仮想通貨Grinのマイニングに最適のGPUとは|LongHash分析結果

仮想通貨Grinのマイニングに最適のGPUは?
米仮想通貨調査企業「LongHash」は、先月中盤に「Grinマイニングに最適のGPUは?」と題し、その分析結果を発表し、寄稿時点での、Grinマイニングに最適なGPUに関する結論を公表した。

仮想通貨Grinのマイニングに最適のGPUとは

本記事は、2019年1月19日に、Zhehao Chen氏によってLongHash上で寄稿されたものです。公式翻訳権利の元、日本語への翻訳を行なっています。なお、記事上で利用されているデータは、2019年1月18日前後のデータを基にしています。

Grinは、今年1月15日にメインネットへローンチされた、新たな仮想通貨である。

同仮想通貨は、現在トレンドとなっている、ビットコインよりも速く、安く取引を行うことを目的に開発されたプロトコル「Mimblewimble」を利用している。

一部投資家らや、特に、マイニングコミュニティからは関心を高めており、そのマイニングフォーラムでは、かなり活発にコミュニケーションが行われている。

当然の事ながら、Grinのマイニングで利益を得られるか否かは、その価格に左右される。

しかし、本記事では違った点に注目し「どのGPUがGrinマイニングに最適か」について焦点を当てる。

現在のマイニング状況

まず最初に、マイニングの状況について確認する。

Grinのローンチに際して、ICOやプレマイニングからは比較的、無縁となっており、より公平なマイニングが可能な状態になっている。

さらに、同通貨は、二つの異なったProof of Workを利用し、そのうちの一つ「Cuckatoo31」はASICでのマイニングが容易な形となり、最低11GBのメモリを備えた高性能GPUが必要とされるが、一方で、「Cuckatoo29」はASIC耐性を備え、一般的に利用されるGPUとの相互性もある。

今のところ、マイニングによって生成されるブロックの90%が「Cuckatoo29」によるもので、「Cuckatoo31」を通じ、生成されるブロックの割合は10%に止まっている。

Grinのブロック生成速度は1分毎で、1ブロックあたりの生成報酬は60Grinとなり、1日あたり、86,400Grinが発行されていることになる。

Grinのマイニングにおいて、最適のGPUを見つけ出すためには、いくつかの仮説を立てる必要がある。そうすることにより、電力コストなどの要素をもとに、結論を導き出すことが可能となるからだ。

以上のような理由から、1キロワットあたり、0.05ドル(約5.49円)と仮定して計算する。

分析結果

計算するにあたり、我々が考慮した要素は、電力コスト、GPUの購入代、マイニングするための土地、メンテナンス代、冷却コストなどだ。

ハッシュパワーのリアルタイムのデータは、MinerBabeを利用し収集している。

また、ネットワークのハッシュパワーに関するデータ収集はGrinMintを用いた。

分析結果として、NVIDIA 10シリーズが、Grinマイニングにかかるコストが最も低かったことから、最適のGPUであるという結論に達した。

一般的に、NVIDIAのグラフィックボード間の違いはあまり影響は見られなかったものの、AMDのグラフィクボードと比較した場合、NVIDIAの製品全てがAMD製品を上回る結果となった。

当然、どのマシンでGrinのマイニングを行うにしても、市場価格の影響によって異なるもので、実際、現在の価格は低迷している。

現時点の価格は、こちらから確認ができる。

現在の市場トレンドを考慮すれば、おそらくGPUを購入しGrinのマイニングを行う絶好の機会とは言えないだろう。

しかしながら、すでにNVIDIA 10シリーズのGPUを持ち、なおかつ、低い電力コストを利用できる環境があるならば、利益を得る可能性もあると言えるだろう。

LongHash
日本語公式HP:jp.longhash.com
英語公式HP:longhash.com
日本語Twitter:@longhash_jp
英語Twitter:@longhashdata

LongHashは独自のデータ分析を基に、仮想通貨のトレンドやニュース、価格に関する情報を日中英の3ヶ国語で提供するジャーナリズム・プラットフォームです。

ブロックチェーンデータの解析や解説を行うLongHash所属のデータサイエンティストやライターを世界中に抱え、分かりやすい記事で配信しています。

またLongHashはブロックチェーンハッカソンやミートアップの企画、実施運営のサービスも提供しております。

なお、共同設立者であるEmily Parker氏は、以前記者としてWSJやNYタイムズで務めたほか、米政府の技術政策専門アドバイザーを歴任しています。

より多くの記事を読みたい方は、こちらからLongHashの公式ページへアクセスできます。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

仮想通貨淘汰の波、生き残る「5%」に見る未来を語る|ビットコインETF申請企業
仮想通貨インデックス企業Bitwise社のグローバル研究責任者 Matt Hogan氏がビットコインは「完全なるバブル」と言及した。ITバブルからアマゾン等が復活した様に、仮想通貨の長期的可能性に期待感を示している。
安倍総理『仮想通貨に活用されるブロックチェーン技術を含め、大きな可能性がある』ビットコインなどの成長産業について国会で答弁
安倍総理は藤巻議員の質問に対し、「国内ベンチャー企業が世界初のビジネスモデルに挑戦するなど、仮想通貨分野で世界でも十分に戦える企業が我が国に存在している」などと述べ、成長の可能性を研究していく必要性にも言及した。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者11,000名突破。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら