CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨取引所コインチェック・クリプトアセット事業に関する要点まとめ|マネックスグループ事業戦略説明会

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

マネックスグループ事業戦略説明会に関する内容
マネックスグループ(8698)は12月12日、事業戦略説明会を開催。コインチェック・クリプトアセット事業に関する発表内容の要点を公表された資料を中心にまとめた。

マネックスグループ事業戦略説明会に関する内容

マネックスグループ(8698)は12月12日、報道機関向けの事業戦略説明会を開催した。

仮想通貨交換事業者登録制度に関する金融庁の言動も徐々に活発になってきたことを背景に、マネックスグループが2018年4月に完全子会社化した仮想通貨取引所「コインチェック」に関する情報も期待される形で、日本の仮想通貨業界では同説明会の内容が注目されていた。

本記事では、速報性を重視した形で、コインチェック・クリプトアセット事業に関する発表内容の要点を公表された資料を中心にまとめている。

・2019年主要イニシアチブに「仮想通貨の取引提供」

・米国セグメントにおける仮想通貨取引所開始の目標時期は、2019年第1四半期を目標

・第二の創業の新基盤をクリプトアセット事業に

・コインチェック 仮想通貨交換業者登録に向けた進捗を報告

・コインチェックの強みとは?

・対応予定の未来のトレンドにデジタル資産とブロックチェーン技術

・今後の活動に関して

2019年主要イニシアチブに「仮想通貨の取引提供」

マネックスグループは、2019年の主要イニシアチブの一つに、「仮想通貨の取引提供」を挙げた。

成長著しい米国セグメントにおける「トレードステーション」では、第1四半期までの仮想通貨取引サービス開始を目標としていると説明。国内でも同時期を目処に考えているものと思われる。

仮想通貨交換業のみならず、ブロックチェーン事業も積極的に推進していくとしている。

CoinPost編集部撮影

第二の創業の新基盤となるクリプトアセット事業

以前より言及していた、「グローバル・個人・新技術」の3つの視点で金融を再定義する事を、第二の創業に関する資料で説明。

CoinPost編集部撮影

新たなクリプトアセット事業として以下の2点を挙げた。

  • 仮想通貨交換業での確固たる地位の確立
  • 仮想通貨交換業に限らないクリプトアセットを活用したサービスを創造

コインチェック 仮想通貨交換業者登録に向けた進捗

また、最も気になるコインチェックの進捗状況に関しても説明を行なった。

最新の進捗状況としては、10月より順次再開されたコインチェック上での取扱通貨の購入・入金サービスの再開が挙げられ、12月時点では、依然交換業者登録に向け体制を整えている状況であると説明した。

なお、具体的な日程こそ明示されなかったが、勝屋敏彦常務執行役は、コインチェックの金融庁による交換所ライセンス取得に関して、「将来的に得られる」との見通しを述べた。

CoinPost編集部撮影

コインチェックの強み

完全子会社化したコインチェックについては、「仮想通貨交換業に限らない、クリプトアセットを使用したサービスを開発する。」と説明。以下のような強みがあるとした。

CoinPost編集部撮影

  • アプリダウンロード数、約170万
  • ユーザーファーストの優れたUI/UX
  • マーケティング力(取り扱い通貨など 新しいニーズに対してしっかり訴求してきた点)
  • ブロックチェーンの高い技術力が、仮想通貨取引を支えていた

「対応できるブロックチェーンエンジニアを60数名擁していることが強みの一つであり、ユーザーサポートも大幅増強。現在では、メールや電話を中心に約100名体制で対応していると述べ、万全の体制であることを強調した。

絶好調の米国セグメント事業と仮想通貨展開

撮影:中村晋

米トレードステーショングループ社長のジョン・バートルマン氏が、米国セグメントにおける事説明を行い、「極めて順調だが、当事業ではイノベーションを掲げており、2019年には3つの”主要イニシアティブ”を実行していく」とし、以下のように展望を語った。

クリプトカレンシービジネスについては、米国における仮想通貨サービスの準備をここ数ヶ月間進めてきた。2019年第1四半期中には開始できると考えている。

仮想通貨分野よりもさらに進んで、クリプトセキュリティやデジタルコモディティ分野にも可能性があると考えている。証券会社や取引所自体がブロックチェーンを活用するようになるので、我々もその動きに参加することになるだろう。

また、資産クラスの中でも、最も成長が高いのがオプション取引であり、「先物オプション」の分析トレーディングなど、新たなサービスを来年6月より提供し始める予定だ。

これについて松本CEOは、事業説明会の総括で、以下のように述べている。

新しいエコシステム(生態系)に参画するという観点では、我々はCME、CBOEの「ビットコイン先物取引」に最初から参加しているという利点がある。

さらに、(CBOEなどが出資する新興仮想通貨市場)「エリスエックス(ErisX)」が、今後提供していくサービスにも、グループとして参画していくという話がある。エリスエックス(ErisX)は、”仮想通貨取引所の取引所”というイニシアティブを有しており、米コミュニティで大変有名な存在になってきている。

日本からは、当社グループだけが唯一参加しているという点がアドバンテージになるだろう。

対応予定の未来のトレンドにデジタル資産とブロックチェーン技術

仮想通貨交換業以外にもクリプトアセット事業を「第二の創業の新基盤」とするマネックスグループは、対応予定の未来のトレンドにて、デジタル資産以外にブロックチェーン技術を挙げている。

CoinPost編集部撮影

アジアパシフィック(太平洋)セグメントについて、執行役CFO 蓮尾氏は、「仮想通貨に関して、アジアパシフィック地域でも拡大・開拓の可能性がある。ICOやSTOなど、アジア各国でできることは何かを確認しながら、新事業へのチャレンジをしていきたい。」と言及した。

また、投資セグメントの事業戦略に関して、常務執行役CIOの立野氏が、「パフォーマンスは非常に高い」と言及。

金融系企業で、シードラウンドでの投資するベンチャーキャピタルは、稀有な存在であり、フィンテックにおける駆け込み寺のような存在になっているとし、「今後は、日本だけではなくグローバルな新しいスタートアップなどの技術を取り込み、特にブロックチェーン領域における投資機会をしっかりと獲得、エコシステムに参加していくことが大変重要である。」と強調した。

事業環境について

事業環境に関する内容では、マネックスグループのポジショニングとして、海外において「仮想通貨・ブロックチェーン領域での日本のリーディングカンパニーとしての評判」を挙げた。

CoinPost編集部撮影

今後の活動

撮影:中村晋

今後の活動では、これまでの投資事業のさらなる追求などを強調すると共に、マネックスグループのユニークなポジション(Regulated Entity ×仮想通貨事業 ×Global)を活かし、ブロックチェーンや仮想通貨領域の投資機会を追求していく意向を示した。

CoinPost編集部撮影

勝屋敏彦常務執行役の発言も含め、将来的な仮想通貨へのビジョンを強く持ち、子会社化したコインチェックを中心に事業展開を行なっていく旨が明らかになった。

また、マネックス松本CEOの質疑応答の内容は以下の記事にて公開。

  • 低迷する日本仮想通貨市場をどの様に考えているか
  • 金融庁による業登録の進捗に関しては、マネーロンダリング対策が一つのポイントになるのか?
  • 仮想通貨分野が最重要だと認識しているのか
『米国の仮想通貨事業に資本流入が加速している、コインチェックにノウハウを逆輸入したい』マネックス松本CEO
事業説明会後の質疑応答で、「低迷する仮想通貨市場だが、将来的にマーケットは良くなるだろう。ブロックチェーンを含め、アジアパシフィック領域の展開も考えている」などと言及した。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者8,000名突破。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

『コインチェック再開に十分な手応え』マネックス2Q決算説明会で語る、仮想通貨事業の将来性とは
本日20:00より開催されたマネックスのオンライン決算説明会にて、コインチェックの現状やビットコイン取引など仮想通貨事業の将来性について、松本CEOの発言要旨を詳しくまとめた。金融庁に認可された場合、広報活動を積極的にしていきたい等と言及した。
マネックスグループ決算説明資料|コインチェックに関する言及、仮想通貨活用サービス創造にも着手か
コインチェック社の買収を行なったマネックスグループ(8698)は本日、11時40分から2019年3月期第2四半期決算説明を行い、説明資料が公開された。その内容にて、期待感が高まっている仮想通貨事業展開について触れた。
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/22 木曜日
10:50
「流動性向上が鍵」Oasys、自民党デジタル社会推進本部と国内のWeb3振興で議論
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは自民党デジタル社会推進本部Web3PTと、ブロックチェーンゲーム市場の現状と将来性について議論を行った。
10:20
Oasys、カカオゲームズの子会社METABORA SGと提携
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは、韓国カカオゲームズの子会社METABORA SGとの提携を発表。韓国での事業展開を加速させていく意向だ。
08:15
エヌビディア好決算で株価大幅上昇 仮想通貨AI銘柄連れ高|22日金融短観
本日のエヌビディアの好決算を受け、半導体企業AMDやArm、Supermicroの株価も一斉に大幅に上昇。また、仮想通貨分野でRenderやFET、AGIXなども連れ高となっている。
07:30
国内初、楽天キャッシュでデジタル証券(ST)の利息受け取り
国内で初めて、楽天キャッシュで利息を受け取るデジタル証券(ST)が発行される。大和証券や楽天証券ら7社は、公募型ST社債の発行に向けて協業することを発表した。
06:30
Wormhole、半導体大手AMDのチップを利用し性能向上へ
仮想通貨ブリッジWormholeは性能を引き上げるために、半導体大手AMDのアクセラレーターチップを実装。ZKライトクライアントの計算消費を解決する目的だ。
05:50
Starknetがコインベースに新規上場、ポリゴンラボとも提携
Starknet開発のStarkWareはPolygon Labsと提携し、より速く且つ安く取引を行うために設計された「サークルSTARKs」と呼ばれる新しいタイプのゼロ知識の暗号証明を構築する。
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。
07:45
計1400億円相当のBTC、米コインベースから出金
計1400億円相当の仮想通貨ビットコインがコインベースから出金されたことがわかった。出金理由については売り圧の低下につながるといった声や、OTC取引のための出金であるといった声など複数の見方が上がっている。
07:30
米デリバティブ大手CME、小口のユーロ建のビットコイン・イーサ先物を提供へ
CMEのビットコイン先物OIは先月過去最高値の52億ドルを記録。仮想通貨ビットコインETFへの高い需要に伴ってヘッジの需要も高まっているようだ。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア