仮想通貨ビットコインFX:プロ向け取引ツール、iOS 版「bitFlyer Lightning」ローンチへ

BTCFX:iOS版「bitFlyer Lightning」ローンチへ
国内最大手の仮想通貨取引所「ビットフライヤー」で、スマートフォン用のiOS版「bitFlyer Lightning」ローンチが発表された。同取引所は、ビットコインFXトレーダーの間で屈指の人気を誇ることで知られている。
bitFlyer Lightningとは
bitFlyer Lightning は、ビットコインの現物・FX・先物取引、イーサリアムの現物の取引に対応した取引所。現物取引では日本円でビットコインを購入でき、持っているビットコインを売って日本円に替えることもできる。FXでは、最大15倍のレバレッジを効かせ、値上がり・値下がり双方で利益を狙うことができ、多様な戦略での投資が可能となる。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

BTCFX:iOS版「bitFlyer Lightning」ローンチへ

国内仮想通貨取引所「ビットフライヤー」で、iOS版「bitFlyer Lightning」のローンチが発表された。Android版は鋭意開発中だとしている。

ビットコインFX(BTCFX)トレーダーの間では、海外のBitMEXと並んで、二大勢力とされており、2018年以降の下落相場でも、空売り(ショート)で利益を出せることで人気を博してきた。

個人投資家が取引を行う際に証拠金を預けることで、少ない元手にレバレッジをかけて大きな取引ができる一方、ボラティリティの高いビットコイン相場が急変するなどした場合、一気に損失が膨らむリスクもある。

現在、認可済み仮想通貨交換業者16社の内、約半数で仮想通貨の証拠金取引が提供されており、国内の仮想通貨取引全体の内、証拠金・信用 ・先物取引は実に81.61%を占める。(現物取引は18.39%)

出典:金融庁研究会

iOS 版「bitFlyer Lightning」の特長

iOS 版「bitFlyer Lightning」は、モバイルでの取引に最適化した設計になっており、次のような特長がある。

  • 快適な操作性とトレード情報を網羅したインターフェース
  • チャート、板の値動きを低遅延で表示
  • 板情報を確認しながら注文可能
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者6,000名突破。

CoinPostの関連記事

米FX大手が機関向けの仮想通貨取引所を開設へ|FXのノウハウが期待される
米カリフォルニアに本部を置くFX大手が仮想通貨取引のプラットフォームMint Exchangeと提携し、機関投資家向けの新しい仮想通貨取引所を立ち上げることが明らかになった。仮想通貨取引とFXプラットフォームの統合が注目される。
金融庁認定後初となる大きな動き 仮想通貨取引所が自主規制案に基づく「取引ルール変更」を実施
金融庁公認の規制団体JVCEAが定めたレバレッジに関する自主規制案に基づき、正規仮想通貨交換業者「DMM Bitcoin」が新たな取引ルールを適用する。今後の自主規制ルールによって日本の取引所がどのように変化するか、注目すべき自主規制案をまとめた。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック