リップル社の戦略トップ:「仮想通貨XRPは現在ビットコインよりも実用的だ」

リップル社の戦略トップがXRPの優位性を主張
同社の最高戦略責任者を務めるCory Johnson氏は先日、XRPが今やビットコインよりも使用されており、実用的な通貨であり、BTCネットワークが”劣った”テクノロジーであるとし、XRPに実装される技術はより優れたものであると主張。
Techonomy18 Conferenceでの発言
同氏はFinTechのカンファレンスに出席し、リップル社の成長戦略について言及。同氏が入社した3月当時は、新たな契約が6週間おきに決まっていたが、今では6日ごとに新たな契約が決まっており、盤石な顧客基盤を築きつつあると明かした。

リップル社の戦略トップがXRPの優位性を主張

Ripple社の最高戦略責任者を務めるCory Johnson氏は先日、XRPが今やビットコインよりも使用されており、実用的な通貨であると主張した。

外部の投資家にRipple社をアピールするべく、同社は今年3月にJohnson氏を最高戦略責任者トとして招いた。同氏は米有力メディアBloomberg Televisionの総合編集長を併任しており、市場への影響力を買われて本ポジションに抜擢されている模様だ。

同氏はこれまでにもRipple社の宣伝として多くのポジティブな意見を発信し続けてきた。

そして、Johnson氏はSNSにて、ビットコインネットワークが比較的に”劣った”技術であるとし、XRPに実装される技術はより優れたものであると主張している。

ビットコインのネットワーク上には中国マイナーによる凄まじい規模のハッシュパワーがある。しかし、このような集中はビットコインの設計者には意図されていなかったものだろう。我々はビットコインとは一切違った技術を使用しており、XRPを取り巻く技術を発展させることを選んだ。

同氏はこのように続けて、

XRPはマイニングを必要とせず、また1秒間に1500回にものぼるトランザクションを処理することができる。また、Ripple Labsはすでに全世界で150以上の経済機関と顧客関係にある。XRPを用いることで、国境を超えた取引のことは10分の1に削減でき、また送金の所要時間も従来の4日から2分に短縮できる。

と述べ、Ripple社の製品の優位性を声高に示している。

Techonomy18 Conferenceにおける発言

同氏はまた、今月18,19日にかけて米カリフォルニア州で行われたFinTech(フィンテック)に関するカンファレンス「Techonomy18」にスピーカーとして出席し、「クロスボーダーにおける仮想通貨の決済」という題目のインタビューを受けた格好だ。

同氏はRipple社が順調にクライアントを獲得し、市場での認識度を高めることに成功していると述べた。

我々はすでに100を超える決済関係のクライアントを有しており、XRPの市場規模も100億ドルを超えたが、今もさらなる顧客基盤の獲得を続けている。私がRippleに入社した3月当時は、新たな契約が6週間おきに決まっていたが、今では6日ごとに新たな契約が決まっている

また、同社は顧客に安定したサービスを提供するため、スタッフを150人から300人にまで拡大し、同社の製品が必需品となることを見込んでさらなる人材確保を続けていくという。

実際に、現在XRPの需要は以前に増して多くの需要を集めている。Ripple社のQ3売上報告書では、XRPの企業向けの売上が前四半期比594%増加したと記載されており、実際に機関への販売実績が上がっていることが明らかになっている。

仮想通貨XRP(リップル)Q3報告書が公開:売却高は約180億円も企業向け販売額が594%増加
リップル社はXRPのQ3売上報告書を発表した。リップル社はXRPのQ3売上報告書を発表した。売却高は180億円となるが、企業向けの売上も前四半期比594%したことは注目だ。

また、17日には米大手取引所Coinbase社の機関向けのカストディサービス子会社Coinbase Custodyが、保管対象通貨にXRPを正式に加えたことも大きな話題を集めた。

XRPの価格推移に関して

XRPの価格も、やはり現在の仮想通貨市場全面安の煽りを受け、厳しい戦いを強いられている。25日14時現在では前日比-14%以上価格が下落しており、執筆時、39円付近で価格が推移している。前日比の下落率はビットコインとほぼ同水準となる。

TradingViewのXRPUSDチャート

しかし、ビットコインキャッシュの分裂騒動に端を発した17日頃のビットコインの下落時には、XRPの価格はビットコインをはじめとした他の通貨よりも下落幅が小さく、相対的な下落への強さを見せた。

相場全体が下落傾向にあることから、仮想通貨市場外への資金流出が起こり得る状況にあるが、株式を中心に金融マーケット全体の状況が厳しい現状も踏まえると、市場内での資金の避難先としてXRPに資金が集中した可能性は十分に考えられる。

米司法省などの動きに関連し、テザーからXRP(リップル)への資金流入が活性化|仮想通貨市況
XRP Chartsのデータでは、世界最大級の仮想通貨取引所BinanceやOKEx、Huobiなどで、ビットコイン(BTC)よりも、テザー(USDT)からの流入が多いことが確認できる。現在報じられている、米司法省と米商品先物取引委員会の動きにも注目が集まる。

ビットコインキャッシュの分裂騒動が長期戦へともつれ込む中、XRPの価格がビットコインと比較してどう推移していくか、今後も注目が集まるだろう。

CoinPostの関連記事

公式発表|仮想通貨XRP(リップル)がCoinbaseカストディに追加
米大手取引所Coinbase社の機関向けのカストディサービス子会社Coinbase Custodyが、保管対象通貨にXRPを正式に加えたことが明らかになった。
ビットコイン大暴落後の最新状況 XRP(リップル)の相対的な強さも|仮想通貨市況
ビットコインキャッシュの分裂騒動や、SECの分散型取引所などへの規制対象拡大などの悪材料を経て、相場の方向性が大きく下目線に傾いた仮想通貨市場だが、本日更なる急落を経て、ビットコイン価格が40万円台に突入した。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加