NY証券取引所の親会社ICE、 数千種類に及ぶ仮想通貨データのリアルタイム配信を開始

ICE、 数千種類に及ぶ仮想通貨データ配信を開始
14日、ニューヨーク証券取引所の親会社インターコンチネンタル取引所(ICE)が仮想通貨市場向けの新しいデータ配信を開始することを発表した。企業や機関投資家へ信頼できる仮想通貨関連情報をリアルタイムで配信する。

ニューヨーク証券取引所の親会社ICE、 数千種類に及ぶ仮想通貨データ配信を開始

14日、ニューヨーク証券取引所の親会社インターコンチネンタル取引所(ICE)が仮想通貨市場向けの新しいデータ配信を開始することを発表した。

市場全体の透明性を向上させるために、新たに仮想通貨を自社のデータフィードに追加する。また、提携する取引所などの数も増やす計画であるとしている。

何を:ICE暗号通貨データフィード

なぜ:透明性の向上

誰が:数千種類の仮想通貨、数百のプラットフォーム

どのように:たった1つデータソース

いつ:今

ここ数年で仮想通貨市場は急成長しているが、企業や機関投資家が信頼できる情報配信媒体は、未だ数少ない。その状況下で、既に今年1月にICEの仮想通貨データフィードを、ブロックストリーム社と共同で立ち上げており、VWAP(売買高加重平均価格)やオーダーブックなど質の高い仮想通貨関連データを、リアルタイムで配信している。

今回の発表によれば、サポートする仮想通貨の数を数千種類に増やし、提携も数百ほど追加する予定であることを明かしている。

なお、ツイッター上で同取引所は、現時点で対象となるビットコインを含む58種類の仮想通貨を列挙した。

これにはBitcoinやBitcoin Cashのほか、Dash、Ether、Huobi Token、 Litecoin、Lisk、nem、rippleなどが含まれている。

ICEは、法的認定を持つ2つの世界最大の先物商品取引所(米国及び欧州)の経営も行ない、積極的に仮想通貨業界の発展を進めていることで、昨年から注目されている。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

NY証券取引所の親会社ICE、仮想通貨モニタリングツールの提供へ|大手ブロックチェーン企業との提携で実現
注目の仮想通貨取引所Bakktの親企業であるICEは先日、国際規模のブロックチェーン企業Blockstreamと提携し、「Cryptocurrency Data Feed」という仮想通貨市場データサービスを提供すると公式で発表した。Bakktも重要視している価格の形成の監視なども提供対象となる。
公開を控え期待感高まるICE運営「仮想通貨取引所Bakkt」の偽サイトが出現|嘘のローンチ日時を掲載や個人情報要求も
Bakktを装った偽サイトが発見されており、同サイト上では、個人情報やビットコインアドレスを入力するように誘導している。詐欺に遭わないためにも、細心の注意が必要だ。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら