最注目のeSports系dAppsゲーム「Gods Unchained」のオークションで超レアカードに140ETH(約700万円)の入札

dAppsのレアカードがオークションで高騰
米Coinbase Venturesなどが出資するdAppsゲーム「Gods Unchained」のオークションで、最高レアリティ「ミシック(mythic)」のカードに、140ETH(約700万円)が入札されるなど、早くも人気が過熱しつつある。
dAppsとは
分散型アプリケーション(dApps)は、Decentralized Applicationsの略。 従来のアプリケーションをオープンソースの「ブロックチェーンベース」で構築していく仕組みのこと。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

dAppsのレアカードがオークションで高騰

プレセールを終えたばかりのdAppsデジタルカードゲーム「Gods Unchained」のオークションで、最高レアリティ「ミシック(mythic)」のカードに、140ETH(約700万円)が入札された。残り時間83時間あることから、さらに価格が高騰する可能性がある。

出典:Gods Unchained 公式サイト

dAppsゲームとは、仮想通貨イーサリアム(ETH)のブロックチェーンを使用したゲームのことで、「Gods Unchained」はオーストラリアの「フュエル・ゲームズ(Fuel Games)」が開発したデジタルカードゲーム。

出典:Gods Unchained ゲーム画面

「Gods Unchained」は、240万ドル(2.64億円)のシードラウンド資金調達を受けて開発されており、Continue CapitalとNirvana Capitalの2社が主導。その後、米大手取引所のコインベースも参画している。

調達された資金は、ゲームの開発のほか、ゲーム開発者が従来より大きな規模でブロックチェーン技術を活用して、他の作品と統合できるようにするソフトウェア・プラットフォーム「アポロ」の構築に充当される。

またGods Unchainedでは、開発者は、イーサリアムネットワークの混雑(手数料のGas高騰問題など)を緩和し、ユーザーに”シームレスな体験”を提供するために、主要ネットワーク上で情報を一括して処理できるように、「ハイブリッドオンチェーン」と「オフチェーンシステム」を実装することで軽量化を実現している。

世界大会の開催を予定

プレセールでは380種類のカードを販売しており、売り上げの一部をプールすることで、賞金総額最大160万ドル(約1億7000万円)の大規模大会「チャンピオンシップ」を2019年に開催予定としている。

なお、特典として限定2万枚の「チャンピオンシップ出場チケット」が付与されるプレセールはすでに終了している。

出典:Gods Unchained 公式(すでに約3000万円をプール)

第一弾も好評

Fuel Gamesはイーサリアムロックチェーンを利用した同社の最初のゲームである「Etherbots」をリリース。

リリース2週間以内に、ゲーム内アイテムを100万ドル以上売り上げ、ゲーム内アイテムは最高1.8万ドル(約200万円)で取引された。

Gods Unchained公式ウェブサイト:http://godsunchained.com/

CoinPostの関連記事

LINEが独自ブロックチェーン開発を計画|dApps推進へ向け本格始動か
先日、仮想通貨事業への本格参入を発表した「LINE」社が、独自のプラットフォームを活かしたブロックチェーン開発も視野にあることを明かしました。トークンエコノミーを活用することで、dApps開発を促進します。
仮想通貨投資を促すデジタルの招き猫:世界最大ブロックチェーンゲーム「クリプトキティーズ」
2017年11月にリリースされ、瞬く間にNo.1ブロックチェーンゲームの座に昇り詰めた「クリプト・キティーズ」は、イーサリアムブロックチェーン上で電子猫を売買したり、収集して遊ぶクリプト・コレクタブル・ゲームです。今回、CoinPostでメイン開発者の一人であるBenny Giang氏にインタビューを行うことができました。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加