CoinPostで今最も読まれています

2017年ICO調達額ランキング

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

中国と韓国政府は投資家を保護する目的やテロリスト、マネーロンダリングなどの資金流入を防ぐため、ICO禁止となりましたが一方で、依然としてICO人気は衰えません。

ICOは取引所に上場後の価格上昇率が高い仮想通貨業界においてもICO投資をやめない投資家も未だ多い状況となっております。

ガンホー創業者の孫泰蔵氏が「ICOがベンチャーの資金調達を変える」と発言するなど、今後も国内外でICOに注目が集まることは間違い無いでしょう。

10月2日日本からもCOMSAのトークンセールが始まっています。開始2日で約64億円を調達。さらに調達額をあげています。

今回はそんな2017年度ICOの調達額ランキングのTOP10をご紹介したいと思います。

10. MONETHA

調達金額:約36.6億円

プロジェクトはついこの9月にトークンセールがあったプロジェクトで10位にランクイン。

Monethaはイーサリアムブロックチェーン技術とスマートコントラクトをベースにして構築された「支払いシステム」として今後も注目となる通貨の一つでしょう。

9. AETERNITY

調達金額:約36.96億円

実世界のデータと連動する安全で高速なスマートコントラクトを実行しスケーラビリティの向上、そして並列処理の可能をめざします。

8. SONM

調達金額:約42億円

SONMはネットワークマイニングをベースとしたスーパーコンピュータプロジェクト。

ブロックチェーンコミュニティを支配するハッシュベースの従来の暗号化キャッシュマイニングを置き換えることを目指します。

7. MOBILEGO

調達金額:約53億円

ユーザー間での取引(ブロックチェーンを介した賞金のやり取りなど)、保有数に応じてゲーム内での優待など。

MobileGoトークンはゲーム内のコンテンツ拡充のために利用されるコインとしても有名です。

6. TENX

調達金額:約64億円

Tenxは仮想通貨のデビットカード決済サービスを行うプロジェクトです。

TenXはシンガポールの会社で、仮想通貨を世界中で円やドルといった法定通貨のように決済できることを目標とし、世界的にアプローチかけている今後も期待の通貨です。

仮想通貨 TenX(テンエックス)とは?
仮想通貨TenXに関するニュースまとめ 最新ニュース・関連企業の発表についてまとめたページです。新情報をキャッチ次第更新してい...

5. STATUS

調達金額:約90億円

Status ICOはイーサリアムのスケーラビリティー問題を解消するプロジェクトとして人気を集め、完全に分散化されたアプリケーション(DAppsとも呼ばれる)の完全な新しいエコシステムが開発され、ステータスはそれらにアクセスするためのユーザーインターフェイスを提供することを目指しています。

4. BANCOR

調達金額:約153億円

売買価格の双方合意問題の解決や流動性を保証する取引市場をユーザーが自由につくりだせる環境の提供に注目。

今後それらの資金をどのように使って行くのか注目です。

3. EOS (STAGE 1)

調達金額:約185億円

EOSは分散型アプリケーションに特化したプラットフォームであり、大企業間で広く使用されること想定して開発されています。

EOSは非同期通信と並行処理を採用し、秒当たり何百万ものトランザクションをサポートしています。

スマートコントラクトを実行できるブロックチェーンを作ることを目的として開発を進めています。

2. TEZOS

調達金額:約232億円

ハードフォークによらないシステム修正を実現するブロックチェーンがTezosです。

Tezosにおいては、ネットワークプロトコル、トランザクションプロトコル、コンセンサスプロトコルをそれぞれ独立させることによって旧・新システムの互換を常に可能にしています。

1. FILECOIN

調達額:約257億円

Filecoinは、約257億円を調達。

Protocol Labs社が開発する分散型ストレージネットワークです。

Sencha CEOであるArt Landroの予想によれば、世界中の50%近くのストレージが未使用または余剰を残しているとされており、Filecoinはそれらの未使用ストレージを有効活用できます。

Top 10 Cryptocurrency ICOs of 2017 (So Far)

September 22, 2017 by JP Buntinx

参考記事はこちらから
『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06:15
イーサリアム現物ETF、米SECが承認 ブラックロックなど8銘柄
米SECは24日、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの上場申請を初めて承認した。
06:10
米SECがイーサリアム現物ETF発行企業と対話開始、S-1フォームめぐり
Galaxy Digitalのレポートによると、仮に承認されれば、7月か8月に取引所に上場され取引を開始する可能性が高い。
05:30
コインベース、仮想通貨XRPの取扱いをニューヨーク州で再開
2023年7月に裁判におけるRipple Labsの部分的勝利を受けニューヨーク州を除く他の州でXRP-USD・XRP-USDT ・XRP-EURの3通貨ペアで取り扱いを再開した経緯がある。今回は、これまで対応できなかったニューヨーク州での再開を実現した格好だ。
05/23 木曜日
14:45
ブリリアンクリプト、Coincheckで「つるはしNFT」のINOを29日から開催
BrilliantcryptoがCoincheck INOでつるはしNFTの販売を開始へ。IEO参加者には優先購入権が付与されるなど、販売詳細が明らかに。暗号資産(仮想通貨)交換業者を通じて、新たなブロックチェーン資産にアクセスする機会。
13:55
「パラレル」カードゲーム、日本楽天ブックス提携でカードや漫画を流通へ
楽天ブックスはパラレルと提携することで、日本におけるカード、コミック、玩具などの販売代理店として、世界最大級のTCG市場に参入する橋渡しとなる。
13:35
韓国最大手アップビット、オアシスの新規上場を発表 OAS急騰
韓国トップの暗号資産(仮想通貨)取引所アップビットが、新規にオアシス(OAS)の取扱いを発表。OASは44%急騰している。OASはグローバル展開を進めており、バイナンス、コインベースなどトップ市場への上場に期待も高まる。
11:45
イーサリアムに続く現物ETFはソラナになる可能性 識者が議論
仮想通貨投資企業BKCMのブライアン・ケリーCEOは、仮にイーサリアム現物ETFが承認された場合、次に続くのはソラナになるだろうと意見した。
10:45
香港当局、ワールドコインを個人データ条例違反と指定
香港の個人データ保護当局は、仮想通貨プロジェクト「ワールドコイン」が条例に違反しているとして、虹彩データ収集活動などの停止を命じた。
10:10
NTT Digital、新プロジェクト「web3 Jam」を立ち上げ
ブロックチェーンを活用して円滑な企業連携を目指すプロジェクトweb3 Jamの立ち上げをNTT Digitalが発表。立ち上げの背景や今後の計画を説明している。
07:45
SECゲンスラー委員長反対も、仮想通貨重要法案「FIT21」は下院通過
米バイデン政権とSECのゲンスラー委員長は仮想通貨法案「FIT21」に反対を表明。どちらも投資家保護のルールが不十分だと主張している。
07:25
WisdomTree、イギリスでビットコインとイーサリアムETP上場承認を取得
米資産管理会社ウィズダムツリーは、仮想通貨ビットコインとイーサリアムの現物上場取引型金融商品をロンドン証券取引所に上場する承認を英金融当局から受けた。
06:55
仮想通貨ウォレット「メタマスク」、ビットコイン対応へ
ついにビットコインサポートか 暗号資産(仮想通貨)ウォレットのMetaMask(メタマスク)は、ビットコインへの対応を導入する予定のようだ。 公式発表はまだされていないが、Co…
06:05
ナスダック、ブラックロックのイーサリアム現物申請ETFフォームを更新
ナスダックによる書類の更新内容は、これまでアークやフィデリティなどのものに類似し、仮想通貨ETH保有資産のステーキングを行わないことを明記している。
05:50
エヌビディア純利益7倍の好決算、AI関連の仮想通貨銘柄連れ高
半導体大手エヌビディアの好決算を受けて、FETやRender、AR、AGIX、TAOなどの仮想通貨AI関連銘柄は全面高になった。
05/22 水曜日
16:43
暗号資産ステーキング報酬国内No.1のビットポイント、新たにSOL(ソラナ)を追加
暗号資産(仮想通貨)ステーキング報酬国内No.1のBITPOINT(ビットポイント)は、人気銘柄のソラナ(SOL)を新たに追加することを発表した。ビットポイントを利用するメリットについて解説。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア