中国の貴州・新疆にある仮想通貨マイニング工場が業務一時停止|BCHハッシュ戦争への影響懸念も

中国政府のマイニングに対する取り締まり

複数の中国メディアによると、11月5日から中国政府は貴州と新疆にある仮想通貨マイニング工場に対し、停電による業務改善、税務の検査、および実名制の登録を要求したことが明らかになった。

出典:weibo.cn

今回の仮想通貨マイニングに対する取り締まりは、工場の税務資料、資金の流れそして、クライアントの情報も対象となっている模様だ。

なお、当取り締まりでは、とりわけ税務を重要視しており、工場側がクライアントに署名を要求した保証書では、「公安部門は取り締まりの標準を高めたため、新たな実名制基準を完成させない場合、マシンの運行停止と除外を行わなければならない」とのことである。

ビットコインキャッシュへの影響は?

中国政府のマイニング企業への圧力は、これまでも特定の地域で強まっていることがこれまでの報道でも明らかになっていたが、今回の中国マイニング工場の業務改善命令は、主に税務によるものと考えられる。

しかし状況が状況なだけに、現在マイナーを中心に繰り広げられるビットコインキャッシュハードフォークのハッシュ戦争に影響する可能性も指摘されている格好だ。

閉鎖に追い込まれたという工場はBitmainとの指摘も海外でされているが、CoinPostが中国語での調査では特定企業の名前までは特定するソースは見当たらなかった。

現在ハッシュ戦争に伴う、両コミュニティの牽制が続いていることから、情報の見方には注意をはらいたいところだが、13日時点で見られているハッシュレートがSV派に大きく偏っていることからも、仮にBitmainの工場である場合は、影響は出かねない問題であることは頭に入れておきたい。

また、BitcoinCashのハードフォークに伴う注意点を以下にまとめた。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

ブロックチェーン情報発信を危惧|中国政府が関連企業にユーザー情報の収集を命令
中国ネット検閲当局、ブロックチェーン関連業者にユーザー情報の取得を命令 中国ネット検閲当...
仮想通貨ビットコインキャッシュのハードフォーク、投資をする際の「4つの注意点」
ビットコインキャッシュのハッシュ戦争 ビットコインキャッシュはABC派とSV派で...


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します