50を超える銀行が仮想通貨XRP決済の試験運用へ|日間取引高15兆円のプラットフォームに「Corda Settler」実装

XRPを利用した取引決済の試験運用が実施
短期金融市場向けの取引ソフトを開発するフィンテック企業のInstimatch Global社が、同社取引プラットフォームにCorda Settlerを実装、50を越える銀行がXRPによる取引決済の試験運用を行なっていることを明らかにした。同社は一日の取引高が1340億ドル(約14兆8200億円)とも言われる、機関投資家向けの無担保短期金融貸付市場のデジタル化を目指しているという。

XRPを利用した取引決済の試験運用が実施

アメリカの分散台帳技術開発企業であり、数多くの世界大手金融機関が参加するコンソーシアムを率いるR3社が、企業向けグローバル決済アプリ(Corda上で動作する分散型アプリケーション:CorDapp)である「Corda Settler」の決済通貨として仮想通貨XRPを採用した件の続報が入った。

R3コンソーシアムメンバー企業で、短期金融市場向けの取引ソフトを開発するフィンテック企業のInstimatch Global社が、同社の取引プラットフォームにCorda Settlerを実装し、50を越える銀行がXRPによる取引決済の試験運用を行なっていることを明らかにした

スイスのチューリッヒに拠点を置くInstimatch Global社は、一日の取引高が1340億ドル(約14兆8200億円)とも言われる、機関投資家向けの無担保短期金融貸付市場のデジタル化を目指しているという。

Corda Settlerの同社の取引プラットフォームへ実装に携わっているDebajani Mohanty氏は、完成版のリリースを今年3月から4月になるとみている。

CordaとCorda Settler

Corda は、R3社が開発を主導する金融機関向けの分散台帳技術であり、世界の大手金融機関70社が共同開発している。

そのCordaブロックチェーン上で発生した支払い義務に特化したのが、Corda Settlerであり、前述した通り、XRPがこのプラットフォームでの決済手段として採用されている。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

同社CEOのDaniel Sandmeier氏によると無担保金融市場は、最もデジタル化が遅れた市場で、未だにその取引の多くは、二者間で電話によるものが多くを占め、その貸付市場は、ユーロ圏となっているヨーロッパでも国内で完結しているケースが多いという。

Instimatch Global社は、同社のクラウドベースのデジタルネットワークにより、巨大な無担保金融市場で借り手と貸し手を結びつけ、より効率的なアクセスと最良の価格設定、および取引先リスクを分散させるサービスを提供する。

今回試験運用が行われているのは、日中取引に必要とされる迅速な決済を提供するため、決済APIであるCorda Settlerを統合した分散型アプリ(dApps)で、銀行、ファミリーオフィスや公共事業体等、機関投資家間の流動性交換のため、EU一般データ保護規則(GDPR)に準拠した安全性を装備したものだという。

このプロジェクトに携わっているMohanty氏は、Corda Settlerが、ビジネスにもたらす可能性を大きく評価し次のように述べている。

「CordaブロックチェーンというDLT技術と、リップル社の送金メカニズムという組み合わせにより、今までは不可能だった、数多くの新しいビジネスケースを生み出すことができると信じている。 私たちの製品はそのうちの一つだ。」

XRPを決済通貨に用いるCorda Settlerの可能性の評価は着実に高まっているようだ。

そして、日本でCorda Settlerの将来性、そしてその決済通貨XRPの実需拡大を確信し、着実な投資戦略で仮想通貨市場において大きな存在感を放っているのが、金融コングロマリットSBIグループであり、同グループを率いる北尾吉孝氏である。

競争の激しい金融業界を生き抜いてきた、百戦錬磨の北尾氏のインタビューからは、XRPに止まらず、仮想通貨のこれからを考察する上で、多くの示唆を与えられる。是非ご一読いただけたらと思う。

CoinPost関連記事

SBI北尾社長インタビュー『仮想通貨(ビットコイン)市場の将来性とリップルの展望』
SBIグループは、仮想通貨取引所「SBIバーチャル・カレンシーズ」など、仮想通貨事業にも注力している。同グループの北尾吉孝CEOに、仮想通貨メディアCoinPostでインタビューを実施。ビットコイン市場やリップル(XRP)の展望などを伺った。
▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

ウォール街で仮想通貨等の啓蒙活動を行う業界団体、規制当局との協力体制構築を目的にR3コンソーシアムへ加盟
ウォール街でブロックチェーンや仮想通貨の啓蒙活動などを展開する非営利団体WSBAが世界中から300以上の金融機関が参加するR3コンソーシアムに加入する事を発表した。R3社CEOのDavid Rutter氏は今回の提携が「規制当局と協力する戦略的アプローチを推進する」と言及している。
大阪万博を目指すSBIの「Sコイン」R3のcordaに変えXRPを入れ込んだ形で国際展開へ、仮想通貨リップルの時価総額はビットコインを超える|決算説明会
SBIの決算説明会で北尾社長は、 ・Corda SettlerとXRPの親和性の高さ ・SWIFTとR3の提携 ・xRapidが資金移動業者に利用されるようになる時期 などに言及。マスメディアとの質疑応答では、BCH情勢にも言及した。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者12,000名突破。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック