2月18日から確定申告スタート!サポート実績No.1のGuardianに丸投げできるのは今だけ

大変な確定申告は専門家におまかせ
2019年も2月に入りそろそろ確定申告で納税の準備をする準備しなくてはならない時期になってきました。しかし、仮想通貨に関わる確定申告は非常に複雑で、申告者の負担はとても大きいというのが現状です。昨年度申告していないという方もいらっしゃるかと思います。仮想通貨の損益計算から、確定申告まで、専門家に丸投げして簡単に確定申告を完了することができるサービスGuardian(ガーディアン)を紹介します。
株式会社Aerial Partners(エアリアル・パートナーズ)とは
ブロックチェーン技術の社会実装を行う上で顕在化している仮想通貨税務という社会的な摩擦を解決すべく、四大会計事務であるKPMG出身の公認会計士・税理士が中心となり設立した。2017年度の仮想通貨の確定申告サポート実績No.1の『Guardian(ガーディアン)』や無料の損益計算ソフトGtaxを提供している。

公式ホームページ:株式会社Aerial Partners

Twitter:【公式】Aerial Partners (@aerialpartners)

本記事は、Aerial Partners様からの寄稿記事となります。ご案内しているサービスのご利用に関しては、直接Aerial Partners様へお問い合わせください。

非常に大変な仮想通貨の確定申告とは

仮想通貨による所得は雑所得となり、仮想通貨取引で年間20万円以上の所得がある場合は税金が発生し、確定申告をして納税をしなければなりません。確定申告は毎年期間が決まっており、2018年分の確定申告は2月18日よりスタートします。申告漏れとなってしまった場合、加算税等の税務上のペナルティが発生する可能性があるので、必ず確定申告をして納税しましょう。

しかし、仮想通貨の確定申告は非常に大変です。多くの申告者を悩ませているのが、複雑な損益計算と仮想通貨税務に詳しい税理士がまだまだ少ないということです。

特に損益計算においては、仮想通貨同士の取引でいくら損益があったのかを計算しなくてはならなかったり、取引所ごとに違った形式で提供されている取引履歴を網羅的に計算しなくてはならず、申告者の負担は膨大です。その上、税理士という肩書きを持っていても、仮想通貨の税務処理に専門的な見解を持っているかは、人によってまちまちで、頼んでも断られてしまうケースもあります。

大変な確定申告は専門家集団に丸投げできる

大変な仮想通貨の損益計算や確定申告は、専門家におまかせすることで簡単に完了することができます。昨年度の仮想通貨の確定申告サポート実績No.1のGuardian(ガーディアン)は、複雑な仮想通貨の確定申告をフルサポートする便利なサービスです。

Guardian3つの強み

出典:Aerial Partners

  1. 昨年度実績ナンバー1
  2. 日本一の経験とノウハウで複雑な事象でもオンラインでの徹底サポートを受けられます。メールでのサポートに対応しており、次に何をしたら良いかなど、分からないことがあればすぐにお問い合わせできます。『Guardian for 税務調査』での確定申告に関する税務調査実績もあり安心してご利用いただけます。

  3. あらゆる取引所に対応
  4. 国内のみや、国内外問わず取引履歴を取得できる全取引所・取引について固定料金で対応可能です。取引所別で損益を計算して合算すれば良いと勘違いされている方も多いと思いますが、全ての履歴を網羅的に計算をしなければいけません。Guardianだけで正確に計算を完了することが可能です。

  5. 過去の(修正)申告にも対応
  6. 2017年度以前に、仮想通貨の確定申告のルール・やり方がわからずに、申告の必要があったのにも関わらず申告をできていない方が多くいらっしゃいます。しかし、仮想通貨の確定申告はその仕組み上、取引開始年度に遡って計算を行う必要がありますので、過去分の計算も行わなければなりません。Aerial Partnersが提供している『Guardian for 税務調査』において、過年度の税務調査依頼が相次いでいることからも、過年度分の申告は今からでも行うのが賢明です。Guardianでは、それらの過去分の損益計算や申告にも対応しています。

まもなく確定申告がスタートすることもあり申し込み締め切りが迫っています。予告なく受付を終了する可能性もございますので、全てをおまかせして安心したい方は遅くなる前にお申し込みください。

紹介動画:44秒

お申し込みはこちら
自分にあったプランを選べる

出典:Aerial Partners

Guardianでは自分に合ったプランを選べます

  • 計算プラン – 計算の代行をお願いするプラン
  • 申告プラン – 計算はご自身で行い、申告を税理士にお願いするプラン
  • おまかせプラン – 計算も申告もおまかせするプラン
  • 顧問プラン – 継続的に税務の相談ができるプラン
  • 法人プラン– 仮想通貨の売買等を法人として行っている会社が対象となるプラン

まもなく確定申告がスタートすることもあり申し込み締め切りが迫っています。予告なく受付を終了する可能性もございますので、全てをおまかせして安心したい方は今すぐお申し込みを!

お申し込みはこちら
▶️本日の速報をチェック
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者11,000名突破。

CoinPostの関連記事

「買う」ことで利益が出ていることも?|今の仮想通貨市場で注意が必要な税金の話
仮想通貨を買うことで逆に利益が発生してしまう可能性のある総平均法とは何なのかを、仮想通貨の確定申告支援サービスを提供する株式会社Aerial Partnersが解説。
仮想通貨の所得はバレている?元国税局職員からみた『仮想通貨の税務調査の実態』|坂本新税理士インタビュー
仮想通貨の確定申告支援サービスを提供するAerial Partners社が、元国税局職員で仮想通貨の税務調査に特化した業務を提供する坂本新税理士にインタビューを実施。税務調査の実態が明らかに。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します