大手仮想通貨取引所Huobi、米国での法定通貨建取引を開始|ビットコイン等の3銘柄を上場

Huobiの米国市場、米ドル建のマーケットを開始
世界的大手仮想通貨取引所Huobiの米国市場Houbi USは日本時間6日、米ドル建ての取引ペアを開始したことを公式で発表した。現在取引が可能な通貨はBTC・ETH・USDT。

Huobi初の米ドル建て市場

世界的大手仮想通貨取引所Huobi(フォビ)の米国市場Houbi USは日本時間6日、米ドル建ての取引ペアを開始したことを公式で発表した。

現在、同取引所では、米ドルの入出金が可能となっており、USD建の取引ペアは以下の3銘柄で可能となる。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • テザー(USDT)

米ドルを利用することにあたり、ユーザーはPrime Trustというネバダ州発の信託企業による米ドルの入出金サービスを利用する必要がある。

なお、米ドルのウォレットの利用はレベル2のKYC認証を行なった米国の居住者のみで、最小限の入金額は100ドルとされている。

Huobi US(元HBUS)は昨年6月に、取引所Houbi Globalとの戦略パートナーとして米国でオープンし、今年1月にHBUS.comからHuobi.comへ移行された。

今回の米ドル建て市場の開始は、Huobiにおいて初の法定通貨市場ではない。

2018年にHuobiグループは日本の金融庁(FSA)から「仮想通貨交換業者」の認可を得たビットトレード株式会社の全株式を買収し、今年の1月より新たなBitTradeをHuobi初の法定通貨建て(円建て)の仮想通貨取引所として取引を開始している。

さらに、先日公開されたプレスリリースでは、Huobiのシニア事業担当者David Chen氏が今年の事業抱負を以下のように語っていた。

2019年末までには、10ヶ国以上で展開しようとする法定通貨建ての仮想通貨取引所の立ち上げに対する支援など視野に入れている。

今回米国での法定通貨建ての取引開始はその一環として考えられるだろう。

大手仮想通貨取引所Huobiが今後どのように法定通貨の市場を拡大していくのか、引き続き注目していきたいところだ。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

Huobi Groupの仮想通貨取引所立ち上げサービス、手がけた取引所は120社以上
世界大手仮想通貨取引所Huobi(フォビ)所属の取引所ローンチプラットフォームHuobi Cloudは事業開始後10月〜12月の間、加盟取引所が120以上、月次の取引高は500%も増加したことを明らかにした。事業担当者は弱気市場における仮想通貨の高い需要に言及。
バイナンス等の主要仮想通貨取引所、ビットコイン取引高は2017年以来の低水準|Diar最新報告書
調査企業Diar社が新たにレポートを更新し、1月期の主要仮想通貨取引所におけるビットコインを始めとした全体取引高は、2017年以来の最低水準を記録している事が判明した。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者11,000名突破。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック