南アフリカ中央銀行「仮想通貨は従来の金融制度に甚大な影響を与える」|法的取締の必要性を言及

南アフリカ中央銀行が仮想通貨の従来の金融制度への影響を踏まえ、法的取締りの必要性を言及
南アフリカ中央銀行(SARB)は、仮想通貨は従来の金融制度に甚大な影響を与えると考え、仮想通貨に対する包括的な法的取締りの必要性を言及した。仮想通貨に関わる収入への課税も計画されている。

南アフリカ中央銀行、仮想通貨取引に対する法的取締へ踏み出す

南アフリカ中央銀行(SARB)は、仮想通貨は従来の金融制度に甚大な影響を与えると考え、仮想通貨に対する包括的な法的取締りの必要性を言及する諮問書を発表した。

2014年にSARBは国民に向けて、資金洗浄やテロリズムへの資金供給に仮想通貨が悪用される可能性があと警告しつつも、仮想通貨に対する監督、管理、規制は一切行わない体制を取る方針を発表していた。

現在、6割の南アフリカ人口は仮想通貨を認識しておらず、国内での仮想通貨に関する取引は、リスク管理も含め、全てユーザー側の判断に委ねられている。

諮問書でSARBは以下の様に報告した

仮想通貨及びトークンは従来の金融制度に甚大な影響を与える。取引に関する法的方針や規制の確立が求められている。

また、他国の規制方針に関しては、仮想通貨市場に充分に対応出来ていない、と厳しい見解を示した。

SARBは、主に投資家を守るために、仮想通貨ウォレットや取引所の事業の国家機関への登録を義務化する議定書を2019年第1四半期中に発表する予定である。

また、南アフリカ政府は仮想通貨に関わる収入への課税も計画しており、規制の後押しとなっている。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

仮想通貨パイオニアが予想、「中央銀行は金準備からビットコイン準備へ」
中央銀行はいずれ従来のゴールド準備から、仮想通貨による準備金の裏付けを代替案として採用するだろう、と仮想通貨業界の重鎮であるNick Szabo氏が発言。
世界の中央銀行の70%が「デジタル通貨」の研究に取り組む|国際決済銀行の調査で判明
70%以上の中央銀行が中央銀行発行のデジタル通貨(CBDC)について研究を進めていることが明らかになった。各国の中央銀行はデジタル通貨の導入に向けて、実験を重ねつつ慎重な姿勢で導入を検討している。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者10,000名突破。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら