CoinPostで今最も読まれています

ビットコイン半減期を予測する仮想通貨バイナリーオプション商品が公開へ|米規制に準拠する形でLedgerXが提供を予定

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコイン半減期を予想する初めての仮想通貨デリバティブ
仮想通貨関連のデリバティブ商品を提供するLedgerX社がビットコインの半減期を予想するバイナリー商品を提供することを発表した。米国の規制に準拠したこのようなデリバティブ商品の提供は初の事例となる。

ビットコイン半減期を予想する新たなバイナリーオプション

仮想通貨デリバティブ商品を提供するLedgerX社が新たなデリバティブ商品としてビットコインの半減期を予想する「LedgerX Halving Contract」の提供を発表した

今回発表された商品は2020年頃に来るとされているビットコインのマイニング報酬半減期の具体的な日程を予測するバイナリーオプション商品で、LedgerX社が提供する日程のオプション前にブロック数が半減した場合、100ドルが報酬として受け取ることができる。

また公式発表によると、同商品は「米国で初めて規制に準拠した形でブロック数を予測する金融商品」 と説明されている。

予測した日時の前にBTCブロック数が630,000に到達した場合、一定のペイオフが配当される。半減期到達が予想した日程の後に起きた場合、ペイオフはゼロとなるとのこと。

LedgerX社は以下のように言及している。

(LedgerX Halving Contract)は全ての人に結果が明瞭となるバイナリー商品である。ビットコインのデータは一般的に公開されているため、パブリック・ブロックチェーンの価値を良く表すものとなるだろう。

現時点でLedgerX社は以下の5つの日時を選択肢として提供している。

出典:ledgerx.com

日本時間に換算された5つの選択肢(日時)は以下の通りである。

  • 3月28日午前6時
  • 4月25日午前6時
  • 5月30日午前6時
  • 6月27日午前6時
  • 8月1日午前6時

なお現段階では各オプションの具体的な価格は公表されていないが、さらなる日時の選択肢や詳細情報を今後数週間にかけてLedgerX社は公開する予定だと述べている。

ビットコインの半減期

半減期とは

合意形成アルゴリズムとしてPoW(プルーフ・オブ・ワーク)を採用する通貨などで見られるマイナー報酬が半減する時期。

半減期後はマイニングの成果として受け取る報酬通貨が半分となるため、需要と供給の関係上、通貨価格が上がる傾向にある。

2020年中旬頃を目安に、ビットコインのマイニングで得られる報酬が現在の12.5BTCから6.25BTCに半減する予定だ。

あるビットコインのカウントダウン・サイトによるとBTCのマイニング報酬半減期の予想される半減期は5月25日午後1時頃と想定されている。

しかしビットコインの半減期は時間ではなく、ブロック数の一定数に到達する事で施行される。

通常ビットコインのブロック生成時間は10分とされているが、この時間はブロック数やビットコインのトランザクションなどの複数要因によって変動する事もあるため、具体的な日程は誰にも分からない状況で、これを利用したバイナリー商品への提供へと繋がったと見られる。

▶️本日の速報をチェック
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者11,000名突破。

CoinPostの関連記事

米クラーケン、ビットコインやXRPなど主要5通貨の先物取引を開始|英先物企業買収を約110億円で買収し実現
米仮想通貨取引所クラーケンは先物取引で業界を牽引する英Crypto Facilities社の買収を公表した直後、BTC、XRP、ETHを含む主要5銘柄の仮想通貨先物取引の開始を発表した。
いつ価格はMOONするのか:LedgerX、BitMEX、Grayscaleの三社が仮想通貨の今後を語る
米NYで開催された世界最大級のカンファレンスである「コンセンサス」2日目には、ブロックチェーン企業3社の代表者を招き、『When Moon?(いつムーンするのか)』と題したパネルディスカッションが行なわれ、今後の仮想通貨市場に対する予測を語り合いました。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/10 土曜日
08:35
Discord、ソラナやBloxlink接続の可能性が浮上
DiscordのユーザーがソラナウォレットやBloxlinkを含む複数のサービスに接続しロールを得る機能が実装される可能性が浮上した。
07:45
ゲームストップ、仮想通貨事業に慎重姿勢
米ゲーム小売大手ゲームストップのCEOは、仮想通貨事業に慎重な姿勢を示した。一方で、長期的にはブロックチェーン技術の可能性を追求し続けると述べている。
07:12
10日朝|米PPI、予想超えも減速傾向
昨夜発表の11月の米生産者物価指数PPIは前月比で予想を若干超えた。FRBの利上げ継続を正当化する内容だが、来週のFOMCで0.5%の利上げ幅は織り込まれているとの指摘もある。
12/09 金曜日
17:43
米コインベース、USDTからUSDCへ交換手数料をゼロに
米大手仮想通貨取引所コインベースは、ステーブルコインUSDTからUSDCへの取引手数料をゼロにしたことを発表した。安全資産としてUSDCを打ち出しているが、仮想通貨ユーザーから批判も集めている。
15:01
Livepeer、高速L1チェーンAptosに展開
分散型の動画ストリーミング基盤Livepeerは、高速レイヤー1ブロックチェーンAptosのサポートを発表した。Web3型のクリエイターエコノミー拡大を目指す動きだ。
12:50
FTXのサム前CEO、公聴会の参加要請を無視か
米上院銀行委員会による公聴会への参加要請に対して、仮想通貨取引所FTXのサム前CEOは期日までに返答しなかった。召喚状が送付される見通しだ。
12:25
米検察当局、USTおよびテラの価格操作疑惑でFTX創業者を調査か=報道
米検察当局がFTX創設者サムを価格操作(相場操縦)の疑いで調査した可能性がある。ステーブルコインのUST崩壊と仮想通貨テラ(LUNA)が暴落した際に価格操作をした疑いがある。
12:20
イーサリアム財団、ゼロ知識証明分野などを支援
仮想通貨イーサリアムの開発を支える非営利組織「イーサリアム財団」は、22年Q3に助成金を付与したプロジェクトを公表。総額10億円ほどが65組織に提供された。
10:35
米上院議員ら、仮想通貨業界と銀行のつながりを懸念
米国の上院議員らが銀行規制当局に書簡を提出した。FTXが地方銀行へ投資していたことを問題視し、ビットコインなどを扱う仮想通貨業界と銀行セクターのつながりを懸念する内容だ。
09:45
Sui、仮想通貨入手プログラムを発表
Sui Foundationは、仮想通貨SUIのコミュニティ・アクセス・プログラムを発表。これから設計を詰めてローンチにつなげ、ネットワークの分散化を進める。
08:05
スターバックスNFT、ベータテスト開始
米スターバックスは8日、「Starbucks Odyssey」というWeb3体験プログラムのベータ版テストを米国で開始した。
07:38
ETH「Shanghai」 実施目標は来年3月
仮想通貨イーサリアムのコア開発者は、次期アップグレードShanghaiは23年3月頃に実施できるよう目指すことで合意。Shanghaiでは、ステーキングしたイーサリアムの引き出しが可能になる。
06:55
9日朝|テスラ4日続落 今夜は11月米PPI発表
今日のニューヨークダウは続伸。米連邦取引委員会はマイクロソフトによる米ゲーム大手企業アクティビジョン・ブリザードの巨額買収計画について、独占を警戒し差し止めを求めて提訴した。
12/08 木曜日
17:48
BTCメジャーSQに向けポジション再調整は起こり得るか|仮想NISHI氏寄稿
暗号資産(仮想通貨)ビットコインの「メジャーSQ」に向け、ポジションの再調整は起こり得るのか?SBI VCトレードのクリプトアナリストである「仮想NISHI」氏が最新の市場動向を分析。
16:30
テレグラムが番号登録不要で利用可能に、ブロックチェーンID採用
メッセージングアプリ「テレグラム」は、プライバシー性能を高める機能を複数実装したことを発表。SIMカードなしでアカウントを作成できるようになっている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
2022/12/10 13:00 ~ 15:00
関東甲信越 神奈川県横浜市神奈川区松本町
重要指標
一覧
新着指標
一覧