CoinPostで今最も読まれています

閑散相場を襲った「為替のクラッシュ」がビットコイン価格にも影響、イーサリアムの高騰要因など直近材料をピックアップ|仮想通貨モーニングレポート

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「世界同時リスクオフ」為替大暴落がビットコイン価格にも影響
朝方発生した為替(ドル円)暴落で、ビットコイン価格と相関性が確認された。そんな中、仮想通貨イーサリアムは前日比+6%と強さを見せており、大幅アップグレードの情報やeToroの著名アナリストの相場観にも注目。

マーケット情報

BTC価格データ(9:30時点)
価格 前日比
現在値 41.8万円 +2.44%
日中高値 42.5万円
日中安値 41万円
出来高 5700億円 31%

1月3日の仮想通貨マーケット情報

ビットコイン市場

ビットコインは3日、日本時間7:30に約1万円幅ほど急落を見せた。同時間帯の世界金融市場を確認すると、年始で薄商いの中、為替レート109円台から一時104円85銭まで大暴落(その後反発)しており、同タイミングでビットコイン価格も急落している(下図参照)ことから、価格推移には相関性が認められる。

TradingViewのBTCJPYチャート(上側のチャートがBTC価格)

発端となった米Apple社の2019年第1四半期決算における「売上高予想」下方修正を嫌気して、「日本円」が急激に買われた上、年始の薄商いの中で投資家のストップロスを巻き込んでフラッシュクラッシュ(値が飛ぶような急落)したとされる。これを受けて、ユーロ円なども一時急落した。

米Appleのティム・クックCEOは、投資家へのレターの中で、2018年後半の中国経済の減速が想像以上だったと言及しており、貿易戦争の悪影響が、早くも実経済に大きな不確実性をもたらしていることが伺える。

現在は、欧州政情不安や米中貿易摩擦などの影響で世界的な「景気減速懸念」が台頭しており、リスクオフムードがより強まっていることから、ビットコイン投資を行う際には、仮想通貨市場のみならず、金融マーケット全体の値動きにも注視する必要があると言えるだろう。

アルトコイン:イーサリアムが時価総額2位に復帰

出典:CoinMarketCap

アルトコインの中で、特に顕著な値動きを見せているのは、長らく低迷していた仮想通貨イーサリアム(ETH)の反転上昇だ。リップル(XRP)を抜き返し、時価総額2位に返り咲いた。

先日、イーサリアムの分裂しないハードフォークを伴う大型アップグレードである「コンスタンティノープル」の実施予定日が、1月16日(水)前前後になることが合意されており、投資家の注目を集めている。

コンスタンティノープルの実施は、元々2018年11月に予定されていたものだが、10月19日に行われたLivestream上の会議でテストリリースにおける”予期せぬ問題”が発生したことを理由に、延期を余儀なくされていた。

コンスタンティノープルは、開発ロードマップで「4段階のハードフォークの内、3段階目」を構成するもので、今回のアップデートに関して、ASICマイナーによるマイニング寡占を減らす施策「ProgPow」が導入されるかどうかも注目すべき点の一つと言えよう。

イーサリアムハードフォークの計画は、以下の通り。

第1段階:Frontier

(2015年7月)

バグ修正、スマートコントラクト試験

第2段階:Homestead

(2016年2月)

マイニング難易度調整、トランザクション処理速度改善

第3段階:Metropolis

ByzantiumとConstantinopleの2部構成
3-1:Byzantium

(2017年10月):

Proof of WorkからProof of Stakeへの変更準備

3-2:Constantinople

(2019年1月予定)

データ保存のコストについてスマートコントラクト開発者有利にする変更、オフチェーンでの取引記録によりスケーリング問題を解決する等の変更等に加え、ASICマイナーによる寡占防止策なども今回の延期により盛り込まれる可能性がある。

第4段階:Serenity

(時期未定)

Proof of WorkからProof of Stakeへの変更完了

本日のマーケット関連材料

ここからは、マーケット関連材料をピックアップ。

ブルームバーグ:「買い圧力」が顕著に

米有力誌ブルームバーグ によれば、2つのインジケータから、ビットコインの「買い」が強まっていると見ている。

まず1つ目は、下図『GTI Vera Convergence Divergence』とのインジケータで、ブルームバーグは、ビットコインが過去6ヶ月の中で「買い」の表示が最も長く、「仮に買い圧力を過去13日のように続けて入れば、ビットコインの相場は上昇して行く可能性が高い」と分析。

出典:Bloomberg

さらに、大手オンライン投資プラットフォームeToroの著名アナリストMati Greenspan氏は、「テクニカル分析だと、現在の相場は天井よりも底に近いだろう。」と予測した。

2つ目の指標となる、「Bloomberg Galaxy Crypto Index」でも、同じように買い圧力を示している。

出典:Bloomberg

緑の部分が「買いシグナル」で、ビットコインの9月の反発以来の圧力を見せており、特にイーサリアム(底から+80%の上昇)が現在の反発相場を牽引している、とブルームバーグは説明。

なお、ブルームバーグ・インテレジェンスのアナリストを務めるMike McGlone氏は、仮想通貨の税金関係による売りが一段落ついたことが今回の反発にも繋がっている可能性が高く、これからは、反発の耐久性にかかるだろうと見ている。

dAppsゲームの人気化

そのほか、今後着目すべき要素として、一部dAppsゲームの人気化も挙げられる。

国産ブロックチェーンゲームとして初めてCMを打った「マイクリプトヒーローズ」が、1月1日に新たなヒーロー販売を実施し、わずか2000ほどのアクティブユーザーで日商410ETH(約700万円、1週間で約900ETH)を売り上げており、同市場の伸び代を感じさせる。ゲーム中最高ランクの性能を持つレジェンダリのヒーローが登場したため、購入資金としてゲーム内通貨の「GUM」を確保しようとイーサリアムが買われたようだ。

ゲーム内のレアアイテム採掘やイーサリアムやゲーム内通貨で購入できるゲーム内のデジタルアセット価格は、ローンチ1ヶ月あまりの短期間で、買値の十倍以上に高騰するようなケースも珍しくなく、新たな投資先として注目度が上がっている。

出典:blockchain game info

また、2019年に最大賞金1億7000万円とされるesports大会を告知している、ブロックチェーンカードゲーム「Gods Unchained」のローンチなども控えている。

現時点では、仮想通貨業界の趨勢やイーサリアム価格の大局に影響を及ぼすほどではないと思われるが、追い風となるのは確実だ。

仮想通貨の下落相場と逆行高のような勢いを見せつつある「ブロックチェーンゲーム」業界において、全体のユーザー数が今後「数十〜数百倍規模」まで膨れ上がった場合、市場として無視できないファクターとなる可能性も十分考えられる。

Gods Unchained 公式PV
▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

国産ブロックチェーンゲーム「My Crypto Heroes」が業界初となるテレビCMを放送|仮想通貨ETHのDAUではdApps世界一位に
日本発のブロックチェーンゲーム「My Crypto Heroes」が業界初となるテレビCMを放送することが公式プレスリリースより明らかになった。地上波での放送のほか、インターネットユーザーを抱えるAbema TV上でのCM放送を予定している。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【3/7更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。

マイクリプトヒーローズ

CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者9,000名突破。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/21 日曜日
11:31
1000万円台回復の今週のビットコイン相場分析、来週はトランプ登壇のBitcoin 2024に注目|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、大統領選を見据えたトランプトレードの影響で1000万円を回復した今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。Bitcoin 2024への関心は高い
11:00
週刊仮想通貨ニュース|トランプ氏のBTCカンファレンス出席意向に高い関心
今週は、ドナルド・トランプ前大統領のビットコイン・カンファレンスへの出席意向、コインベースの仮想通貨市場分析、トランプ氏の人事計画に関するニュースが最も関心を集めた。
10:00
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|マウントゴックスのビットコイン送金・ワールドコイン売却制限延長など
今週はビットコインが1ヶ月弱で66,000台に復帰し、アルトコイン銘柄の多くが連れ高になった。マウントゴックスの弁済による売圧が予想以下であり、トランプ氏が当選確率を上げたことで投資家に好感されている。
07/20 土曜日
14:00
ネクソン、NFTゲーム『メイプルストーリーN』のシナジーアプリなどを発表
大手ゲーム企業ネクソンの子会社NEXPACEは「メイプルストーリー・ユニバース」エコシステムのローンチとその仕組みを発表した。
12:00
テレグラムのTON基盤ゲームPixelverse、独自の仮想通貨エアドロップ実施へ
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは独自の仮想通貨を発行し、ユーザーへエアドロップする予定だ。
11:00
世界でマイクロソフトITに大規模システム障害 仮想通貨への影響は?
世界各国のマイクロソフトITシステムに障害が発生した。分散型システムを取る仮想通貨に注目が集まったとする意見が上がっている。
10:00
Apple Payでミームコイン売買、ソラナ基盤「Moonshot」アプリ
Moonshotは19日にローンチされたばかりのiOS版アプリで、初めからApple Pay決済を利用することができる。
09:15
ソラナDEXレイディウム、ユニスワップの30日間手数料超え 高速チェーンへの高い需要を反映
ソラナのネットワーク基本手数料はイーサリアムの126分の一だが、処理速度が速く低コストで取引できるため、政治テーマや犬・ねこのミームコインへの高い取引需要で利用回数を大幅に増やしている状況だ。
08:10
伊国営金融機関、ポリゴン上でデジタル債券の取引に成功
仮想通貨ポリゴンのブロックチェーンを活用し、伊国営金融機関CDPがデジタル債券の取引に成功。これは、欧州中央銀行の実験の一環だという。
07:35
コインベース、仮想通貨3銘柄上場廃止 
米仮想通貨取引所大手コインベースは20日、Coinbase.com、Coinbase Exchange、Coinbase Primeにて、3銘柄の取引停止を実施した。
07:00
Mt.Goxの弁済進捗65%、ウォレット残高に1000億円相当のビットコイン 
経営破綻したマウントゴックス(Mt.Gox)のウォレットには、まだ1,000億円相当のビットコイン(90,344 BTC)が残っており、65%ほどの弁済が行われている。クジラの買い増し機会として利用される可能性が出てきた。
06:20
フィデリティ含む5つのイーサリアム現物ETF、7月23日に登場へ
米デリバティブ取引所Cboeによると、フィデリティやヴァンエックなどのイーサリアム現物上場投資信託(ETF)は7月23日に取引を開始する予定だ。
07/19 金曜日
17:23
イーサリアムの将来価格 ETF承認後の影響とテック株との比較
2024年5月に承認された暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの影響と、株式市場上場後の将来価格を市場アナリストの見解を交えて解説。手数料収益に基づくテック株との比較も詳述。
16:08
JBA、暗号資産に関する税制改正要望を政府へ提出
日本ブロックチェーン協会(JBA)が2025年度の暗号資産(仮想通貨)税制改正要望を政府に提出した。申告分離課税や損失の繰越控除、暗号資産デリバティブ取引の適用、寄附税制の整備などを提案し、暗号資産の普及と市場活性化を図る。
13:15
香港当局がステーブルコイン規制法案を発表 今年中に立法会提出予定
香港の金融規制当局は、ステーブルコイン発行企業に対する規制導入についての公開協議結果を発表。今年中にステーブルコイン規制法案を香港立法会に提出する予定であると述べた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア