米リップル社、欧州ブロックチェーンアプリ国際協会「INATBA」設立メンバーとして加入

リップル社がINATBA設立メンバーとして加入
リップル社は、欧州委員会が発足したブロックチェーン及びDLTの普及を目指す組織「INATBA」への加入を発表した。規制当局との対話や各分野におけるそれらの技術を適用したグローバルモデル形成を行っていくとしている。

リップル社がINATBAへ設立メンバーとして加入

リップル社が、INATBA(International Association for Trusted Blockchain Applications)に設立メンバーとして加入することを、同社のCEOを務めるBrad Garlinghouse氏(以下、Garlinghouse氏)が4月2日に、公式ツイッターを通じて公表した。

INATBAは、欧州委員会が今年3月に発足させた、ブロックチェーンや分散台帳技術(DLT)の開発者やユーザーのフォーラムとして機能する組織で、4月3日に正式なローンチを予定している。

これまでに仮想通貨プロジェクトLiskも、創立メンバーとして参加を表明。70を超える多産業グループが、国や産業を超えた円滑な連携を目指すとしている。

また、同組織は次の4つの目標を掲げる。

  • ブロックチェーンや分散台帳技術への規制アプローチについての規制当局との積極的な対話
  • ブロックチェーンや分散台帳技術のインフラガバナンスのグローバルモデル
  • 相互運用性のあるガイドラインと基準の開発と適用
  • 分野に特化したガイドラインの開発

そのような形で、様々な分野におけるブロックチェーンや分散台帳技術の利用の主流化をサポートしていくとする同組織であるが、Garlinghouse氏は今回のリップル社の設立メンバーとしての加入を次のように語った。

分散台帳技術(DLT)において非常に重要な時期である今、INATBAへの設立メンバーとしての加入は我々にとって、とても光栄なことだ。

業界全体でグローバルに規制当局や政府に関わっていくことが必要だ。欧州委員会との連携はその努力の強い後押しとなるだろう。

我々は関われることに興奮しており、業界を先導する参加者になれることに期待している。

また、INATBAの発足を受けて、イーサリアムの共同設立者でありブロックチェーン企業ConsenSys設立者のJoseph Lubin氏も自身の見解を動画で述べた。

我々は新たに発足したINATBAを支援する姿勢であることを皆さんに知らせたい。我々の良き友人でもある欧州委員会によるグローバルなイニシアチブだ。

この組織は、様々な規模のブロックチェーンエコシステムが共に活動してブロックチェーンや分散台帳技術をメインストリームに押し上げるきっかけになるだろう。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

米Coinbase、仮想通貨の国際送金を擬似体験できるサービスを提供へ XRP(リップル)を送金通貨として評価
米仮想通貨取引所コインベースは仮想通貨XRPやUSDCを介した仮想通貨の国際送金を擬似体験できるサービスを提供する。また、公式サイトにて「XRPが送金に適した通貨」として紹介、他の通貨や国際送金事情と合わせて内容を記載した。
リップル社後援の開発ラボ、仮想通貨XRP利用の新たな投げ銭アプリの試作品を発表
XRP台帳で開発を続けるXRPLラボは28日、仮想通貨XRP送金の受け入れを可能にする新たな決済アプリを開発中であることを明らかにした。同開発者団体は2月よりリップル社のVC部門「Xpring」から出資を受けている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら