日本発 仮想通貨市場にオプション市場を創設|クリプタクトがみるビットコイン市場とデリバティブの成熟化

日本発 仮想通貨市場にオプション市場を創設
クリプタクトは、仮想通貨保有の課題である価格変動リスクへの回避手段として、仮想通貨のオプション市場創設に動く。仮想通貨市場の課題とデリバティブの成熟化で変化する仮想通貨市場とは?

日本発 仮想通貨市場にオプション市場を創設

国内最大級の仮想通貨管理プラットフォームを手がける株式会社クリプタクトは5日、仮想通貨保有の課題である価格変動リスクへの回避手段として、仮想通貨のオプション市場創設に動く。仮想通貨のオプション販売子会社『株式会社Protoption』の設立を公式プレスリリースで発表した。

日本発の仮想通貨オプション市場の創設に踏み切った理由には、仮想通貨市場の大きなボラティリティ(価格変動)が、仮想通貨を長期保有する上での障害となり、機関投資家を含めた幅広い層の投資家の参入を阻む中で、ボラティリティ抑制や価格変動リスクの回避手段の一つである「オプション取引市場」が未整備である状況がある。

伝統的な金融市場では、金融取引に係るリスクをヘッジする手段としてデリバティブ取引が非常に活発に行われているが、現在の仮想通貨市場では、投機を助長するような仕組みが多く、従来のデリバティブ最大の社会的意義「ヘッジ手段の提供」が十分になされていない。

出典:クリプタクト

このような現状を受けクリプタクトは、「オプション取引市場」の創設を通しヘッジ手段を提供、機関投資家を含めた投資家層の拡大を促すほか、ボラティリティの低下を実現し、投資家が安心して仮想通貨を保有できる健全な市場発展を目指すとしている。

仮想通貨市場におけるオプション取引のハードル

これまで仮想通貨市場のオプション取引市場が未整備にあった状況として、以下の2つがある事を、代表取締役 斎藤岳氏が、CoinPostの取材に対して語った。

  • オプションを正しくプライシングし売り手として適切なリスク管理を行える主体がいなかったこと
  • これらを達成するための高度な金融取引システムの開発にはハードルがあること

また、オプションは売り手には高度なリスク管理能力が求められるため、Protoptionがオプションの売り手となることで、買い手である顧客には限定的なリスクとなるような仕組みを考えていることを明かした。

これらを実現するためには、オプションの価格を計算するだけではなく売り手としてのリスク管理のノウハウが求められるが、スケーラビリティの効いた高度な金融システム開発や、ヘッジファンドでのデリバティブ運用・リスク管理の経験を持つ創業メンバーの知見を生かし、解決していくとしている。

日本市場における、オプション市場の需要

オプション市場の需要では、仮想通貨を中長期的に保有するための、ヘッジ手段としての需要があると見ている。

これには、個人投資家に限った話ではなく、ヘッジ手段があることで機関投資家の参入も促されると考えているほか、仮想通貨交換所のような仮想通貨を保有している事業者によるニーズもあると考えているようだ。

ヘッジ手段としてのデリバティブ市場の成熟化で、これまでの仮想通貨市場に新たな変化が見られるか、日本発の仮想通貨のオプション販売会社『Protoption』が始動する。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

仮想通貨の損益計算ツール「クリプタクト」|投資家支援プラットフォームの構築へ
誰もが暗号資産(仮想通貨)のメリットを簡単に享受できる社会を目指し変革を推し進める、仮想通貨の損益計算ツールを提供するクリプタクト。仮想通貨の魅力や、税制の今後などにも言及。また同社が見据える将来の展望についても語られる。
個人向け無料 なぜ仮想通貨の確定申告に税金計算ツール「クリプタクト」が魅力的なのか|現場で使用するプロが解説
自動損益計算ツール「クリプタクト」、会計事務所のプロのコメントを紹介 煩雑な仮想通貨の損益計...
CoinPostのLINE@スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者13,000名突破。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら