CoinPostで今最も読まれています

日本銀行、中央銀行発行デジタル通貨に関する調査報告書を公開|仮想通貨に関する内容も

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

日銀が、CBDCに関するワーキングペーパーを公開
日本銀行は2月19日、中央銀行デジタル通貨に関するワーキングペーパー「情報技術革新・データ革命と中央銀行デジタル通貨」を公開した。同報告書では、仮想通貨やビットコインに関する内容にも触れており、注目度も高い。

日銀が、CBDCに関するワーキングペーパーを公開

日本銀行は2月19日、中央銀行デジタル通貨に関するワーキングペーパー「情報技術革新・データ革命と中央銀行デジタル通貨」を公開した。

まず、世界の中で情報技術革新やキャッシュレス決済の世界的な拡大、暗号資産の登場によって、中央銀行デジタル通貨の存在が、これまでの現金に変わる可能性についての議論が活発になる中で、日本銀行をを含む多くの主要中央銀行では、現時点で銀行券に変わるデジタル通貨の発行は検討していないと改めて表明した。

しかし、中央銀行によるデジタル通貨の発行は、支払い決済の効率化や資金仲介、流動性危機、また金融政策の効果波及経路などの影響で、広範囲な論点を含むと認め、マネーの機能を再考し、将来像を考える上で重要な示唆を与えるものとした。

日本銀行は、発行こそ現時点で検討していないものの、デジタル情報技術がマネーの可能性を拡げるものとみているようだ。

なお、日本銀行の関係者が、中央銀行発行デジタル通貨に言及することは、これまでなんどもあったが、記憶に新しいのは、昨年10月に行われた日本金融学会の秋季大会での、日本銀行の雨宮正佳副総裁の公演だ。

同公演では、雨宮副総裁が仮想通貨の決済利用に関しても触れており、中央銀行発行デジタル通貨を含め、以下のような見解を示していた。

  • 仮想通貨の決済利用の普及は厳しい
  • 日銀のデジタル通貨発行は、検討すべき点が多い

この時に、一般の決済利用に広く使えるような日銀による中央銀行デジタル通貨の発行は検討していないとの言及をしつつも、銀行の内側(マネタリーベース)と外側(マネーストック)の関係性で重要な二層構想の問題の解決や、ソブリン通貨などの信用と結びつけることでの、可能性を説いている。

中央銀行デジタル通貨に関して

今回のワーキングペーパーでのわかりやすいポイントとして、日本銀行が中央銀行デジタル通貨(Central Bank Digital Currency, CBDC)を発行した場合、どのような変化が見込めるかについての項目だ。

日本銀行は、中央銀行が責務として発行する中央銀行マネーのは、1.銀行券、2.中央銀行当座預金の2つがあると説明、一般に紙幣として利用される銀行券に対して、準備預金などを示す中央銀行当座預金はすでに各国でデジタル形態への移行がおこなわれており、大口取引の支払い決済で利用される反面、決済システムの稼働時間が中央銀行の運営時間に制約されるデメリットをあげた。

これら現在の中央銀行マネーに、デジタル通貨を考えた場合、以下の2種類が考えられるという。

銀行券と同様に一般の人々が日常取引に広く使える中央銀行デジタル通貨

これは、以前より議論されていた、中央銀行の口座を広範囲に解放し、中央銀行決済システムを24時間365日解放させるといったものだ。

効果としては、預金の競合や銀行の資金仲介への影響、危機時における預金から中央銀行デジタル通貨への資金逃避の可能性などがあげられた。

要するにこれが、お金を供給を行う中央銀行と、一般的な決済サービス提供と経済への資金分配の仕組みを担っており、一般人や企業はこの民間銀行の口座を通している行なっている、銀行の内側(マネタリーベース)と外側(マネーストック)の二層構造に及ぼす影響を示している。

大口決済専用の中央銀行デジタル通貨

2つ目にあげたのが、「中央銀行当座預金に分散型台帳技術などの新しい情報技術を応用した大口決済専用の中央銀行デジタル通貨」だ

1つ目が、一般人を含めた広範囲の利用例であるのに対し、後者は「既にデジタル化されている中央銀行当座預金を、新しい技術を用いてより便利にするもの」として捉えているようだ。

それ以降は計19ページの簡潔な内容で、以下の点について内容が掲載されている。

  • 中央銀行デジタル通貨を巡る議論の背景
  • 中央銀行デジタル通貨をめぐる論点
  • 情報・データの利活用と中央銀行デジタル通貨

日本銀行の本文は、こちらよりご覧になれます。

▶️本日の速報をチェック
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者12,000名突破。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/21 日曜日
11:00
週刊仮想通貨ニュース|トランプ氏のBTCカンファレンス出席意向に高い関心
今週は、ドナルド・トランプ前大統領のビットコイン・カンファレンスへの出席意向、コインベースの仮想通貨市場分析、トランプ氏の人事計画に関するニュースが最も関心を集めた。
10:00
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|マウントゴックスのビットコイン送金・ワールドコイン売却制限延長など
今週はビットコインが1ヶ月弱で66,000台に復帰し、アルトコイン銘柄の多くが連れ高になった。マウントゴックスの弁済による売圧が予想以下であり、トランプ氏が当選確率を上げたことで投資家に好感されている。
07/20 土曜日
14:00
ネクソン、NFTゲーム『メイプルストーリーN』のシナジーアプリなどを発表
大手ゲーム企業ネクソンの子会社NEXPACEは「メイプルストーリー・ユニバース」エコシステムのローンチとその仕組みを発表した。
12:00
テレグラムのTON基盤ゲームPixelverse、独自の仮想通貨エアドロップ実施へ
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは独自の仮想通貨を発行し、ユーザーへエアドロップする予定だ。
11:00
世界でマイクロソフトITに大規模システム障害 仮想通貨への影響は?
世界各国のマイクロソフトITシステムに障害が発生した。分散型システムを取る仮想通貨に注目が集まったとする意見が上がっている。
10:00
Apple Payでミームコイン売買、ソラナ基盤「Moonshot」アプリ
Moonshotは19日にローンチされたばかりのiOS版アプリで、初めからApple Pay決済を利用することができる。
09:15
ソラナDEXレイディウム、ユニスワップの30日間手数料超え 高速チェーンへの高い需要を反映
ソラナのネットワーク基本手数料はイーサリアムの126分の一だが、処理速度が速く低コストで取引できるため、政治テーマや犬・ねこのミームコインへの高い取引需要で利用回数を大幅に増やしている状況だ。
08:10
伊国営金融機関、ポリゴン上でデジタル債券の取引に成功
仮想通貨ポリゴンのブロックチェーンを活用し、伊国営金融機関CDPがデジタル債券の取引に成功。これは、欧州中央銀行の実験の一環だという。
07:35
コインベース、仮想通貨3銘柄上場廃止 
米仮想通貨取引所大手コインベースは20日、Coinbase.com、Coinbase Exchange、Coinbase Primeにて、3銘柄の取引停止を実施した。
07:00
Mt.Goxの弁済進捗65%、ウォレット残高に1000億円相当のビットコイン 
経営破綻したマウントゴックス(Mt.Gox)のウォレットには、まだ1,000億円相当のビットコイン(90,344 BTC)が残っており、65%ほどの弁済が行われている。クジラの買い増し機会として利用される可能性が出てきた。
06:20
フィデリティ含む5つのイーサリアム現物ETF、7月23日に登場へ
米デリバティブ取引所Cboeによると、フィデリティやヴァンエックなどのイーサリアム現物上場投資信託(ETF)は7月23日に取引を開始する予定だ。
07/19 金曜日
17:23
イーサリアムの将来価格 ETF承認後の影響とテック株との比較
2024年5月に承認された暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの影響と、株式市場上場後の将来価格を市場アナリストの見解を交えて解説。手数料収益に基づくテック株との比較も詳述。
16:08
JBA、暗号資産に関する税制改正要望を政府へ提出
日本ブロックチェーン協会(JBA)が2025年度の暗号資産(仮想通貨)税制改正要望を政府に提出した。申告分離課税や損失の繰越控除、暗号資産デリバティブ取引の適用、寄附税制の整備などを提案し、暗号資産の普及と市場活性化を図る。
13:15
香港当局がステーブルコイン規制法案を発表 今年中に立法会提出予定
香港の金融規制当局は、ステーブルコイン発行企業に対する規制導入についての公開協議結果を発表。今年中にステーブルコイン規制法案を香港立法会に提出する予定であると述べた。
12:36
NYダウ反落、ビットコインは上昇一服 アナリストは強気・弱気で見解割れる
暗号資産(仮想通貨)相場ではNYダウなど株式市場の反落もありビットコインが上昇を一服。今後の展望について、アナリスト間では、強気・弱気シナリオで見解が別れている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア