シンガポールの教育機関、学位証書をブロックチェーン上で発行へ|国家プロジェクトとして始動

シンガポール、学位証書をブロックチェーンで発行へ
国家レベルで初となるブロックチェーン・プロジェクト「OpenCerts」が本格始動する。シンガポール国内の教育機関において、今年から学位証書がブロックチェーン上で発行される。

シンガポール、学位証書をブロックチェーンで発行へ

今年からシンガポール国内の中学校、短期大学、大学及び専門学校において、学位証書がブロックチェーン上で授受される予定であることを、同国の教育大臣 Ong Ye Kung氏が公表していたことが判明した。

現地メディアのCNAが伝えた。

この国家プロジェクトは「OpenCerts」と呼ばれ、SkillsFuture Singapore社 (SSG)や政府機関のGovernment Technology Agency (GovTech)、教育省(MOE)、ニー・アン・ポリテクニック大学 (NP)が共同開発を行っている。

そのOpenCertsプロジェクトとは、ブロックチェーン基盤のプラットフォームで、学位証書の発行及び検証を行うことで、学位証書授与のプロセスをより簡単で、改ざんの困難なものにする試みだ。こうした国家レベルでのブロックチェーン技術を用いた開発プロジェクトは世界初の事例となっている。

同プラットフォームの導入を予定する、主な教育機関は以下の通りだ。

  • LASALLE College of the Arts
  • Nanyang Academy of Fine Arts
  • National Institute of Early Childhood Development
  • 技術系専門学校
  • シンガポール労働者技能資格(WSQ)

上述した学校及び資格試験の過程を終了した生徒は、ブロックチェーン基盤のデジタル学位証書を受け取ることになる。また既卒者に対しても、今後デジタル証書を配布する計画が進んでいるとのことだ。

シンガポール、仮想通貨業界の近況

今月2日に、カナダ銀行(BoC)とシンガポール通貨金融庁(MAS)は、ブロックチェーン技術と中央銀行のデジタル通貨を使用した、国境を越えた支払いの試験的プロジェクトを完了させている。同日、2つの中央銀行の間では、世界で初めての成功であると両者は合同で発表した。

両者は、越境決済のプロセスをより安く、より早く、より安全にするために、ブロックチェーンと中央銀行のデジタル通貨の使用に着目して、協力してきたと共同声明の中で述べている。

また先月には、世界最大手仮想通貨取引所Binanceが、同社の3番目となる法定通貨建て取引所「バイナンス・シンガポール」を新設。シンガポールの法定通貨「SGD」建てのBTC購入が可能となった。

出典:binance.sg

さらに、法規制においては未熟な部分が多く見られるものの、シンガポールではICOが盛んで、それに伴いSTOへの関心を集めている。それと同時に法整備に関する機運も高まっており、シンガポールでは決済サービス新法が成立し、2019年度中に施行予定となっている。

新法では、デジタルペイメントトークンサービス事業を行う場合、ライセンスの取得が義務付けられる。

このように同国において、仮想通貨・ブロックチェーン業界は一定の盛り上がりを見せている。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック