CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨XRP(リップル)台帳における「最重要アカウント」とは|海外の大手取引所がランクイン

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

XRP台帳における最重要アカウントが判明
ビッグデータアナリストによって、XRP台帳の最重要アカウントが判明。Googleページの重要度を測るPageRankアルゴを応用、活発なアドレスを可視化した図により、新たな事実も浮かび上がった。

XRP台帳における重要度の最も高いアカウントが判明

米著名経済氏フォーブスの寄稿者であり、ビッグデータアナリストのThomas Silkjær氏は、XRP台帳における新たな事実を発見し、それを明らかにしている。

同氏は、グーグルのWebページの重要度を測る指標である「PageRank(ページランク)」のアルゴリズムを利用することにより、「最も重要な」仮想通貨XRPのアカウントを明らかにしたとしている。

PageRankのアルゴリズムは、被リンク数が多いWebページほど多く参照されていて重要度が高いという考え方に基づいており、それがXRP台帳を分析するのに用いられた格好だ。

XRP台帳の場合、そのノードの活動と送金量で重要度が定められる。

以下は、同氏が作成した、2016年から2018年のそれぞれの年における最も重要なXRPアカウントのトップ10をまとめた表である。

出典:Forbes

この表で印象的な点として、最大手取引所であるバイナンスの急浮上が挙げられることだろう。

2017年にランクインし、2018年にはトップと2位に位置している。

また、同氏によると、2018年と比較して2019年現在のランキングにはすでに多くの変化があるという。バイナンスの位置を除いた他の部分は全て入れ替わっているとしている。

ただ、年内残りの10ヶ月でもさらに多くの変化があるだろうとも言及した。

同氏はXRP台帳における最も活発なアドレスを可視化した図も作成。Googleが提供するビッグデータ解析サービス「BigQuery」を用いた形となっている。

以下がその図である。

出典:Forbes

一方、BinanceのCZ氏は、「最重要なアカウント」に関するリサーチ結果について、以下のようにコメントした

このリストは、coinmarketcapに掲載される取引高のランクと異なるが、非常に興味深い。

なお、coinmarketcapには問題ないと思う。ただユーザーは、全ての口座や取引高のデータが取引所によって報告されているものだと理解する必要はある。

不正に搾取されたとされるXRPの流出先も判明

Silkjær氏は、XRPにおける最大の詐欺と指摘される件について、Twitterで言及した。

被害者と詐欺アカウント両者のネットワークの把握は、以下の表を見ただけでは困難だ。しかし、私は徹底的に資金の出入りを追跡した。

詐欺だとされる手口は、SNS上で仮想通貨に精通した者を装うアカウントを作り、対象者に最初に少額の通貨を送らせ、その後に多くの通貨を送り返すことを提案するといったものだ。もちろん、後から送るといった約束は守られず、先に送金をした対象者は仮想通貨通貨を搾取される可能性がある。

同氏によると、約20万XRPが、該当アカウントに送金されたという。そして、それらの搾取されたXRPの流出先の取引所を特定いしたという。

現時点で判明している、不正流出先とされる内訳は、以下の通りだ。

  • Binance(13,000XRP)
  • Kraken(25,000XRP)
  • Cryptonator(21,000XRP)
  • ALFAcashier(83,000XRP)

今回の調査により、XRP台帳における新たな事実が浮かび上がってきた形と言えるだろう。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

英銀行、仮想通貨XRPの「xRapid」を利用した国際送金開始を明かす|実利用段階に確かな手応え
英国のEuro Exim Bankが、xRapid採用から既に国際送金で実利用している事を明かした。Euro Exim Bankは、80カ国でサービスを展開する銀行で、仮想通貨XRPを利用したxRapid採用を銀行で初めて行なった事例として、今年大きな話題になったばかりだ。ロンドンで開催されたリップル主催のイベントでは、Mercury FXとともに、xRaid採用による手応えと、実体験から見えたメリットを語った。
国内仮想通貨市場でビットコインを超えるリップル(XRP)の現物保有額が明らかに|自主規制団体が統計情報を初公開
リップルのJPY建保有額は、ビットコインの656億を大幅に上回る989億円となり、イーサリアムの保有額164億円の6倍であることが分かった。なお、BCHは61億円、MONAは36億円、LTCは14億円となっている。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/01 木曜日
10:05
アニモカ、2,000億円規模のメタバースファンドを計画
Web3大手企業アニモカブランズは、メタバース企業に投資する最大約2,750億円のファンドを計画している。同社は仮想通貨市場が低迷する中、活発に資金調達を行っているところだ。
09:45
暗号資産交換業者「エクシア・デジタル・アセット」に行政処分
関東財務局は、仮想通貨交換業を営むエクシア・デジタル・アセット(旧LastRoots)に対し、行政処分を行なった。交換業を適正かつ確実に遂行する体制の整備が行われていないとし、処分の内容や理由を説明している。
08:15
通信アプリ「テレグラム」 独自のDEXを開発する計画
プライバシートークアプリ「テレグラム」のCEOは1日、テレグラムが分散型取引所および自己管理型ウォレットを開発する計画を明かした。
08:00
アート・NFT分散型保有プラットフォーム「STRAYM」共同創業者インタビュー
6ヶ月で30倍に高騰したアートNFTを輩出するなど注目を集めるアート・NFT分散型保有プラットフォーム「STRAYM(ストレイム)」。今後の注目セールや展望について、共同創業者にインタビューを実施した。
07:45
Uniswap、NFTアグリゲーターをローンチ
Uniswap Labsは11月30日に、Uniswap独自のNFTアグリゲーターマーケットプレイスをローンチした。
07:15
リップル社、仮想通貨マーケットメイカーに出資
米リップル社は、仮想通貨のマーケットメイカーKeyrockに出資。同社は今回のシリーズBのラウンドで約99億円を調達しており、今後は欧州や米国、シンガポールで事業拡大を目指す。
06:55
1日朝|NYダウ・仮想通貨市場全面高
今日のニューヨークダウ平均や金先物価格はパウエル米FRB議長のハト派的な発言などを受け上昇。ビットコインや仮想通貨関連株も全面高。
11/30 水曜日
19:30
ブラジル議会、決済手段としてのBTCを承認へ
ブラジル下院は29日、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨を決済手段として認定する法案を可決した。今後は大統領の署名次第で施行されることとなる。
19:05
ソラナ基盤のSerumが閉鎖、Openbookがローンチ
ソラナ基盤のDEXインフラプロジェクト「Project Serum」は、Serum コードのフォークによりローンチされた新たなDEX「Openbook」を発表した。
18:33
岸田政権、Web3.0の環境整備に向けたロードマップ示す
岸田政権による「スタートアップ育成5か年計画」の内容が決定した。ブロックチェーン技術とWeb3の税制を含む環境整備が含まれている。
17:18
バイナンスが日本進出へ、サクラエクスチェンジ買収
世界最大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが日本進出を発表した。サクラエクスチェンジの全株式譲渡を受け、完全小会社化する。
15:36
オフィシャルライセンス許諾の『トレサカ Jリーグ(β版)』配信開始
Jリーグのオフィシャルライセンス許諾を得た『トレサカ Jリーグ(β版)』が配信された。開発はオルトプラスとプレイシンク。パブリッシングはアクセルマークが担う
14:00
TBD、分散化されたWeb5の基本指針を打ち出す
ブロック(旧スクエア社)の仮想通貨部門TBDは分散化と個人のアイデンティティを重視したWeb5の基本指針を発表。より分散化されたインターネットの概念と今後の連携を呼びかけた。
13:03
FTX前CEO、破産申請や暗号資産ハッキング事件について受け答えに応じる
大手仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏がインタビューに応じ、ハッキング被害による不正流出被害やバハマ当局への対応、FTXシステムの「バックドア」疑惑などについて語った。
12:52
担保付資産(wBTC、wETH)のティペッグ騒動相次ぐ
仮想通貨ビットコインを担保に発行する「ラップドビットコイン(wBTC)」について、1:1のペグを外れて1.5%ほどマイナスに乖離する「ディペッグ」が発生した。その背景について探る。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧