第10回『国際ブロックチェーン格付け』仮想通貨ビットコインは2ランク上昇、リップル(XRP)は20位を維持

中国行政機関、10ヶ月連続でブロックチェーンランキングを公開
中国の行政機関であるCCIDのブロックチェーン研究所は26日、仮想通貨に関連する第10回「パブリックチェーン技術評価」を公表。ビットコインは2ランクアップして13位に浮上した一方、リップルは20位の座を維持、トロンは初登場2位にランクインした。

第10回「国際パブリックチェーンランキング」

中国の行政機関、北京情報センター(CCID)のブロックチェーン研究所は26日、第9回「国際パブリックチェーン技術評価指標」を公開した。

仮想通貨で使用されるブロックチェーンを“技術ベースで評価した指標”であり、中国政府、民間、教育機関に在籍する専門家によって評価が行われている。(矢印の左側は、前回評価値)

今回のTOP3はEOS、トロン、そしてイーサリアムとなっている。仮想通貨トロン(TRX)は本ランキングに登場するのは今回が初だ。

4位から10位はGXChain、BitShare、ONTology、NULS、Lisk、Steem、NEOとなっている。

またビットコインは前月比で2ランク上昇して13位に、リップルは前月と変わらない20位の座を維持している。

      
プロジェクト名総合順位 詳細 総インデックス
基本技術 応用性 革新性
EOS

(イオス)

特徴

1位 102.2

→103.7

19.7

→20.0

24.9

→26.9

146.9

→150.5

Tron

(トロン)

特徴

2位(NEW) 96.8 24.6 24.1 145.6
Ethereum

(イーサリアム)

特徴

2位

→3位

77.4

→73.8

29.3

→29.0

27.4

→36.4

124.1

→139.2

GXChain

特徴

4位

→4位

84.5

→82.3

18.9

→18.3

7.5

→12.2

110.8

→112.8

BitShares

(ビットシェアーズ)

特徴

5位

→5位

87.2

→86.9

13.4

→13.9

8.8

→8.6

109.4

→109.5

Ontology

特徴

3位

→6位

82.2

→78.9

23.3

→23.0

7.2

→7.2

112.7

→109.1

NULS

特徴

6位

→7位

76.8

→75.4

18.3

→19.0

12.5

→12.6

107.7

→107.0

Lisk

(リスク)

特徴

12位

→8位

66.9

→65.7

16.6

→15.3

17.3

→26.0

100.7

→106.9

Steem

(スチーム)

特徴

10位

→9位

85.6

→85.1

9.4

→9.7

9.6

→10.1

104.7

→104.9

NEO

(ネオ)

特徴

7位

→10位

72.3

→69.1

26.3

→26.1

8.5

→9.6

107.0

→104.8

Bitcoin

(ビットコイン)

特徴

15位

→13位

44.1

→43.6

17.3

→18.1

34.9

→42.9

96.3

→104.5

Stellar

(ステラ)

特徴

11位

→15位

70.6

→67.9

20.0

→20.7

13.4

→14.6

104.1

→103.1

Ripple

(リップル)

特徴

19位

→20位

71.2

→71.8

12.7

→12.8

8.9

→10.1

92.8

→94.7

Bitcoin Cash

(ビットコインキャッシュ)

特徴

28位

→27位

48.5

→48.2

20.7

→21.6

12.8

→16.7

82.0

→86.5

CCID公式ランキング

そのほか11位以下の銘柄は、CCID公式ランキングを参考にどうぞ。

パブリックチェーンとは
ビットコインのように非中央集権でオープンなP2Pネットワーク。 パーミッションレスかつトラストレスなネットワーク参加者が協力し合うことでブロックチェーンを管理、PoWやPoSなどで経済的インセンティブを得ることで成り立っている。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

米Coinbase、正式に仮想通貨XRP(リップル)の全取引サービスを開始 4つの上場プロセスが完了
米Coinbaseは27日、仮想通貨XRPの上場プロセスを全て完了、正式に取引を開始したことをツイッター上で報告した。正式取引開始まで4つのプロセスがあり、時間を要するとの見方もあったが、上場発表から1日で正式なサービス提供開始に至った。
125年の歴史を持つスイス大手銀行が仮想通貨業界参入を表明 ビットコインなどを持続性のある資産クラスと評価
スイスの大手銀行であるジュリアス・ベアが仮想通貨カストディなどを提供するSEBA社に出資し、提携を結んだことを発表。同国FINMAの登録が通り次第、機関投資家向けのカストディ事業者誕生となる見込みだ。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら