世界最大級のスタートアップとテクノロジーの祭典「Slush Tokyo 2019」が開催 小池百合子 東京都知事も登壇

SlushTokyo2019
世界最大級のスタートアップとテクノロジーの祭典「Slush Tokyo 2019」が、2月22日(金)から23日(土)に東京ビッグサイトにて開催する。登壇者には小池百合子 東京都知事を始め、ブロックチェーン業界からも多数の参加者が登壇。CoinPostもメインステージでの登壇を予定している。

SlushTokyo2019

世界最大級のスタートアップとテクノロジーの祭典「Slush Tokyo 2019」が、2月22日(金)から23日(土)にかけて、東京ビッグサイトにて開催される。

「Slush(スラッシュ)」は、北欧フィンランド発祥のイベントで、スタートしたフィンランドをはじめ、東京、シンガポール、上海にも拡大している世界最大級のスタートアップイベントで、東京での開催は今年で5回目となる。

2019年のSlush Tokyoには、東京都知事 小池百合子氏の登壇も決定するなど盛り上がりを見せており、世界80カ国から7,000人以上が集結する巨大規模のカンファレンスに、フィンテック業界などのスタートアップ企業が集結する。

今年のテーマ:Call for Action

Slush Tokyo 2019のテーマとして挙げられているのは「Call for Action」だ。日本語でいうと「行動喚起」を意味する。

その理由としては、Slushの開催を通して、世界を引っ張るアントレプレナーたちと直接に話ができる環境が世界に根付きつつある中で、議論に止まらず実際に新しいビジネスやインダストリーの創造に挑戦する人たちの背中を押す場、また既にアクションを起こしている人たちを加速させる場を提供していく目的があるという。

登壇者紹介

  • 小池百合子 東京都知事
  • 金山裕樹 ZOZOテクノロジーズ 代表取締役CINO
  • 國光宏尚 株式会社gumi CEO
  • 宮口礼子 イーサリアム財団 エグゼクティブ・ディレクター
  • 長谷川潤 Omise Holdings CEO

今回ご紹介した登壇者は一部で、日本でも著名企業の参加があるほか、ブロックチェーン業界からも多くの登壇者がSlush Tokyo2019に登壇する。

注目セッション紹介

注目セッションとしては、Slushでは恒例のスタートアップ企業によるピッチコンテストがあるほか、「ブロックチェーンとウェブの将来における分散化の重要性」を題目としてALIS、OneIDやNeutrinoなどの仮想通貨・ブロックチェーン企業が登壇する。

日時:2月22日(金)、15:00-16:00

場所:Dialogue Stage

同日午後5時からはブロックチェーン投資やコンサルティングを行うHexa Group、そして仮想通貨Orbs(ORBS)の共同設立者であるDaniel Peled氏がフィンテック業界からどのようにしてブロックチェーン業界に参入したか、自身のキャリアを振り返る。

またPeled氏とのパネルディスカッションで、CoinPost編集部からニュース・マネージャーの坂巻ノアがモデレーターとして登壇を予定している。

日時:2月22日(金)、17:05-17:30

場所:Main Stage

その後、午後7時からは「Blockchain Night」が行われる。

そして、イベント2日目には仮想通貨OmiseGOを開発を進めているOmise HoldingsのCEO、長谷川潤氏とイーサリアム財団の宮口綾氏が共にパネルディスカッションに登壇する予定だ。

日時:2月23日(土)、11:50-12:15

場所:Main Stage

日程と開催場所について

Slush Tokyo 2019 開催概要

出典:CoinPost撮影

日時:2月22日-23日(金・土)

会場:東京ビッグサイト (東京国際展示場)(〒135-0063 東京都江東区有明3丁目11−1)

公式Webサイト:http://tokyo.slush.org

▶️本日の速報をチェック
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者12,000名突破。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します