サムスンGalaxy S10、仮想通貨ウォレット以外の関連機能と取り扱い通貨の一部が判明

サムスンが狙うブロックチェーン機能の拡張
サムスンGalaxy S10に仮想通貨の秘密鍵を管理するウォレット機能の導入が正式に確認されたが、韓国メディアが公開したデモ動画にて、同社が目論むブロックチェーン機能の拡張事例と一部の取り扱い通貨が明らかになった。

サムスンが狙うブロックチェーン機能の拡張

韓国携帯メーカー大手サムスンの新型スマートフォンGalaxy S10に仮想通貨の秘密鍵を管理するウォレット機能が導入されることが、公式のプレスリリースから確認されたニュースで、実際にブロックチェーン関連のデモ動作の内容が公開され、昨日時点では限定されていた情報が少しずつ明らかになってきた。

同社は、直接的な「仮想通貨ウォレット」との明言はさけ、Knoxという名を利用し、秘密鍵の管理機能を紹介していたが、昨日時点ではその狙いや、通貨に関しては明らかになっていなかった。

韓国のブロックチェーンメディアBlockchainROKが公開した内容では、Galaxy S10上で、実際にブロックチェーンに関するデモ動画が用意されていることがわかった。

デモ動画でわかったサムスン社のブロックチェーン機能の狙いとして、データの保護、商品の購入、電子署名、仮想通貨決済、dAppsの導入、など多岐にわたり、ブロックチェーン関連の機能を大幅に拡張する狙いが見えてきた。

なお、仮想通貨のウォレット機能「Samsung Knox」上での仮想通貨送金に関する内容も後編で公開されている。秘密鍵の安全な保護を強調したのちに、行われたデモ動作では、通貨として表示されているのがビットコインとイーサリアムの2種類で、インターフェイスとしては従来のウォレット機能に近いものであることが明らかになった。

取り扱い通貨に関しては、現段階で2通貨にとどまっているが、今後正式な取り扱い通貨の発表が行われるかもしれない。

ETFより重要な事例

また、今回のニュースが仮想通貨業界に及ぼす影響は大きい。との有識者の見解も見られている。

今回のサムスン製品への仮想通貨ウォレット導入とツイッター上でのライトニング技術を用いたビットコイン投げ銭の事例は、現在仮想通貨市場において注目されるBakktやETFよりも、ビットコインの採用事例で重要な点を強調した。

その理由として、ツイッターの月間ユーザー数3.26億人と2018年第4四半期のサムスン出荷台数7000万台の事実を挙げている。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

Twitterで仮想通貨ビットコインの投げ銭機能が利用可能に 同社CEOからは賞賛の声
ツイッターで利用が可能なビットコインの投げ銭機能を、ライトニングネットワークを利用したウォレットサービスを提供するTippinが発表した。同機能に関して、ツイッター社CEOも賞賛し、多くの反響を得ている。
【速報】サムスン、Galaxy S10の仮想通貨ウォレット機能搭載を正式発表
韓国携帯メーカー大手サムスンの新型スマートフォンGalaxy S10に関する発表会が開催、プレスリリースも公開され、公式の文章で秘密鍵を管理するウォレット機能が搭載されることが発表された。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者12,000名突破。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら