仮想通貨トロン、dApps展開で日本政府に全面協力へ|ギャンブル関連の規制遵守を表明

トロンが日本のギャンブル法準拠の声明を発表
トロン財団は日本市場でのdApps展開に際して、日本政府と協力して日本の賭博に係る規制に完全準拠していく方針を公表した。ギャンブルdAppsを手がける開発者に対して日本のIPアドレスのブロック要請等も行っていく姿勢も示している。

トロン、日本のギャンブル法遵守を表明

トロン財団は31日、日本でのdApps普及活動において日本のギャンブル法に準拠していく姿勢を表明した

仮想通貨のdAppsプラットフォームとして日本の法律に準拠することを表明したのは、初めての事例となる。

プレスリリースでは、同財団は、トロンのネットワークにおけるアプリケーションの開発支援やブロックチェーン技術の拡大に努めていくとしながらも、各国の規制基準や国際法準拠の必要性を強調している。

そして、日本市場におけるdAppsの開発研究やプロモーションについて以下の遵守を公表した。

  • 日本のギャンブル関連法に準拠すること
  • ギャンブルdAppsの推奨を行わないこと
  • 日本人dApps開発者に対して、トロンプラットフォーム上でのギャンブルdApps開発を推奨しないこと
  • ギャンブルdAppsの開発者に対して、日本のIPアドレスのユーザーをブロックするよう要求すること
  • 日本政府と協力関係を築き、トロンのdAppsが日本の法律や規制を破った際に必要なサポートを提供すること

今回の声明が日本での活動拡大の布石となるのか、今後の展開に注目していきたいところだ。

今後は大型アップデートも予定

今回、日本市場でのdApps展開における初の声明を公表したトロンであるが、今後はネットワークの新たなアップデートも控えているという。

IAmDecentralized.orgの共同設立者でありトロンの熱烈な支持者としても知られるMisha Lederman氏によれば、そのアップグレードでは、ジーキャッシュ(ZEC)などが採用する匿名技術zk-SNARKsを含め、以下の機能が追加される予定であると示唆していた。

  • ビットトレント(BTT)のスピード向上
  • 機関投資家が使いやすい、マルチ署名とアカウント管理
  • トロン上でのUSDT-TRONステーブルコインのローンチ
  • トランザクションへのプライバシー(匿名)オプションの追加

なお同氏によると、上記のアップデートは2019年第2四半期(日本換算の2019年度第1四半期)を予定しているという。

CoinPostの関連記事

仮想通貨トロン、次回大型アップグレードを第2四半期までに実施へ|匿名送金の選択肢も採用か
ブロックチェーン・プラットフォームのトロンは、ネットワーク機能向上を目的としたアップグレードをリリースする。Zcashなどが採用する匿名技術zk-SNARKsを含む4つの主要アップグレードが行われるため、トロンにおいて重要なアップグレードとなるようだ。
仮想通貨USDT、新たにトロンネットワーク上で発行へ|テザー社とTRONの提携で実現
時価総額上位のステーブルコインUSDTが、新たにトロンのブロックチェーン上でも発行されることが、テザー社などの公式発表で明らかとなった。TRC20トークンやdAppsとの連携を可能とし、エコシステムの強化を図る。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら