スイスに上場した仮想通貨ETPの出来高、金・銀・原油を超え圧倒的な首位に

以前、CoinPostで報じた、スイス規制当局が発表した仮想通貨ETPに進展が報告された。

Amun社が提供する仮想通貨ETP「Amun Crypto Basket Index (HODL5)」は、ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、リップル(XRP)で構成しており、今月21日よりスイス証券取引所「SIX Exchange」の株式市場に上場している。

出典:The Block

今回明らかになったのは、同取引所内の仮想通貨ETPの取引高に関してで、本日のETPの1日出来高は、425,712 CHF(約4836万円)金、銀や原油取引といった金融商品を抜き、ダントツの一番となっていることが分かった。

仮想通貨市場全体が下落している中でも、株式トレーダーの興味を引いたことが分かり、米SECがETF申請を、「詐欺や相場操縦」を理由として却下してきた背景を踏まえると、SECのスタンスを変えるきっかけの一つとなるかもしれない。

参考記事:Traders are going crazy over Switzerland’s new exchange traded product

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

スイスで来週にも世界初の仮想通貨ETP取引開始へ|大型ファンダでトレンド転換の兆し
今回、認可を受けた、Amun社によって提供される、ビットコインに加え、4種のアルトコインを含んだ、「Amun Crypto Basket Index (HODL5)」は、世界初、株式市場に上場する仮想通貨ETPとなる。なお、上場先の取引所については、スイスの主要取引所、「SIX Exchange」とされる。
米SECコミッショナー「近い将来ビットコインETF実現は十分に可能」仮想通貨への期待感と申請状況を徹底解説
SECコミッショナーの一人Hester Peirce氏が、「最初のビットコインETFの実現は近い将来十分に可能」だと言及した。また、これまであまり明かされていなかったHester氏の考える仮想通貨への期待感と向き合い方、また申請状況に関する動きを徹底解説している内容は必見だ。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら