CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨取引所Cryptopiaで再びハッキング発覚 被害総額は17億円以上に

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

最新情報:Cryptopiaの二次ハッキング
今月15日にハッキング被害が報道されていた仮想通貨取引所Cryptopiaが28日、再びハッキング被害を受けていたことが調査企業Elementusの最新報告により明らかとなった。前回影響されたウォレットから再度1900万円分の1675ETHが盗まれた。

今月ハッキング受けた取引所Cryptopiaが再びハッキング被害に

ブロックチェーン調査企業elementusの最新報告書 により、ニュージーランドの仮想通貨取引所Cryptopiaは再び、ハッキング被害を受け、今回は17,000万の取引所ウォレットから、1675ETH、およそ17.6万ドル(約1900万円)分が流出したことが明らかとなった。

今月の15日に同取引所は公式ツイッターでセキュリティ被害を受けたことを明らかにし、イーサリアムだけで約19,000ETHを盗まれるなど、240万ドル(約2億6200万円)にも及んだが、その他のアルトコインの流出(DentacoinやCentrality等)も含めて計1600万ドル(17億円以上)の被害総額を被っていると発表されていた。

そんな中、elementus社は、つい先週公開した最初のハッキング事件に関するレポートでもCryptopiaにある多くのウォレットは未だ侵入される可能性が高いと指摘していたが、実際二次流出したウォレットの内、elementus社が特定したリスクの高いウォレットは1,948で、しかも今現在もユーザーに利用され続けている格好だとしている。

また、今回被害を受けたとされる5,000のウォレットは前回のハッキングでも被害を受けたウォレットも含まれていると同社に指摘されていた。

Cryptopia流出事件に関する詳しい内容はこちら

Cryptopiaの仮想通貨不正流出事件 現時点で判明した流出通貨と被害額|過去の事件と同一犯の可能性も
ニュージーランドの仮想通貨取引所Cryptopiaの不正流出事件に関する最新の状況が入ってきた。現地警察当局に関する公式声明や、現地メディアによる被害状況の報告で、現時点で判明した流出通貨や被害額も明らかになった。

今回の事件の流れとは

最初に、elementus社は、Cryptopia社がニュージーランド時間28日朝より 0x3b46c790ff408e987928169bd1904b6d71c00305 アドレスから資金を移動していた可能があると見ていたが、当日の夜9:50の時点では、全て移された資金が 0xaa923cd02364bb8a4c3d6f894178d2e12231655c アドレスに流されていったことが判明し、elementus社は、このアドレスは前回のハッキングでも利用された同じアドレスだと示している。

出典:etherscan

連続で発生したこの二つの事件からelementus社は以下二つの懸念点を告げている。

  • Cryptopiaは現在イーサリアムのウォレットを安全に管理することができなくなっており、ハッカーから侵入される可能性が高い。
  • セキュリティ問題があったにも関わらず、ユーザーは未だイーサリアムのウォレットに入金を行なっている。

同社は、なぜユーザーがイーサリアムのウォレットを利用し続けているかに関して、このように説明している。

ハッキングが発生して2時間後にも、盗難に遭わされたイーサリアムのウォレットには再びユーザーからの入金で補填された。

考えられる理由として、イーサリアムのマイニングプールからの自動入金だろう。

サイバーセキュリティ企業のHACKENが取引所のセキュリティ性におけるランキング1位と認定した米仮想通貨取引所Krakenが前回Cryptopiaのハッキングに際し、「必要以上な資金を取引所のウォレットに入れないことを推薦する」と忠告を行ったように、取引所のハッキングやセキュリティ被害が多発する中、より安全なコールドウォレットの利用や、セキュリティレベルの高いカストディサービスに自己資産を分散管理する対策は今後も仮想通貨業界において大きな課題であり続けるだろう。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

過去1000億円にも及ぶ相仮想通貨流出事件、主犯は2つのプロハッカー集団か|最新調査報告書
著名仮想通貨調査企業Chainalysisの最新報告により、2つの高度なハッキング知識を持つハッカー集団は今まで約10億ドル(1090億円以上の)に相当する仮想通貨を盗み、発覚したすべての盗難事件の6割以上占めている。ハッカー集団はAML完備の仮想通貨取引所を利用している点も大きな問題点となる。
仮想通貨取引所「セキュリティランキング」TOP100発表|コインチェックなど日本の取引所も6社ランクイン
サイバーセキュリティ企業HACKENと同社が運営するメディアCERが、仮想通貨取引所のセキュリティ調査を行い、上位100の取引所を公表した。バイナンスやコインベースなどが上位にランクインしたほか、コインチェックやビットフライヤーを含む国内取引所も名を連ねた。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者11,000名突破。

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/24 月曜日
18:55
マウントゴックス、7月初旬からビットコインとビットコインキャッシュの弁済開始を発表
2014年に破綻した暗号資産(仮想通貨)取引所マウントゴックス(Mt.Gox)が今年7月初めよりビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)の返済を開始することがわかった。この発表を受け、ビットコイン(BTC)が急落した。
17:41
Kaikoが選ぶ暗号資産取引所ランキング ビットバンク、ビットフライヤーなど選出
Kaikoは2024年Q2の暗号資産(仮想通貨)取引所ランキングを発表。日本のビットバンク、ビットフライヤー、コインチェックがトップ30にランクイン。詳細なスコアと評価基準を解説
14:23
香港立法会、Web3と仮想通貨開発に関する小委員会を設立
香港特別行政区立法会は、香港におけるWeb3と仮想通貨の開発に関する小委員会を設立。Jonny Ng議員はWeb3業界の将来の方向性を議論し、効果的な政策提言を行うため、広く世界中の業界識者に意見を提出するよう呼びかけた。
12:44
TONの日間送金量が100億ドル規模に、パンテラキャピタルが追加投資を計画
メッセージングアプリ「テレグラム」内で利用される仮想通貨TONの日次転送量が100億ドルの大台に達した。大手VCパンテラキャピタルはTONへ投資する新たなファンドを準備している。
11:43
「現実資産(RWA)トークン化市場、2030年までに320兆円規模に」米大手コンサルのマッキンゼーが予測
マッキンゼーは、トークン化された現実資産(RWA)の市場規模が2030年までに約320兆円に達するとの予測を発表した。
11:26
ビットコイン続落で2週連続陰線、市場から警戒される3つの下落要因は?
暗号資産(仮想通貨)相場では、ビットコイン週足が2週連続大陰線で64000ドルのサポートラインを割り込んだ。調整局面が意識される中、マイナーの大規模売りなど市場関係者に警戒される3つの下落要因について解説。
06/23 日曜日
11:00
週刊仮想通貨ニュース|米SECのETHの証券性判断に高い関心
今週は、米SECによるイーサリアムの証券性判断、マイナーのビットコイン保有量の減少、自民党議員による仮想通貨についての発言に関するニュースが最も関心を集めた。
10:30
ムード悪化のビットコインは売りシグナル点灯、来週は材料豊富な1週間に|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、下落中の今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。米国大統領選前の初回テレビ討論会など材料豊富な来週の展望を読み解く。
06/22 土曜日
13:30
テクノロジー大手DELLの億万長者CEO、ビットコインに興味示す
米マイクロストラテジーのセイラー会長は、テクノロジー大手DELLのCEOに、仮想通貨ビットコインの希少性をアピールした。
12:30
ソラナブロックチェーンに「ZK圧縮」導入、レイヤー2無しで実現
ソラナブロックチェーン上でゼロ知識処理レイヤーを開発するLight Protocolとソラナのノード技術を提供するHeliusは22日、「ZK圧縮」というソラナのメインネットで直接利用できる技術をリリースした。
10:40
アーサー・ヘイズ氏、仮想通貨市場の上昇可能性語る 農林中金の外債売却計画背景に
BitMEXのアーサー・ヘイズ前CEOは日本の銀行が抱える米国債の問題を背景に、仮想通貨市場が上昇するとの独自見解を語った。
09:50
米フィデリティ、イーサリアム現物ETF申請で7.5億円の初期資金調達
米資産運用大手フィデリティの申請中の現物仮想通貨イーサリアムETFは、流動性提供のためのシードファンディング(初期投資金)で7.5億円を受けたことが判明した。
09:30
英金融大手SCB銀、機関投資家向けの仮想通貨取引業務を準備か
イギリス拠点の多国籍銀行スタンダードチャータード銀行(SCB)はFX部門の一部として仮想通貨取引市場に参入する計画であることが21日に報じられた。
09:00
ソラナはブロックチェーン領域の「macOS」──パンテラ評価
仮想通貨ソラナはブロックチェーン領域のmacOSのようであるとパンテラが評価。その理由を説明し、ソラナが成長していることを示すデータも公開している。
06/21 金曜日
17:00
コナミやネクソン、企業がアバランチを採用する理由 AVAXの役割と買い方を解説
コナミやネクソンがアバランチを採用する理由を解説。暗号資産(仮想通貨)AVAXの役割や購入方法について詳しく紹介。投資家やユーザーに必見の情報を提供します。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア