上値の重いビットコイン、今後の展望は?GWのフラッシュクラッシュに警戒感も|仮想通貨市況

仮想通貨市場

●ビットコインの重要ライン考察

●2019年始のフラッシュクラッシュと仮想通貨への影響は?

●NASDAQの仮想通貨デモトレードに関する続報

金融市場と仮想通貨

本日の東京株式市場は、前日比107円高の2万2307円に。

仮想通貨(ブロックチェーン)関連株は、決算発表したマネックスの19年3月期の連結利益が、前期比79.3%減の17.9億円に落ち込んだことで、後場から一時急落するも、大引けにかけて買い戻され、前日比同値で取引を終えた。

仮想通貨(ブロックチェーン)本命銘柄|関連株の最新情報まとめ
株式市場の仮想通貨(ブロックチェーン)の関連株一覧です。仮想通貨(暗号通貨)の将来性と市場の盛り上がりに伴い、時価総額(株価)の大幅上昇を期待できる本命銘柄と最新のポイント解説をまとめています。

ビットコインテクニカル分析

23日に急騰するも、翌24日に売り叩かれたBTC価格は、一夜明けた25日にかけて上値の重い展開が続いている。

61.7万円付近で一旦は持ち直したものの、戻りを叩かれて続落。12日より形成している上昇チャネル内に回帰する形で、上値を切り下げている。

24日時点で下げ止まった地点は、11日の高値と水平線で結んだラインにあり、時間足で3度目の防衛に成功(25日19:00時点)するなど、ツッコミショートが焼かれる底堅い値動きも見せている。3度目は信頼度高めだが、上下ともに優位性を見出すのは困難な状況で、半端な位置で無理にエントリーする必要はないようにも思われる。

この先の展開予測としては、チャネルサポート割れで下限までいくケース(白矢印)が挙げられるが、この場合は、60万円の支持線と59万円(青点線)がサポートされやすい。もちろん、思わぬネガティブサプライズや大口の仕掛けなどがあれば、一気に貫通する可能性もあるので慢心は禁物と言える。

逆に、ここから反騰してチャネル上限上抜けに成功すれば、25日時点で57.7万円付近にある25MA乖離率を調整した上で、結果的に上昇トレンドの押し目となるケース(青矢印)も考えられる。この場合は、急落後の直近高値である61.5〜62万円を抜けて定着出来るかどうかが焦点となりそうだ。

フラッシュクラッシュに警戒感

ビットコインは今年初めの1月3日、日本時間7:30に約1万円幅ほど急落を見せた。

同時間帯の世界金融市場を確認すると、年始で薄商いの中、為替レート109円台から一時104円85銭まで大暴落しており、同タイミングでビットコイン価格も急落している(下図参照)ことから、価格推移には一定の相関性が認められる。

TradingViewのBTCJPYチャート(上側のチャートがBTC価格)

発端となったのは、米Apple社の2019年第1四半期決算における「売上高予想」の下方修正で、日本株式市場などが閉じる年始の薄商い(東京証券取引所の大発会は1月4日)の中で、これを契機に投資家のストップロスを巻き込んでフラッシュクラッシュを引き起こした。

今年の国内ゴールデンウイークは、2019年5月1日の新天皇即位に伴い、2019年5月1日に「平成」から「令和」に改元されることで10連休の大型連休となるため、為替市場を中心に警戒感も台頭している。

確率自体は決して高くないと思われるが、仮に閑散化した国際金融市場で大きな仕掛けがあった場合、BTC市場に波及する可能性も考えられるため、注意しておくに越したことはない。

NASDAQの仮想通貨デモトレードに関する続報

昨日、ナスダック上でBTCとLTCのデモトレード(デモ)が確認されたことを報じたが、本日、マネックスグループも出資する米仮想通貨取引所「ErisX」が、新たに現物取引を一部機関を対象として試験提供していることが判明した。

ナスダックとErisXがどのように取引事業を進めているかは現時点では不明だが、ErisXの仮想通貨取引ペアがナスダックでデモ取引されているのかに関して、以下のようにシナリオは想定できる。

  • ナスダックがErisXの仮想通貨現物取引を提供する
  • ナスダックとErisXがそれぞれ別々の仮想通貨取引商品提供に向けて動いている

最も現実的に考えられるシナリオは、「ナスダックがErisXの仮想通貨現物取引を提供する」ことだろう。ナスダックは仮想通貨に対して前向きな姿勢を示しているが、仮想通貨投資の本格参入をした実例はない。

もう一点は、ナスダックとErisXがそれぞれ仮想通貨取引の提供を目指して行くとの見方だが、こちらも十分可能性はある。

ナスダックやTD Ameritrade(ともにErisXの出資企業)でErisXの仮想通貨現物取引が実現した場合、世界的な証券取引所や大手オンライン証券がビットコイン取引を提供することが大きな反響を呼び、機関投資家からの資金流入が促進されることも期待される。

最新情報はこちら

ナスダックの仮想通貨模擬取引の正体は? 新情報から見えた可能性と今後のシナリオ
本日情報が公開されたEris Xが仮想通貨の現物取引を一部機関を対象に試験的に提供しているとの内容から、ナスダックの模擬取引と多くの類似点があることが見えてきた。公開情報を基に、ナスダックを通したビットコイン取引の可能性と今後起こりうるシナリオを考察した。

CoinPostの関連記事

マネックス決算、仮想通貨取引所コインチェックの4Q連結損益は5.6億円と大幅減|米仮想通貨事業は7月開始を目処
コインチェックの4Q連結損益は5.6億円の損失 マネックスグループが25日に決算...
世界的シンクタンクT20、5月下旬に仮想通貨を含む10分野を議論|G20首脳会談に提言
T20は来月末、6月下旬開催のG20への提言のため、仮想通貨を含むデジタル経済など10分野について議論する。T20 JAPANでは「安定と発展のための国際金融アーキテクチャー、暗号資産とフィンテック」を掲げる。

免責事項

当ページは、仮想通貨の信憑性・正確性を保証するものではありません。

掲載されている内容やリンク先、サービス等、または投資情報からの不利益や損害については、当サイトでは一切の責任を負いかねます。投資する際は、ご自身の判断の元、自己責任でお願い致します。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら