CoinPostで今最も読まれています

日本銀行、中央銀行発行デジタル通貨に関する調査報告書を公開|仮想通貨に関する内容も

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

日銀が、CBDCに関するワーキングペーパーを公開
日本銀行は2月19日、中央銀行デジタル通貨に関するワーキングペーパー「情報技術革新・データ革命と中央銀行デジタル通貨」を公開した。同報告書では、仮想通貨やビットコインに関する内容にも触れており、注目度も高い。

日銀が、CBDCに関するワーキングペーパーを公開

日本銀行は2月19日、中央銀行デジタル通貨に関するワーキングペーパー「情報技術革新・データ革命と中央銀行デジタル通貨」を公開した。

まず、世界の中で情報技術革新やキャッシュレス決済の世界的な拡大、暗号資産の登場によって、中央銀行デジタル通貨の存在が、これまでの現金に変わる可能性についての議論が活発になる中で、日本銀行をを含む多くの主要中央銀行では、現時点で銀行券に変わるデジタル通貨の発行は検討していないと改めて表明した。

しかし、中央銀行によるデジタル通貨の発行は、支払い決済の効率化や資金仲介、流動性危機、また金融政策の効果波及経路などの影響で、広範囲な論点を含むと認め、マネーの機能を再考し、将来像を考える上で重要な示唆を与えるものとした。

日本銀行は、発行こそ現時点で検討していないものの、デジタル情報技術がマネーの可能性を拡げるものとみているようだ。

なお、日本銀行の関係者が、中央銀行発行デジタル通貨に言及することは、これまでなんどもあったが、記憶に新しいのは、昨年10月に行われた日本金融学会の秋季大会での、日本銀行の雨宮正佳副総裁の公演だ。

同公演では、雨宮副総裁が仮想通貨の決済利用に関しても触れており、中央銀行発行デジタル通貨を含め、以下のような見解を示していた。

  • 仮想通貨の決済利用の普及は厳しい
  • 日銀のデジタル通貨発行は、検討すべき点が多い

この時に、一般の決済利用に広く使えるような日銀による中央銀行デジタル通貨の発行は検討していないとの言及をしつつも、銀行の内側(マネタリーベース)と外側(マネーストック)の関係性で重要な二層構想の問題の解決や、ソブリン通貨などの信用と結びつけることでの、可能性を説いている。

中央銀行デジタル通貨に関して

今回のワーキングペーパーでのわかりやすいポイントとして、日本銀行が中央銀行デジタル通貨(Central Bank Digital Currency, CBDC)を発行した場合、どのような変化が見込めるかについての項目だ。

日本銀行は、中央銀行が責務として発行する中央銀行マネーのは、1.銀行券、2.中央銀行当座預金の2つがあると説明、一般に紙幣として利用される銀行券に対して、準備預金などを示す中央銀行当座預金はすでに各国でデジタル形態への移行がおこなわれており、大口取引の支払い決済で利用される反面、決済システムの稼働時間が中央銀行の運営時間に制約されるデメリットをあげた。

これら現在の中央銀行マネーに、デジタル通貨を考えた場合、以下の2種類が考えられるという。

銀行券と同様に一般の人々が日常取引に広く使える中央銀行デジタル通貨

これは、以前より議論されていた、中央銀行の口座を広範囲に解放し、中央銀行決済システムを24時間365日解放させるといったものだ。

効果としては、預金の競合や銀行の資金仲介への影響、危機時における預金から中央銀行デジタル通貨への資金逃避の可能性などがあげられた。

要するにこれが、お金を供給を行う中央銀行と、一般的な決済サービス提供と経済への資金分配の仕組みを担っており、一般人や企業はこの民間銀行の口座を通している行なっている、銀行の内側(マネタリーベース)と外側(マネーストック)の二層構造に及ぼす影響を示している。

大口決済専用の中央銀行デジタル通貨

2つ目にあげたのが、「中央銀行当座預金に分散型台帳技術などの新しい情報技術を応用した大口決済専用の中央銀行デジタル通貨」だ

1つ目が、一般人を含めた広範囲の利用例であるのに対し、後者は「既にデジタル化されている中央銀行当座預金を、新しい技術を用いてより便利にするもの」として捉えているようだ。

それ以降は計19ページの簡潔な内容で、以下の点について内容が掲載されている。

  • 中央銀行デジタル通貨を巡る議論の背景
  • 中央銀行デジタル通貨をめぐる論点
  • 情報・データの利活用と中央銀行デジタル通貨

日本銀行の本文は、こちらよりご覧になれます。

▶️本日の速報をチェック
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者12,000名突破。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/08 水曜日
14:42
Lido、V2でETH出金機能など実装へ
リキッドステーキングの最大手プロトコルLido Financeは、次期アップグレード「Lido V2」の計画について発表した。仮想通貨イーサリアムの出金機能、及びネットワーク分散化に向けた重要な機能更新が予定される。
12:38
国際決済銀行、ステーブルコインの監視システムを開発
国際決済銀行のイノベーション・ハブ(IH)部門は2023年の優先課題を発表。今年の事業計画には、IHのロンドンセンターが立ち上げた、ステーブルコインの監視システムを開発する新たなプロジェクトも含まれている。
12:28
仮想通貨相場反発、サウジアラビア提携でSAND急騰
仮想通貨相場反発、サウジアラビア政府機関提携でSAND高騰
11:40
マイクロソフト、検索エンジン「Bing」にAI搭載
IT大手マイクロソフトは、検索エンジン「Bing」に米OpenAIの人工知能(AI)技術を搭載したことを発表した。AI駆動のチャットを通して、対話形式でインターネット検索を行えるようになった。
11:25
The Sandbox、サウジアラビアとメタバースで提携 SAND高騰
NFTゲームを提供するザ・サンドボックス(SAND)の共同創設者は、サウジアラビアのデジタル政府機関とメタバースの活用で提携していくと発表した。
10:25
DCG、グレースケール提供の投資信託を一部売却
仮想通貨コングロマリット企業のデジタルカレンシーグループは、子会社のグレースケールが提供する投資信託における自社の持ち分を一部売却し始めたことがわかった。最近の売却状況が明らかになっている。
09:40
トルコ大地震被災者に仮想通貨で寄付 バイナンスや現地の歌手など
仮想通貨取引所バイナンスは、トルコの大地震で被災したユーザーにバイナンスコインをエアドロップすると発表。トルコ現地の歌手や取引所も仮想通貨による寄付キャンペーンを立ち上げた。
08:00
イーサリアム、ステーキングの出金テストに成功
仮想通貨イーサリアムは、テストネットZhejiangでステーキングの出金処理に成功。これは、実施目標を来月に定めている次期アップグレード、Shanghaiに向けたテストである。
07:25
ダウ4日ぶり反発 パウエル議長「ディスインフレ」に再び言及|8日
本日のニューヨークダウやナスダックは4日ぶりに反発。米パウエル議長が7日のインタビューで「物価上昇鈍化のプロセスが始まった」との認識を改めて示したことが好感された模様。今回の発言を受けてドル売りで反応した。
02/07 火曜日
15:21
米著名VCのa16z、Uniswapの拡大戦略に反対
分散型取引所最大手UniswapのBNBチェーンへの拡大計画で、米著名VC「a16zCrypto」が反対票を投じたことがわかった。1,500万UNIの追加により、一時は反対票が66.9%を占める状況となった。
13:40
ジェネレーティブAIへのVC投資が22年に急増、3500億円超え
米データ分析企業「CB Insights」によると、2022年には画像から音声、ソフトウェアのコードなど、新たなコンテンツを生成する「ジェネレーティブAI」スタートアップへの投資が急増。110件の投資契約が結ばれ、約3,517億円の資金を調達した。
12:39
ビットコイン様子見ムード、株やアルト市場でAI関連銘柄の物色つづく
エコノミッククラブのパウエル講演が迫り株やビットコイン市場には警戒感が広がる。OpenAIの「ChatGPT」流行の影響で、アルト市場ではThe Graph(GRT)やSingularityNET(AGIX)などAI関連銘柄の物色つづく
11:50
グーグル、対話型AI言語モデル「Bard」をリリースへ
米グーグルは対話型AI(人工知能)言語モデル「Bard」の開発計画を公表した。Bardは近日中にもテスター向けにリリースされ、フィードバックを経て数週間以内の一般公開を予定している。
10:30
DCGとジェネシス、債務整理などで債権者グループと合意
仮想通貨コングロマリット企業DCGと子会社ジェネシスは、主要債権者グループと合意に達した。ジェネシスの事業売却や債務整理などを計画している。
09:30
Visa、ETHブロックチェーンでUSDCの大口決済を実験
Visaの仮想通貨部門のトップは「StarkWare Sessions」に登壇。同社がイーサリアムブロックチェーンで、ステーブルコインUSDCの大口決済をテストしていると語った。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア