CoinPostで今最も読まれています

日本発の仮想通貨QASHが『Liquid Coin (LQC)』にリブランディング、変更理由と今後の方針は

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨QASHが『Liquid Coin (LQC)』に
QUOINEの柏森CEOは「QASHトークンをLiquidに完全統合する。実用性はプラットフォームと共に拡大することが重要。『金融の民主化』というLiquidのビジョンを反映している」などと言及した。

仮想通貨QASHが『Liquid Coin (LQC)』に

QUOINE Japanは27日、日本発の仮想通貨QASHのブランド変更を発表した。

これに先駆け、昨年9月、国内大手仮想通貨取引所「QUOINEX」の大型アップデートが完了し、「Liquidプラットフォーム」がローンチされたことを発表。

QUOINE社のCTO「アンドレ」氏の解説によると、特にビットコイン(BTC)ペアのトレードにおいて、マルチマーケットオーダー(MMOs)機能により、注文を入れてすぐに約定するようになるなど、流動性が大幅に向上すると案内していた。

出典:QUOINE公式

今回のリブランディングにあたり、QUOINE社の栢森加里矢CEOは、ブランド変更する理由について、公式サイトで以下のように述べている。

QASHトークンを最大限に活用するためには、QASHトークンをLiquidプラットフォームに完全に統合し、我々が創り上げる全てのプロダクトや機能面においてお客様に特別なベネフィットを提供する必要があります。

トークンの実用性はプラットフォームとともに拡大することが重要であり、かつ、トークンは我々がLiquidプラットフォーム上で提供すべき価値を示すアイデンティティを有している必要があります。

これこそが、我々がQASHトークンを『Liquid Coin(LQC)』へとブランド変更する理由です。コミュニティの皆様には、LQCを保有していること、そして皆様こそがこの仮想通貨の発展を後押しする原動力となることに誇りを持っていただきたいと考えています。

我々Liquidの目標は、従来の金融と仮想通貨経済の橋渡しをしながら、ブロックチェーン技術を元にしたこれまでと全く異なる素晴らしい金融サービスを提供することです。

現QASHホルダーがすべきこと

また公式サイトで、LQCは『金融の民主化』というLiquidのビジョンを反映していると言及。

LQCへのブランド変更に際して、QASHトークンホルダーは何もする必要はないものの、ブランド変更が行われる今後数ヶ月の間、QASHとLQCが互換的に使われるという点について、理解を促した。

今後のビジョンとしては、Liquid分散台帳(LDL)を導入したときに初めて、トークンの交換(トークン・スワップ)が行われ、「LDLのメインネットが提供されるときに、LQCは真の仮想通貨になるための偉大な一歩を踏み出す」と強調している。

LQCのユースケースとして、以下のように述べ、カストディ・サービス(顧客資産の信託保全)も準備中だと予告した。

今後、Liquidプラットフォームを中心としたエコシステム全体やLiquidプラットフォームのパートナー企業と共に、LQCの役割や用途は拡大し成長していく。LQCは自国通貨が弱く、強い通貨に対するニーズがあるアジアのような地域で特に重要な役割を果たしていく。

CoinPostの関連記事

リキッドDLTの大型構想と仮想通貨QASHの将来性を発表|QUOINE柏森氏
日本発の仮想通貨QASHとLIQUIDプラットフォームについて、QUOINEの柏森CEOが新たな発表を行なった。壮大な構想を持つリキッドDLTサービス展開やメインネット実装にも言及、ユーティリティトークンから純粋仮想通貨への移行を目指すとした。
仮想通貨取引所QUOINEX:ワールドブックβ版始動で「QASH」が高騰
4月30日に日本の大手仮想通貨取引所「QUOINEX」で、ワールドブックベータ版が無事ローンチされたことが好感され、独自の仮想通貨「QASH」が80円前半から一時100円台を回復するなど、高騰を見せました。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者5,000名を突破しました。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/04 土曜日
15:00
ビットコイン・レイク体験記寄稿3
ビットコインが法定通貨になったエルサルバドルを訪問し、街での買い物や地元民との交流を元に執筆された、ビットコイン研究所の練木照子氏による寄稿記事。エルサルバドルにおけるギャング対策について言及。
15:00
イーサ「再ステーキング」企業、EigenLayerが65億円調達へ
仮想通貨イーサリアムの“再ステーキング”プロトコルEigenLayerが、65億円の資金調達を進めている。イーサリアムのバリデーターにとって、ステーキング報酬を2重に得られるため、資本効率を高める手段として期待される。
13:00
バイナンス CBDCテストにBNBチェーンの環境を提供
バイナンスとカザフスタンがCBDCで協力して実証実験を行うことが決まった。カザフスタンのCBDCは現在実証実験の段階にある。
11:00
バイナンス、韓国市場へ再進出 GOPAX株式取得で
最大手仮想通貨取引所バイナンスは、韓国市場へ再進出すると発表した。取引所GOPAX株式の多くを取得した格好だ。また、インドWazirXへのウォレット提供を止めることも報告している。
10:05
イーロン、ツイッターの収益シェア導入を発表
米ツイッター社のイーロン・マスクCEOは、広告収益の分配を有料ユーザー向けに開始したことを発表した。Twitter Blueプラン加入ユーザーのみが対象。返信欄で表示される広告の収益の一部を受け取ることとなる。
08:26
グーグル親会社「企業のミッション達成にAIは非常に重要」
グーグルの親会社アルファベットは、2023年1月分の決算報告から、AI事業の一部に関する記載を明確化すると説明。この変化は、アルファベットがAI事業を強化していることを示唆していると指摘されている。
07:25
米ナスダック・ビットコインなど反落 ドル急伸
本日のニューヨークダウやナスダックは反落。米強い雇用統計を受け米国債相場の急落に伴い利回りは急伸し、株式市場や仮想通貨市場は下落した。
02/03 金曜日
16:25
イーサリアム、上海アップグレードに向けて3回テストを予定
仮想通貨イーサリアムのコア開発者グループは定期会議を実施。メインネットでの上海アップグレードは最短で3月中旬に実施可能になるとの見解も出ている。
14:15
FTX Japanの事業売却、入札期限が延長
経営破綻した仮想通貨取引所FTXの事業売却について、日本法人「FTX Japan」などの入札プロセスが1か月ほど延長された。FTXは「合理的なビジネス上の理由」と述べており、有利な入札条件を集めるねらいがあるようだ。
13:30
史上最大4MBのビットコインNFTがミント、コミュニティは賛否両論
仮想通貨開発者のUdi Wertheimer氏は、ビットコインマイニング会社Luxor Miningの協力を得て、史上最大のBTCブロックを占めるNFTの鋳造に成功したと発表した。
12:33
メタマスク、プライバシー機能を拡張
仮想通貨ウォレット最大手Metamaskは、RPCネットワークの変更機能を設置した。また、フィッシング詐欺の検出や着信トランザクション通知などを行うサードパーティサービスを使用するトグル機能を追加した。
12:15
抵抗線で揉み合うビットコイン、移動平均線のゴールデンクロス迫る
ダウ反落を受け3日にかけて暗号資産(仮想通貨)市場も反落。ビットコインは50MA(中期移動平均線)と200MA(長期移動平均線)のゴールデンクロスが迫っている。
11:50
米マイクロストラテジー、ビットコイン保有で250億円の減損計上
米上場企業マイクロストラテジーは2022年第4四半期の決算を報告。財務資産として保有する仮想通貨ビットコインについて約254億円の減損を計上している。
10:20
米連邦地裁、コインベースに対する集団訴訟を却下 株価大幅高
米ニューヨーク南部地裁は、仮想通貨取引所コインベースに対する集団訴訟を却下した。訴訟は、コインベースが未登録証券を取り扱っていると申し立てるものだった。
09:55
AWS、Web3の人材を募集
アマゾンのクラウドサービス部門AWSは現在、Web3チームの人材を募集。また、ebayは仮想通貨やNFTに関する職種など、複数のポジションでWeb3関連の求人を行っている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2023/02/07 17:00 ~ 18:00
その他 東京都港区虎ノ門/オンライン
2023/02/09 19:00 ~ 21:00
その他 オンライン
2023/02/10 ~ 2023/02/11
その他 羽田空港第1ターミナル6階 ギャラクシーホール・5階LDHキッチン/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧