サウジアラビアとアラブ首長国連邦の中央銀行:銀行間取引のための仮想通貨を共同開発

中東の中央銀行:銀行間取引のための仮想通貨を共同開発
アラブ首長国連邦とサウジアラビアは、両国間の金融取引を円滑に行うため、デジタル通貨の開発作業を開始した。成功した場合、中東6か国からなる湾岸協力理事会レベルにも協力を促すことになる。

中東の中央銀行:銀行間取引のための仮想通貨を共同開発

12月12日のアラブ首長国連邦(以下、UAE)の英字新聞「Gulf News」の報道によると、UAE中央銀行は、サウジアラビアの中央銀行であるサウジアラビア通貨機構(以下、SAMA)とともに、両国間の金融取引をより円滑に行うため、デジタル通貨の開発作業を開始した。

上記2国間における共同でのブロックチェーンを基盤とするデジタル通貨開発計画に関して、その準備段階となる調査作業が開始されたことは、昨年12月に報道されていたが、今回の報道で、その計画が着実に前進したことが明らかになった形だ。

UAE中央銀行は、次のような声明を公表している。

UAE中央銀行とSAMAは、共同の仮想通貨と分散元帳の概念実証(PoC)を行う予定である。 PoCの設計は、主に参加者間における「中央銀行資産(仮想通貨)」の所有権の移転に焦点を当てる。

また、UAE中央銀行のMubarak Rashid Al Mansouri総裁は、12日から首都アブダビで始まったアラブ・フィンテック・シンポジウムで、次のようにコメントしている。

UAEの中央銀行は、国境を越えた決済を促進するため、SAMAと協力し、ブロックチェーン技術に基づくデジタル通貨を発行する独自プロジェクトに取り組んでいる。 両国の法定通貨により裏付けられたデジタル通貨を使用する。このような分野で協力が行われることは、おそらく初めてのことだろう。

プロジェクトの詳細はまだ協議中だが、このデジタル通貨は一般市民ではなく、銀行間での決済のみに使用されることになるという。

さらに同氏は、このプロジェクトが成功した場合、中東6か国からなる湾岸協力理事会(GCC)レベル、そして世界の他の国々と、同様の協力を促すことになるだろうと付け加えた。

仮想通貨は必ずしもイスラム法に反するものではないという、有力なイスラム法学者による正式判断が出されて以来、UAEとサウジアラビア両国は、ブロックチェーン技術の導入に積極的に取り組んでいるようだ。

中東諸国とブロックチェーン

サウジアラビアの中央銀行「SAMA」は今年2月、米リップル社と提携し、銀行間の即時国際決済にリップル社のソフトウェアxCurrentを利用した試験プログラムを行うことを発表した。

一方UAE(アラブ首長国連邦)は、より積極的にブロックチェーン技術の導入を行っている。

UAEが、ICOを「有価証券」として承認し、企業や新興企業の資金調達に向けた手段としてICOを導入、 企業による資金調達を強化する計画があることが、今年10月に報道されている。 2019年上半期終了までに、そのための規制の枠組みを整備するという。

また、UAEの首長国の一つであるドバイは、5月にブロックチェーン事業登記制度を開始し、IBMと共同で、ブロックチェーン技術により、ビジネス文書やライセンスのデジタル取引を効率化するプロジェクトに着手している。

さらに、ドバイ全土の土地登記情報や、企業の登記情報などをブロックチェーン上に記録する計画もあり、2020年までに、政府も含め、世界初の完全なブロックチェーン都市となることを目指しているという。

CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者8,000名突破。

CoinPostの関連記事

中東の仮想通貨取引所が世界初となる中央銀行認可間近か、『アラブマネー』流入期待も
中東Rain Financialが『認可待ちリスト』入りしたことが明らかに。中東の法定通貨を介して仮想通貨市場へのアクセスが解放され、原油や天然ガスなどの「莫大な富(アラブマネー)」が流れ込んでくる可能性もある。
リップル社アラブ首長国連邦で注目/XRPもドバイ最大級の取引所に上場予定
ドバイの最大仮想通貨取引所であるBitOasisでは、XRPの取引が今週末から可能になる予定です。このニュースは、アラブ首長国連邦(以下、UAE)のRAKBANKがインドでのブロックチェーンの即時決済のためリップル社と提携したことに続いて、発表されました。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック