンの普及にとって極めて重要であるとこのように、述べている。

現状として、企業向けのブロックチェーンプロジェクトの10%がブロックチェーンそのものに関わっている。実際のブロックチェーン商品化になるまでは、アプリケーションやデータ、インフラなどのような構成部分が必要不可欠だろう。

幅広い分野へのブロックチェーンの適用が促進される見込み

 

すでにKaleidoの顧客には先物取引とファイナンスネットワークを運営するKomgo がいると報じられている。Komgoの顧客にはシティバンク=米メガバンク、ING=オランダのメガバンク、東京三菱UFJ銀行やシェル石油などグローバル大手企業や金融機関が名を連ねている。

KomgoのCEO、Souleima Baddi氏は「Kaleidoのエコシステムのラインアップから最も適切な開発プロトコルを選ぶ事ができ、この利便性によって最適なソリューションを得られ、より多くの参加者へ非常に速い速度で提供する事を可能にできる」と賞賛している。

また、Kaleidoは、他社がエコシステムへ参加し自社サービスを販売促進できるようなパートナーシッププログラムも開始した模様。 このプログラムにより参加企業は自社のブロックチェーンソリューションにKaleidoを埋め込み、Kaleido Marketplace上でプロモーションも出来る。

さらに、Kaleidoをコンサルテーションに使用でき、顧客との関係を促進する事もできる。

そして、OpenLawの共同創業者のAaron Wright氏は、「Kaleido Marketplaceによって我々のスマートコントラクト・ソリューションが、グローバルで多くの人と繋がり新規顧客の獲得につながるだろう」と、期待感を見せている。

企業によるブロックチェーン技術への積極的参入が止まらぬ

AWSは、Kaleido以前には、すでにイーサリアムとHyperledger Fabricプロトコルにて使用できる独自のブロックチェーンフレームワークを発表した。このサービスを利用し、顧客がブロックチェーンベースのDAppsを構築して運用できるようにするものであるとされている。

さらにAWSの中国部門がシンガポールの分散型ブロックチェーン・プラットフォームQtumと技術提携するなど、サービスとしてのブロックチェーン(BaaS)ソリューションの開発を積極的に進めている。

アマゾン・ウェブサービス中国部門、Qtumブロックチェーンと提携|仮想通貨QTUMの価格も上昇
アマゾン・ウェブ・サービスの中国部門がクアンタムのブロックチェーンを利用する意向を発表した。市場低迷の中でもひっそりと大手IT企業のブロックチェーン技術採用は着実に広まっている。

なお、アマゾンだけでなく、グーグル、IBMもブロックチェーン技術の開発を進めており、大手IT企業のブロックチェーン技術への参入は確実に進んでいると言えるだろう。

KaleidoとConsenSys

Kaleidoはジョセフ・ルービン氏が率いるイーサリアムのブロックチェーンベンチャーインキュベーター=ConsenSysによりサポートを受けているベンチャー企業である。ルービン氏は以前、Kaleidoが企業向けに、Web3.0『革新的に簡素化できる』と述べたことがある。またConsenSysは宇宙開発ベンチャーを買収するなど、さらに新しい分野へ進出しブロックチェーン技術の活用を促進している様だ。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

仮想通貨イーサリアム関連企業Consensysが宇宙開発企業を買収|ブロックチェーンが宇宙進出する可能性
Consensys社が今週、宇宙開発企業Planetary Resourcesの買収を発表した。SpaceXの躍進等で民間宇宙旅行が期待される中、ブロックチェーン技術の宇宙での活用が新たに着目されつつある。
大手銀行INGが独自の「ゼロ知識範囲証明」を開発、通常の証明に比べ高性能かつ幅広い応用が可能に
オランダの大手銀行INGは銀行業界カンファレンス「Sibos」にて、ゼロ知識証明をより応用の効く形にした「ゼロ知識範囲証明」を開発した。これは通常のゼロ知識証明よりも計算が軽く、ブロックチェーンによる処理も速くなるというメリットも期待される。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら