ICO後、アクティブなトークンは10分の1以下

トークン・リポートがICOの検証データを公開。
226件のICOのうち20件のICOしか使用されていないことが判明しました。
2017年のICOでは約3400億円以上のお金が投資される。
2017年9月は、もっとも投資が多い月となり、37件のICOで960億円もの資金を調達しました。

Token ReportのICO検証データによると登録された226件のICOのうち20件のトークンのみが現在でアクティブに活動しているということがわかりました。

つまり1割以下のトークンのみがICO後通常に活動している計算となります。

トークン・レポートによるとアクティブに活動を続ける20のプロジェクトは以下のようになります。

20件のICO通貨

  • Voxelus(VOX)
  • PopChest(POP)
  • Wings(WINGS)
  • Spells of Genesis(EDS)
  • Storj(STORJ)
  • Counterparty(XCP)
  • Sia(SIA)
  • Augur(REP)
  • Pepe Cash(PEPECASH)
  • Omni(OMNI)
  • Book of Orbs(ORB)
  • Chronobank(LH)
  • Bitconnect(BCC)
  • Kin(KIN)
  • Footballcoin(XFC)
  • NEO(NEO)
  • Nxt(NXT)
  • TenX(PAY)
  • IOTA(IOTA)
  • Cofound.it(CFI)

2017年のICO月別投資額

コインスケジュールドットコムのデータによると、200件以上のICOに合計で約3400億円以上のお金が投資されていることがわかります。

中でも9月はもっとも活発に投資がされ、37件のICOで960億円もの資金が投資されている現状です。

Under 1 in 10 post-ICO tokens in active use: Token Report

October 24, 2017 by EconoTimes

参考記事はこちらから

Only One in 10 Tokens Is In Use Following Initial Coin Offerings

October 23, 2017 by Olga Kharif

参考記事はこちらから

CoinPostの考察

グラフを見てもわかるようにたとえ、ICO規制や禁止があっても依然としてICO人気は衰えていません。

しかしながら実際に成功するICOはほんの1割。さらにはその中でも今後プロジェクトが成功する企業はさらに少なくなるでしょう。

ICOバブル時には多くの通貨が何倍にも価格をあげていた各ICO通貨ですが、現在ではICO価格よりも下回る仮想通貨もごく普通に起きています。 今回のデータからわかるように9割のプロジェクトがICO後にはストップしている状態は念頭に入れて今後ICO投資をしていく必要があるでしょう。

10月では日本からもCOMSAがICOを開始し、25日現在98.5億円突破しています。

COMSA前の2017年ICO調達ランキングはこちらから

2017年ICO調達額ランキング
中国と韓国政府は投資家を保護する目的やテロリスト、マネーロンダリングなどの資金流入を防ぐため、ICO禁止となりましたが一方で、依然と...

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加