CoinPostで今最も読まれています

日本の新規仮想通貨登録やICO実施 自主規制団体の公表内容から見る業界の動き

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

自主規制団体の公表内容から見る業界の動き
日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)は、新たに会員に関する会費の内容を発表。会員である仮想通貨交換業者に向けて新たに仮想通貨の新規取扱や販売(国内ICO)に関する手数料が公開された。

自主規制団体の公表内容から見る業界の動き

日本の自主規制団体である日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)は、新たに会員に関する会費の内容を発表した。3月29日の社員総会で決議した内容を同社HPにて一般公開している。

JVCEAは、昨年10月24日に金融庁から資金決済法に基づき、仮想通貨交換業に関わる「自主規制団体」として認可を受けた業界団体で、同協会がまとめた自主規制規則が仮想通貨交換業者の自主ルールとして施行されている。

公表された内容では、各会員の業務形態別に詳細を記した「会費」のほか、取扱い仮想通貨に関する確認手数料や新規仮想通貨販売に係る手数料が公開された。

本ニュースの注目点としては、仮想通貨交換業者の団体加盟におけるコストが判明したほか、業界団体が仮想通貨取り扱いに係る手数料を明示したことである。

特に新規仮想通貨の販売に当たるICOは、自主規制団体にてICO実施を踏まえた確認手数料を設ける動きに見えてきた事で、新たにICOに関する自主規制案の公表に繋がる可能性も秘めた事例となる。なお、ICO規制では、今月15日に日本政府が金商法と資金決済法の改正案を閣議決定した内容にも盛り込まれており、日本企業が主体となる仮想通貨発行に向けた業務が進んでいることが伺える。

新規仮想通貨取り扱いや販売(ICO)に関する手数料

気になる新規仮想通貨販売に係る手数料では、すでに会員が取り扱う仮想通貨の台帳上で発行されているか否かで、異なる確認手数料を取る。

同一の仮想通貨台帳というのは、例えばイーサリアムブロックチェーン上で発行されるERC20トークンが、会員が取扱う仮想通貨にある場合を指していると考えられ、より通貨発行事例の多いイーサリアムブロックチェーンが確認手数料の面で優遇されることが予想される。

特にこの確認作業が、該当通貨を取引所として取扱うことができる審査過程の一つとして設定されているが、あくまでも「確認作業」であることから見ても、確認手数料のコスト削減ができる点は、利点となり得るだろう。

また、取り扱い仮想通貨の届出に関する確認手数料としては、新規の仮想通貨では50万円(別税)を手数料として設定しており、すでに他の会員が取扱いを行う仮想通貨、いわゆるホワイトリスト入りしている通貨に関しては半額に当たる25万円(別税)を設定している。

仮想通貨交換業者に係る会費

仮想通貨交換業者登録を受けた事業者が加盟する第1種会員には、入会金として「200万円」を設定するほか、預託金(退会時に返還)として300万円の預け入れが必要になる。

なお、年会費に関しては、提供する取引など事業者の業務形態に異なる会費を設定する。

出典:JVCEA

また、登録申請や予定する事業者が登録される第二種会員に登録に係る会費では、入会費として200万円を設定するほか、年会費として360万円がかかるという。

登録初年度では、合計560万円の会費がかかることになるが、登録を受けていないことで仮想通貨に係る業務を開始できていない「仮想通貨交換業者登録申請」を行う新興企業にとっては、重い負担となりそうだ。

第二種会員では、加盟が義務化されているわけではないが、中小企業などが仮想通貨に関連する事業を起こす目的で会員登録するには、厳しい金額との見方も出てくる。

先日、金融庁が楽天ウォレットとディーカレットの2社に仮想通貨交換業者としての業登録が行うなど、新たに動き出した仮想通貨業界。国内の仮想通貨交換業の健全な発展を目的として活動する自主規制団体JVCEAを中心とした、新たな動きも見えてきそうだ。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

国会で道が敷かれつつあるビットコインなどの「仮想通貨税制」|日本政府の方針を探る
27日の事業説明会で言及されたディーカレットとJR東日本による仮想通貨関連サービス構想などから、日本政府の方針が浮かび上がってきた。キャッシュレス普及のために、ビットコインなど「暗号資産の税制改正」が必要な理由とは。
金商法改正案で仮想通貨取引所に「大きな試練」、ビットコインFXなど証拠金取引の規制強化へ
金融庁は、仮想通貨ビットコインなどの証拠金取引に対して金商法改正案で厳格に規制し、「第二の登録」を義務付ける方針だ。21年9月末までに未登録の仮想通貨交換業者(みなし業者)は、”事実上の廃業勧告”となり得る。
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。
07:45
計1400億円相当のBTC、米コインベースから出金
計1400億円相当の仮想通貨ビットコインがコインベースから出金されたことがわかった。出金理由については売り圧の低下につながるといった声や、OTC取引のための出金であるといった声など複数の見方が上がっている。
07:30
米デリバティブ大手CME、小口のユーロ建のビットコイン・イーサ先物を提供へ
CMEのビットコイン先物OIは先月過去最高値の52億ドルを記録。仮想通貨ビットコインETFへの高い需要に伴ってヘッジの需要も高まっているようだ。
07:00
EVMウォレットMetaMask、ユーザーへの警告機能を導入 モバイル安全性強化
マルチチェーンへ対応 暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の主要EVMウォレットMetaMaskは、モバイルアプリおよびエクステンションで、ユーザーへのセキュリティアラー…
05:50
Optimism、4回目のエアドロップで約60億円分の仮想通貨OPを無料配布
今回のエアドロップはOptimismを利用するWeb3アーティストやクリエイターをターゲットとしたもので、合計10,343,757.81 OPトークン(約4100万ドル)を2025年2月13日までに付与する。
05:30
バイナンス、全てのレバレッジトークン廃止へ
仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスは全てのレバレッジトークン廃止の予定を発表した。一方、昨夜StarknetのSTRKトークンの新規上場を実施した。
02/20 火曜日
14:51
韓国与党、選挙公約でビットコインETFやIEOの承認など検討 課税猶予の延長も
韓国の与党「国民の力」は4月の総選挙に向けた選挙公約の一環として、ビットコイン現物ETFの認可を含む、仮想通貨投資に関連した法律の制定を検討すると発表した。
14:36
Uniswap v4は2024年第三四半期に実装へ
Uniswap v4が2024年第3四半期にリリース予定。新機能「フック」の導入、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムDencunアップグレードの影響、および監査プロセスに焦点を当て、ロードマップの近況をまとめる。
14:14
LINE NEXT、読んで稼ぐ「ReadON」と提携 コラボNFTを販売
NFT市場DOSIを手掛けるLINE NEXTが、読んで稼ぐアプリReadONとの提携を発表。コラボデジタルアイテムを2月21日に発売。Web3エコシステムにおけるマーケティングやビジネス領域での連携を図る。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア