海外取引所の独自トークン販売に350億円相当の買い注文 購入の危険性を指摘する意見も

Gate.ioが取引所トークンのためのセールを行い約350億円の注文
仮想通貨取引所Gate.ioが自社トークンの販売を実施、合計で3.5億ドル(約350億円)相当と注文が殺到した。取引所トークンを発行するその狙いとなぜ購入が殺到したのか、状況を分析した。

Gate.ioが仮想通貨トークンの第一弾セール実施、合計で約3.5億ドル(約350億円)の注文

Gate.ioが自社トークンの販売を実施。The Gate.io POINT(以下GP)の販売を行い、合計で3.5

3.5億ドル(約350億円)の販売額に達したことを発表した。

GP購入者が殺到する理由には、特典として設けられた取引所トークンGatechain Token(以下GT)が付与される目的がある。GTは、独自パブリックチェーンであるGatechain上のトークンで、現在注目されるIEO実施に利用されるトークンとなる。すでにBNBなどの取引所トークンの値上がりが確認されている状況のなか、通貨価値の上昇をみる買いが集まった。

GTを獲得する方法は少々複雑な方法が取られており、The Gate.io POINTを購入すると、それに合わせてGTが付与。これは、拠点となる香港だけでなく中国人投資家を踏まえた規制逃れの動きと見られている。

1GP辺りの価格は1USDTと価格安定通貨の性質を持ち、 現在実施される第二弾のセールでも最低額100ドル(約10000円)から販売が行われている。

1GPあたりどの位のGTが付与される総額や期間などは、購入プランで異なり、1GPあたり2.5GTから減少した付与の仕組みが取られている。付与されるGTは合計で3億枚が予定されている。

https://www.gate.io/

GTは取引所トークンとして取引手数料の支払いなどに使われる予定だ。

上述したように、Gate.ioもIEOプラットフォームのサービス提供を予定さ。先行する海外仮想通貨取引所Binanceは、同取引所トークンであるバイナンス・トークン(BNB)がIEOプラットフォーム上で使われることによって値上がりしてきた経緯があり、同様の動きがGTにも期待されたと推察される。

Gate.ioが開発する独自ブロックチェーンであるGatechainはブロックチェーン基盤の資産の保安や、分散型取引所(DEX)のためのパブリックチェーンで、ロードマップでは独自パブリックチェーンであるGatechainは今年中にテストネット稼働を経て、メインネット稼働を行うことが明かされている。

状況的にはIEOも一時のバブル状態から下火になりつつあり、メインネットローンチまでのロック期間がある点を踏まえると、リスク性の高い投資と指摘する投資家もいる。

https://www.gate.io/

過去には51%攻撃被害も

なお、仮想通貨取引所Gate.ioは、ETCが51%攻撃によるハッキングの標的になった取引所でもある。イーサリアムクラシックの51%攻撃による被害は米取引所Coinbaseによる報告で発覚し、Gate.ioは被害を報告。被害者に対して、全額の保証を行うことを発表した。この事件では、のちに盗まれた仮想通貨の一部がGate.ioに返還されたことで、ホワイトハッカーによるものだったとの見方もある。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

51%攻撃によって盗まれた仮想通貨、被害報告の取引所へ返還|ホワイトハッカーによる脆弱性への警告か
仮想通貨取引所Gate.ioは、取引所Coinbaseの報告により発覚した仮想通貨イーサリアム・クラシック(ETC)に対する51%攻撃を行なった攻撃者から、被害にあったETCの一部が返還されたことを発表した。攻撃者はなぜ51%攻撃を行なったのか、まだその真相はわかっていない。
なぜ仮想通貨BNBの最高値更新続く? 背景にビットコイン相場の低迷か
仮想通貨取引所バイナンスが提供するBNBの高騰が続いている。今回高騰した最新事例だけでなく、過去の流れからビットコイン建最高値更新までを解説。今後の展開を見る上での事例を紹介。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら