CoinPostで今最も読まれています

日本の新規仮想通貨登録やICO実施 自主規制団体の公表内容から見る業界の動き

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

自主規制団体の公表内容から見る業界の動き
日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)は、新たに会員に関する会費の内容を発表。会員である仮想通貨交換業者に向けて新たに仮想通貨の新規取扱や販売(国内ICO)に関する手数料が公開された。

自主規制団体の公表内容から見る業界の動き

日本の自主規制団体である日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)は、新たに会員に関する会費の内容を発表した。3月29日の社員総会で決議した内容を同社HPにて一般公開している。

JVCEAは、昨年10月24日に金融庁から資金決済法に基づき、仮想通貨交換業に関わる「自主規制団体」として認可を受けた業界団体で、同協会がまとめた自主規制規則が仮想通貨交換業者の自主ルールとして施行されている。

公表された内容では、各会員の業務形態別に詳細を記した「会費」のほか、取扱い仮想通貨に関する確認手数料や新規仮想通貨販売に係る手数料が公開された。

本ニュースの注目点としては、仮想通貨交換業者の団体加盟におけるコストが判明したほか、業界団体が仮想通貨取り扱いに係る手数料を明示したことである。

特に新規仮想通貨の販売に当たるICOは、自主規制団体にてICO実施を踏まえた確認手数料を設ける動きに見えてきた事で、新たにICOに関する自主規制案の公表に繋がる可能性も秘めた事例となる。なお、ICO規制では、今月15日に日本政府が金商法と資金決済法の改正案を閣議決定した内容にも盛り込まれており、日本企業が主体となる仮想通貨発行に向けた業務が進んでいることが伺える。

新規仮想通貨取り扱いや販売(ICO)に関する手数料

気になる新規仮想通貨販売に係る手数料では、すでに会員が取り扱う仮想通貨の台帳上で発行されているか否かで、異なる確認手数料を取る。

同一の仮想通貨台帳というのは、例えばイーサリアムブロックチェーン上で発行されるERC20トークンが、会員が取扱う仮想通貨にある場合を指していると考えられ、より通貨発行事例の多いイーサリアムブロックチェーンが確認手数料の面で優遇されることが予想される。

特にこの確認作業が、該当通貨を取引所として取扱うことができる審査過程の一つとして設定されているが、あくまでも「確認作業」であることから見ても、確認手数料のコスト削減ができる点は、利点となり得るだろう。

また、取り扱い仮想通貨の届出に関する確認手数料としては、新規の仮想通貨では50万円(別税)を手数料として設定しており、すでに他の会員が取扱いを行う仮想通貨、いわゆるホワイトリスト入りしている通貨に関しては半額に当たる25万円(別税)を設定している。

仮想通貨交換業者に係る会費

仮想通貨交換業者登録を受けた事業者が加盟する第1種会員には、入会金として「200万円」を設定するほか、預託金(退会時に返還)として300万円の預け入れが必要になる。

なお、年会費に関しては、提供する取引など事業者の業務形態に異なる会費を設定する。

出典:JVCEA

また、登録申請や予定する事業者が登録される第二種会員に登録に係る会費では、入会費として200万円を設定するほか、年会費として360万円がかかるという。

登録初年度では、合計560万円の会費がかかることになるが、登録を受けていないことで仮想通貨に係る業務を開始できていない「仮想通貨交換業者登録申請」を行う新興企業にとっては、重い負担となりそうだ。

第二種会員では、加盟が義務化されているわけではないが、中小企業などが仮想通貨に関連する事業を起こす目的で会員登録するには、厳しい金額との見方も出てくる。

先日、金融庁が楽天ウォレットとディーカレットの2社に仮想通貨交換業者としての業登録が行うなど、新たに動き出した仮想通貨業界。国内の仮想通貨交換業の健全な発展を目的として活動する自主規制団体JVCEAを中心とした、新たな動きも見えてきそうだ。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

国会で道が敷かれつつあるビットコインなどの「仮想通貨税制」|日本政府の方針を探る
27日の事業説明会で言及されたディーカレットとJR東日本による仮想通貨関連サービス構想などから、日本政府の方針が浮かび上がってきた。キャッシュレス普及のために、ビットコインなど「暗号資産の税制改正」が必要な理由とは。
金商法改正案で仮想通貨取引所に「大きな試練」、ビットコインFXなど証拠金取引の規制強化へ
金融庁は、仮想通貨ビットコインなどの証拠金取引に対して金商法改正案で厳格に規制し、「第二の登録」を義務付ける方針だ。21年9月末までに未登録の仮想通貨交換業者(みなし業者)は、”事実上の廃業勧告”となり得る。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/08 水曜日
09:40
トルコ大地震被災者に仮想通貨で寄付 バイナンスや現地の歌手など
仮想通貨取引所バイナンスは、トルコの大地震で被災したユーザーにバイナンスコインをエアドロップすると発表。トルコ現地の歌手や取引所も仮想通貨による寄付キャンペーンを立ち上げた。
08:00
イーサリアム、ステーキングの出金テストに成功
仮想通貨イーサリアムは、テストネットZhejiangでステーキングの出金処理に成功。これは、実施目標を来月に定めている次期アップグレード、Shanghaiに向けたテストである。
07:25
ダウ4日ぶり反発 パウエル議長「ディスインフレ」に再び言及|8日
本日のニューヨークダウやナスダックは4日ぶりに反発。米パウエル議長が7日のインタビューで「物価上昇鈍化のプロセスが始まった」との認識を改めて示したことが好感された模様。今回の発言を受けてドル売りで反応した。
02/07 火曜日
15:21
米著名VCのa16z、Uniswapの拡大戦略に反対
分散型取引所最大手UniswapのBNBチェーンへの拡大計画で、米著名VC「a16zCrypto」が反対票を投じたことがわかった。1,500万UNIの追加により、一時は反対票が66.9%を占める状況となった。
13:40
ジェネレーティブAIへのVC投資が22年に急増、3500億円超え
米データ分析企業「CB Insights」によると、2022年には画像から音声、ソフトウェアのコードなど、新たなコンテンツを生成する「ジェネレーティブAI」スタートアップへの投資が急増。110件の投資契約が結ばれ、約3,517億円の資金を調達した。
12:39
ビットコイン様子見ムード、株やアルト市場でAI関連銘柄の物色つづく
エコノミッククラブのパウエル講演が迫り株やビットコイン市場には警戒感が広がる。OpenAIの「ChatGPT」流行の影響で、アルト市場ではThe Graph(GRT)やSingularityNET(AGIX)などAI関連銘柄の物色つづく
11:50
グーグル、対話型AI言語モデル「Bard」をリリースへ
米グーグルは対話型AI(人工知能)言語モデル「Bard」の開発計画を公表した。Bardは近日中にもテスター向けにリリースされ、フィードバックを経て数週間以内の一般公開を予定している。
10:30
DCGとジェネシス、債務整理などで債権者グループと合意
仮想通貨コングロマリット企業DCGと子会社ジェネシスは、主要債権者グループと合意に達した。ジェネシスの事業売却や債務整理などを計画している。
09:30
Visa、ETHブロックチェーンでUSDCの大口決済を実験
Visaの仮想通貨部門のトップは「StarkWare Sessions」に登壇。同社がイーサリアムブロックチェーンで、ステーブルコインUSDCの大口決済をテストしていると語った。
08:12
米コインベース、コスモス関連銘柄の新規取扱を実施予定
米国の大手暗号資産取引所コインベースは27日、銘柄の新規上場を実施する予定だ。
07:40
バイナンス、税金ツール「Binance Tax」を発表
仮想通貨取引所バイナンスは、税金計算ツールBinance Taxを発表。現在利用できる国や特徴、今後の計画を説明している。
07:20
米AI関連株好調・ドル円続伸、米早期利下げの期待後退へ|7日
本日のニューヨークダウやナスダックは続落したが、米国株ではAI株が引き続き好調だった。8日にはパウエルFRB議長が発言を控えており、市場はFRBの口調に変化がないか様子見の状況だ。
02/06 月曜日
14:23
英中銀と財務省「デジタルポンド(CBDC)が必要となる可能性は高い」
英イングランド銀行(中央銀行)と英国財務省は、「将来的にデジタルポンドが必要になる可能性が高い」との判断を示し、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の導入に積極的に取り組む姿勢を見せた。
12:53
今年1月のNFT市場、前月比40%高と大幅に盛り返す=DappRadarレポート
DappRadarはNFTおよびDeFi市場についての最新レポートを発表。23年1月にNFTの取引量と販売数が急増しており回復傾向だった。BAYCなどを運用するYuga Labsコレクションが好調だった。
12:25
エコノミッククラブのパウエル講演控え、ビットコインなど様子見基調
前週末の雇用統計を受け、株や暗号資産(仮想通貨)などのリスク資産の値動きが冴えない。8日深夜には米ワシントンエコノミッククラブのパウエル講演控えており、ビットコインも様子見基調となっている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア