CoinPostで今最も読まれています

「今回の仮想通貨の冬はそれほど厳しくはない」米大手仮想通貨ファンドCEO|転換期のカギに言及

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

投資ファンドCEOが低迷する市場を語る
米国初のBTC投資ファンド会社であるPantera CapitalのCEOを務めるDan Morehead氏は、ポッドキャストに出演し、低迷する仮想通貨市場について様々な見地を語った。

投資ファンドCEOが語る、仮想通貨市場の転換期

米国初のBTC投資ファンド会社(2013年より)であるPantera Capital(パンテーラ)のCEOを務めるDan Morehead氏は、ポッドキャスト「Unconfirmed」に出演し、現在の仮想通貨市場が低迷していることに関して、以前と現在の低迷期(仮想通貨の冬時代)を比較しつつ、同氏の見解を述べた。

まず最初に、Morehead氏は仮想通貨市場が低迷する中、投資をする際、どのような点に気を遣っているかについて語った。

今の(2018~2019)は実は2回目の仮想通貨の冬だ。1度目の冬は、2014年〜2015年にかけて訪れた。

我々が投資を行う際は、長期的に期待が持てるかどうかというように、常に5年から10年先のことを考えている。

なので、値動きにあまりとらわれないように、心がけている。そうしたことを考えると、仮想通貨・ブロックチェーン自体はまだまだ黎明期にある。

ただリアルタイム+24時間で価格が表示されるという、独特の特徴を仮想通貨は備えており、それが仮想通貨・ブロックチェーン市場にとって大きな妨げとなっている。

その後、司会者は「以前の2014年から2015年の低迷期と比べ、現在の低迷期とどのような違いがあるか。」との質問に対し、Morehead氏は、以下のように答えた。

前回の仮想通貨の冬の時には、もっと胃がキリキリした。ブロックチェーンが本当に機能するのか、あるいは、規制のリスクに押しつぶされるのではないかとも思った。

だが、現在のファンダメンタルは2014・2015年に比べ、はるかに強固なものになってきている。

このように同氏は、前回の低迷期に覚えた不安を感じることは無いとし、仮想通貨・ブロックチェーン市場をポジティブに捉えているようだ。

そして、この低迷期脱出において重要なポイントとされる、機関投資家の参入についても言及された。

常に、「いつ仮想通貨市場に機関投資家が参入するのか」について議論されているが、実は今すでに、機関投資家からの資金を受け入れられるような環境が整っているのではないかと思っている

機関投資家は、しっかりと規制が整備され、名も知れたカストディアンを求めているが、以前は、そうした素晴らしい取引所やXapoのようなカストディアンは存在しなかったし、機関投資家を呼び込めるような、世界的に名の知れたものは本当に無かった。

だが今は、ICEのBakktやフィデリティ、数ヶ月後に機関投資家向けカストディのローンチを予定しているErisXなどが存在している。こうしたものが追い風となり、機関投資家からの資金流入を促進すると思う。

上述したように、同氏は、機関投資家が参入するための基盤は整っているのではないか、との考えを示した。

去年の10月中頃、仮想通貨ヘッジファンド熱が高まる一方で、仮想通貨市場全体の下落により、思うようにパフォーマンスを維持できていないファンドが目立っていた。Panteraやその他の大手ファンドも例外なく影響を受けており、厳しいポジションに立たされてはいたものの、依然として同社のCEOは、仮想通貨・ブロックチェーン市場の将来性に期待感を抱いている格好だ。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

フェイスブックのザッカーバーグ氏、ブロックチェーン技術をログイン機能などで実装を検討|独自仮想通貨は明言せず
フェイスブックのCEO兼創設者であるマーク・ザッカーバーグ氏が、ブロックチェーン技術の採用例として「ログイン認証」や情報へのアクセス権限がある点を挙げた。同氏が語る分散化技術に関する見解には注目だ。
仮想通貨・ブロックチェーン業界発展のため、米関連ロビー団体が規制当局に対して緩和を要請
米国のデジタル商工会議所はブロックチェーン技術に対して国家的なレベルでの戦略プランを立てるべきだと、CFTCとCFPBへ勧めている。なお、本記事ではCFTCや仮想通貨推進派の国会議員の最新動向もまとめている。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/30 水曜日
19:30
ブラジル議会、決済手段としてのBTCを承認へ
ブラジル下院は29日、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨を決済手段として認定する法案を可決した。今後は大統領の署名次第で施行されることとなる。
19:05
ソラナ基盤のSerumが閉鎖、Openbookがローンチ
ソラナ基盤のDEXインフラプロジェクト「Project Serum」は、Serum コードのフォークによりローンチされた新たなDEX「Openbook」を発表した。
18:33
岸田政権、Web3.0の環境整備に向けたロードマップ示す
岸田政権による「スタートアップ育成5か年計画」の内容が決定した。ブロックチェーン技術とWeb3の税制を含む環境整備が含まれている。
17:18
バイナンスが日本進出へ、サクラエクスチェンジ買収
世界最大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが日本進出を発表した。サクラエクスチェンジの全株式譲渡を受け、完全小会社化する。
15:36
オフィシャルライセンス許諾の『トレサカ Jリーグ(β版)』配信開始
Jリーグのオフィシャルライセンス許諾を得た『トレサカ Jリーグ(β版)』が配信された。開発はオルトプラスとプレイシンク。パブリッシングはアクセルマークが担う
14:00
TBD、分散化されたWeb5の基本指針を打ち出す
ブロック(旧スクエア社)の仮想通貨部門TBDは分散化と個人のアイデンティティを重視したWeb5の基本指針を発表。より分散化されたインターネットの概念と今後の連携を呼びかけた。
13:03
FTX前CEO、破産申請や暗号資産ハッキング事件について受け答えに応じる
大手仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏がインタビューに応じ、ハッキング被害による不正流出被害やバハマ当局への対応、FTXシステムの「バックドア」疑惑などについて語った。
12:52
担保付資産(wBTC、wETH)のティペッグ騒動相次ぐ
仮想通貨ビットコインを担保に発行する「ラップドビットコイン(wBTC)」について、1:1のペグを外れて1.5%ほどマイナスに乖離する「ディペッグ」が発生した。その背景について探る。
12:05
BTC17000ドル台に反発、アルトは前日比7.7%高のETH主導
FTX破綻で警戒感燻る暗号資産(仮想通貨)市場では、上値抵抗線を抜けてビットコインが反発。悪材料で売り込まれていたイーサリアムも強めに反発した。
11:22
米議員、複数の仮想通貨取引所に書簡
米国のRon Wyden上院議員は、バイナンスやコインベースなど6つの大手仮想通貨取引所に宛てて書簡を提出した。FTXの破綻を受けて消費者保護について問い合わせる内容だ。
10:30
ウクライナ中銀 CBDCの構想案を公開
ウクライナの中央銀行は、同国の中央銀行デジタル通貨についての構想案を提示した。機能の一つとして、ビットコインなど仮想通貨の流通を支援することを挙げている。
09:30
米政治家、FTX前CEOからの1億円超の寄付を返金
米テキサス州の知事選に出馬したベト・オルーク候補は、仮想通貨取引所FTXのサム・バンクマン=フリード前CEOから受領した寄付を返金していた。寄付の金額は1億円超である。
08:45
Phantom、イーサリアムとポリゴンに対応へ
ソラナの主要ウォレットPhantomは29日、イーサリアムとポリゴンブロックチェーンに対応することを発表した。
08:15
OpenSea、BNBチェーンのNFTに対応開始
NFT電子市場大手OpenSeaは新たにBNBチェーンのNFTに対応し始めた。
07:40
コインベースウォレット、BCHやXRPの対応停止へ
仮想通貨ウォレット「コインベースウォレット」は複数銘柄の対応停止予定を発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧