仮想通貨XRP(リップル)Q3報告書が公開:売却高は約180億円も企業向け販売額が594%増加

XRPのQ3マーケット報告書
リップル社はXRPのQ3売上報告書を発表した。売却高は180億円となるが、企業向けの売上も前四半期比594%したことは注目だ。

リップル社のXRP Q3報告書

XRPの発行企業リップル社は、日本時間26日に、XRP第三四半期(Q3)報告書 を発表した。

当報告の主なデータは以下の通り

  • 一ヶ月に10億ずつ、計30億XRPがエスクローからリリースされおり、そのうちの26億XRPが新しいエスクロー契約へ返却された。(利用されたのは4億XRP、第2四半期は3億XRP)
  • XRPの売上高はXRP世界取引量の0.43%に留まる

*2017年第4四半期にリップル社は、暗号学的に保証された、エスクロー(商取引の際に信頼の置ける第三者を仲介させて取引の安全を担保する、第三者預託)アカウントに550億XRPをロックアップ。これにより、リップル社は全体流通量の13%のみにアクセスできる仕組みを取っている。

XRP売り行き良好;企業に人気

まず、この報告書によれば、ボラティリティと取引高が増加する中、リップル社は180億円弱のXRPを売上に納めた模様だ。

2018年の比較表(日本円換算)
2018年Q3 2018年Q2
企業向け直接販売 110億円 19億円
プログラム売却 73億円 63億円
総売却額 183億円 82億円
XRP総取引量 380億 453億
総取引量に対するプログラム売却量 0.17% 0.125%
総取引量に対する売却量 0.43% 0.162%

今回の報告書で、リップル社による『プログラム売却』の増加はもちろん、特に注目すべき点は、リップル社の子会社であるXRP II,LLCによる企業向けの売上が前四半期比594%増になったことが報告されているが、この数字の伸び率には注目だ。

この好調な売上に至ったのは、先日リップル社主催のSwellカンファレンスにて正式に発表されたxRapid(XRP使用)を複数のクライアント金融企業:MercuryFX、Culliax、Catalyst Corporate Federal Credit Unionなどが導入したことや、xRapidを採用する仮想通貨取引所3社と『プリファードパートナー』を締結したことも一つの要因と考えられる。

なお、「産業において、急速な成長を見せており、例えば、CoilがXRPを使った決済システムを実用化するために、200以上のウェブサイトとウェブマネタイズ商品を試行している」のようなビジネスは今後もXRPに対する需要が高まると言えるだろう。

リップル社SWELLが開幕:1日目内容まとめ|xRapidの商用化を新発表・クリントン氏の発言も掲載
米リップル社が主催する国際カンファレンス「SWELL 2018」が、日本時間本日未明開幕。注目された仮想通貨XRPを利用するxRapidの商用化発表が行われ、注目の元米大統領ビル・クリントン氏による公演内容も明らかになった。

増加する売却量と減少する取引量と

上図のように、『総取引量に対する売却量』がQ2比、100%以上増やしたものの、『XRP総取引量』はQ2に比べて、16%も減少したため、その売却量の比率に影響が出ている模様。

これに関して、同報告の「マーケット・コメンタリー」ではこのように記述した。

Q3にて、全体市場の総時価総額は12%減少し、XRPはQ3の末では一度急騰を記録したが、全体的相関性から免れなかった。

出典:ripple

このように、通貨の取引量が価格へ大きな影響をもたらすとされているため、相対的に、相場が低迷を続けてきたことが、取引量が減少した要因と考えられる。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

ゲイツ財団、リップル社に続きCoilとの提携を発表|貧困層への送金システムの構築を目指す
ゲイツ財団がリップルに続き、インターレジャープロトコル(ILP)を利用するCoilとの提携。ゲイツ財団の運営するMojaloopネットワーク発展を目的に、貧困層の方々に向けた送金システムの構築を目指す。
リップル(XRP)を基軸通貨とした仮想通貨取引所XRP Unitedが始動
世界初、全ての取引ペアが仮想通貨XRPを基軸とした仮想通貨取引所のサービス開始が発表された。またカナダの取引所CoinFieldでもXRP基軸の取引ペア提供を検討されるなど、XRPへの関心が高まっている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら