7兆円規模の米オンライン取引仲介企業、ビットコインなどの取引を提供へ

E-Trade、ビットコインなどの取引を提供へ
米大手リテール投資仲介企業E-Tradeがビットコインとイーサリアムの取引サービス開始を予定していると報じられた。ナスダックに次ぐ今週のビッグニュースとなる。

E-Trade、仮想通貨取引提供へ

米有力誌ブルームバーグの報道によると、米大手リテール証券投資仲介企業E-Tradeは、ビットコインとイーサリアムの取引サービス開始を予定している。開始後は続々とアルトコインを追加していくという。E-Tradeはおよそ500万のユーザーを誇る大手オンライン投資・取引企業で、現在約650億ドル(7.3兆円)の資産を保有している。

現時点ではE-Tradeが仮想通貨ウォレットサービスなどをどのように提供するか公式からは明らかになっていないが、ブルームバーグなどは米最大手仮想通貨取引所Coinbaseやオンライン投資大手Robinhoodのライバルになる可能性が高いとしている。

著名NY TimesのテックジャーナリストNathaniel Popper氏もE-Tradeの最新情報に関して、「今週TD Ameritrade関連の仮想通貨取引サービステストのニュースがあって、そしてE-Tradeの仮想通貨提供の情報を知らされた。現在第三者カストディによる保管の契約段階だそうだ。」と明かした。

TD Ameritrade、NASDAQの仮想通貨デモトレードに関する考察

今週、ナスダック上でBTCとLTCのデモトレード(デモ)が確認されたことを報じた。なお、TD Ameritradeや、マネックスグループも出資する米機関投資家向けの仮想通貨取引所「ErisX」が、新たに現物取引を一部機関を対象として試験提供していることが判明した。

ナスダックとErisXがどのように取引事業を進めているかは現時点では不明だが、ErisXの仮想通貨取引ペアがナスダックでデモ取引されているのかに関して、以下のようなシナリオは想定できる。

  • ナスダックがErisXの仮想通貨現物取引を提供する
  • ナスダックとErisXがそれぞれ別々の仮想通貨取引商品提供に向けて動いている

最も現実的に考えられるシナリオは、「ナスダックがErisXの仮想通貨現物取引を提供する」ことだろう。ナスダックは仮想通貨に対して前向きな姿勢を示しているが、仮想通貨投資の本格参入をした実例は未だ無い。

もう一点は、ナスダックとErisXがそれぞれ仮想通貨取引の提供を目指して行くとの見方だが、こちらも十分可能性はある。

ナスダックやTD Ameritrade(ともにErisXの出資企業)でErisXの仮想通貨現物取引が実現した場合、世界的な証券取引所や大手オンライン証券がビットコイン取引を提供することが大きな反響を呼び、機関投資家からの資金流入が促進されることも期待される。

より詳しい記事はこちら

ナスダックの仮想通貨模擬取引の正体は? 新情報から見えた可能性と今後のシナリオ
本日情報が公開されたEris Xが仮想通貨の現物取引を一部機関を対象に試験的に提供しているとの内容から、ナスダックの模擬取引と多くの類似点があることが見えてきた。公開情報を基に、ナスダックを通したビットコイン取引の可能性と今後起こりうるシナリオを考察した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら