米国商品先物取引委員会、2019年の優先監視対象に『仮想通貨』

CFTC、『仮想通貨』を注視
米国商品先物取引委員会「CFTC」は日本時間12日、2019年における各部署の優先監視対象を公式発表した。規制コンプライアンスの優先事項として「仮想通貨を」取り入れている。

CFTC、『仮想通貨』を注視

米国商品先物取引委員会CFTCは日本時間12日、各部署の2019年における優先監視対象を公式で発表し、仮想通貨を「市場監督部(DMO)」に属するコンプライアンス課の優先事項として、リストアップしている。

出典:CFTC

  • 仮想通貨監視業務
  • 妨害する取引に対する監視
  • 取引監視業務
  • ブロック取引の監視業務
  •         
  • 市場監視業務
  • リアルタイム市場の監視業務など

同プレスリリースによると、DMOは今年、「指定契約市場」(Cboe、CMEなど)に対して、商品取引法に準拠し、RER(ルールの施行レビュー)という審査プロセスを通して、それらのコンプライアンスを監視する。

またRERは、規制の必要条件と最善な業務が共に発展できるように、DCMの現存の自主規制プログラムと、新興市場(仮想通貨市場など)にフォーカスすることが明確化されている。

なお、証券取引委員会(SEC)のコンプライアンス検査局(OCIE)も先月、2019年の監視活動の6大優先事項に、仮想通貨を含む「デジタル資産」を加えたことを公表した。

  • 高齢者および退職者貯蓄者を含む、個人投資家にとって重要な事項
  • 重要な市場インフラに対して責任を負う、登録会社のコンプライアンスおよびリスク
  • FINRAの業務および規制プログラム、ならびにFINRAのブローカー・ディーラーおよび地方自治体のアドバイザーに対する審査
  • サイバーセキュリティ
  • マネーロンダリング防止
  • デジタル資産

このように、2019年は両規制当局がどのように市場の健全化に向けて取り組んでいくかも注目される。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

昨年2月の歴史的大暴落|「VIX指数」の市場操作疑惑で米SECとCFTCが本格調査へ
米規制当局は14日、市場心理を示すVIXに関する不正を調査していると報告した。昨年2月に発生した世界同時株安で、人為的な介入操作があり、投資家が数千億円規模の損失を被った可能性があるとしている。
米国証券取引委員会、『仮想通貨』を2019年の監視活動優先事項に
「仮想通貨の有価証券化」に重点を置く、SECのコンプライアンス検査局が、2019年の監視活動6大優先事項に”仮想通貨を含むデジタル資産”を加えた。米国内では直近、仮想通貨にポジティブな法案も活発化しつつある。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者12,000名突破。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します