日本進出予定の米仮想通貨取引所「コインベース」がイタリアの企業買収を発表:トークンの上場に好影響

Coinbase新たな買収、トークン上場・セキュリティ対策の強化狙い
米大手仮想通貨取引所Coinbaseはイタリア発のブロックチェーン・仮想通貨インテリジェンス企業を買収した。仮想通貨盗難の防止強化、トークンの上場を加速。

Coinbase新たな買収、トークン上場・セキュリティ対策の強化狙い

日本市場への進出を予定している米大手仮想通貨取引所Coinbaseは19日、イタリア発のブロックチェーン・仮想通貨分析追跡企業Neutrinoを買収したことを発表した。

同社の8人のエンジニアは、英ロンドンにあるCoinbaseのオフィスに移籍し、別の事業体として外部クライアントに対応する。なお、契約の金銭的条件は明らかにされていない。

Coinbaseのエンジニアリングおよび製品担当ディレクターVarun Srinivasan氏は、「新たな資産の対応に向け様々な国の規制当局や機関と協力しており、(今回の買収は)特に重要なステップである」と米大手仮想通貨メディアCoinDeskに語った。

Coinbaseは去年、新たに30種類の仮想通貨上場を検討していると発表後、Zilliqa(ZIL)やDai(DAI)、Maker(MKR)など次々と新たな仮想通貨を上場させる一方で、上場には技術面や規制面で多くの準備が必須となることを理由に、「30種類すべての通貨の上場は保証できない」とコメントしていた。

出典:Coinbase

一方で、Coinbaseの副社長Dan Romero氏は先日、海外仮想通貨リサーチ企業diarとの対談で、米国最大規模の仮想通貨取引所Coinbaseの今後日本における展開について、日本進出を遂げるために、仮想通貨交換所の登録申請を行なっていると明らかにしている。

同取引所は今年中の交付を目指しており、金融庁との連携も強化してきたほか、日本最大の銀行の一つであるMUFJともパートナーシップを締結しており、2016年にはMUFJより10億円超えの出資も受けた。

Neutrino社買収の狙い、分析技術で盗難や攻撃を防止

イタリアに拠点を置くNeutrino社は、ブロックチェーン・ネットワークのマッピング、特に暗号トークントランザクションのマッピング支援ツールを提供するスタートアップだ。

トークンの盗難が発生した場合、盗用されたデジタル資産を追跡するための法執行機関向けサービスや、ランサムウェアの追跡、および「ダークネット」の分析サービスのほか、人気が上昇しているトークンや資産を見つけ出す投資会社や金融会社向けの追跡サービスも提供している。

今回の買収により、Coinbaseは新たな資産を調査すると同時に、取引所における盗難被害など望ましくない行為を識別できるようになる。

具体的には、パブリックブロックチェーンのデータを分析を行うイタリアにあるNeutrino社の技術が、資金の盗難を防止し、ランサムウェア攻撃の調査、攻撃者の特定に活用される。

先月同取引所は、仮想通貨イーサリアム・クラシック(ETC)のブロックチェーン上で、ダブル・スペンド(51%攻撃)を含む不正行為を発見し、取引所から流出を防いだ。

つまり、この買収は、セキュリティとトラッキングの強化において重要な一環とされていると考えられる。

また、Srinivasan氏は、Neutrinoが同社にもたらすメリットについて、「どの新トークンがその価値を高め、牽引力を得ているのかを特定するのに役立つだろう」と期待を見せている。

同氏は社内の分析プラットフォームを所有することの利点については、「コンプライアンスを実行し、規制当局と協力してあらゆる分野の問題について取り組む能力を強化中だ」と述べた。

要するに、Neutrinoを買収することで少なからず、上場プロセスを容易にし、可能な限り多くの仮想通貨を上場させることが示唆されているだろう。

NeutrinoのCEO、イタリアのイノベーションにとっても重要な節目

NeutrinoのCEO、Giancarlo Russo氏は声明文の中で、今回の買収を「イタリアのイノベーションにとって重要な節目」だと歓迎の意を示した。

Coinbaseとは、オープンベースの金融システムを構築するという同社の使命と完全に一致しており、暗号通貨の分野でも規制、コンプライアンス、およびセキュリティに対する同じ取り組みを共有しているため、買収に合意した。

大量の履歴データを保有するCoinbaseによる買収は、Neutrino社が同領域で突出した存在となる絶好のチャンスだろう。Coinbaseにとっても、「この分野でさまざまな製品をもつ暗号のGoogleになることを目指している」、というSrinivasan氏の言葉通り、さらなる勢力拡大のステップとなり得ると考えられる。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

金融庁の認可を待つ米Coinbase、日本の仮想通貨市場に不可欠な要素を語る
仮想通貨取引所Coinbaseの副社長Romero氏が、同社の今後の日本での展開について語った。 同氏は、成熟した市場を持つ日本おいて必要な要素を語り、日本市場展開への強気な姿勢を示した。
米仮想通貨取引所Coinbase、東京を拠点にアジア圏の「大口顧客向け」サービスを拡大へ
ビットコイン(BTC)低迷のなか、大手取引所の大口・機関投資家向けサービス拡大が相次いでいる。米コインベースは、アジア地域の大口顧客に向けて、同取引所が機関投資家向けに提供している取引プラットフォーム及び、カストディ業務を拡大する方針を発表した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します