【速報】マウントゴックス事件の元CEOに懲役10年を求刑|仮想通貨ビットコイン流出から約4年

民事再生中のMt.Gox取引所、元CEOカルプレス氏に懲役10年の求刑
2014年にビットコインが大量流出した「マウントゴックス事件」で起訴されているマルク・カルプレス被告に対して検察側は懲役10年を求刑した事が明らかとなった。

検察がマウントゴックス事件の元CEOに懲役10年の求刑

2014年に大量のビットコインが流失した「マウントゴックス事件」で業務上横領の容疑で起訴されていたMt.Gox取引所の運営会社のCEOを務めていたマルク・カルプレス被告(33)に対し、本日東京地方裁判所の公判で検察側は懲役10年を求刑した。共同通信が明らかにした。

カルプレス被告は以前から無罪を主張しているが、検察側は返済の意思が無い上で「多額の資金を使い込み、顧客の信頼を裏切った責任は重大だ」と厳重な判決を呼びかけた。

マウントゴックス事件について

MtGox事件は、2014年に起こった仮想通貨流出事件。

ハッキング攻撃を受けて、同社が保有する85万ビットコイン(当時相場で480億円相当)の流出につながった。

この事件を受け同社は破産申請を行い、長期間に渡り顧客への補償の目処がたっていなかった。

当初破産手続きをしていた同社だが、2018年6月、東京地方裁判所により民事再生手続き開始が決定され、資金確保に向けた資産売却が行われていた。

カルプレス氏の経歴

MtGox社の元CEOでもあるマルク・カルプレス氏は、ビットコインの創成期から仮想通貨業界に携わっていた人物の一人だ。

ビットコイン創成期に携わった人間の中には主に、仮想通貨の基幹技術ブロックチェーンによってもたらされる未来に魅力を感じたグループと投資資材としての魅力を感じたグループがあると言われており、マルク・カルプレス氏やアメリカで最大規模の取引所であるCoinbaseの創設者であるBrian Armstrong氏は後者、取引所を運営莫大な資産を得た人物となる。

参考記事:ビットコイン消失、懲役10年求刑

▶️本日の速報をチェック
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者7,000名突破。

CoinPostの関連記事

マウントゴックス元CEO:10億ドル以上の資産獲得は「不愉快な結末」
マウントゴックス社は2018年3月5日時点でビットコインとビットコインキャッシュをそれぞれ約16万BTC、BCH(現在の相場で約1200億円以上)を保有しています。市場に多大な影響を与える可能性があるため、この資産の行方が注目されています。
ビットコインとイーサリアムは「売られすぎ」ファンド責任者がネットワーク・バリューを根拠に分析|仮想通貨市況
ビットコインは依然右肩下がりの相場を形成、全面安相場が続く仮想通貨市場を分析する。ファンドの責任者は、現在のビットコインやイーサリアム価格を売られすぎであると分析、ネットワーク・バリューを根拠として提示した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら