VanEck版ビットコインETFが再び延期へ|BTC相場への影響は

最注目のビットコインETF、再び延期へ
米SEC(証券取引委員会)がVanEck社が今年1月に提出されたビットコインETFを再び延期することを発表した。発表後、BTC価格は88万円ラインまで回復を見せている。

米SEC、VanEck版ビットコインETFの判断延期へ

米SEC(証券取引委員会)は本日未明、有望視されているVanEck社が申請しているビットコインETFに対する最終判断を再び延期することを発表した。これによりVanEck社のビットコインETFは2回目の延期が決定され、次回の判断は90日後の8月19日となる見込みだ。

またSECはETF申請の判断延期と共に、14のカテゴリーに分けて投資家保護や仮想通貨市場の不正・価格操作に係る質問へのコメントを募集した。関係者や希望者は規制当局に対して関連する意見やコメント、およびデータを21日の間提出することができる。

以前から「規制された状況」下でのビットコイン取引の提供を目指してVanEck社はビットコインETFは申請を行い、昨年から市場の注目を集めていた。最終判断は今年2月まで延期されていたが、米トランプ大統領が昨年12月末に発令した政府閉鎖などが影響してVanEck社は一時的にETF申請を取り下げていた経緯がある。

しかしVanEck社は1月にビットコインETFの申請を行い、3月末に既に一度延期が発表されていた。米SECはまだ90日間と60日間の延期を計2回行うことができるため、今後再び最終判断は可能な限り延期され10月中旬頃となることが大方の予想だと米国の仮想通貨・ブロックチェーンに関わる法律に詳しいJake Chervinsky弁護士は予想している。

VanEck社の申請と1週間以内のタイミングで提出されたBitWise社の仮想通貨ETFが先週いち早く延期され、VanEck社に関する判断のみが発表されていなかったことで、一部では延期以外の発表を憶測する声も出ていた。しかし本日のSECからの発表で市場には一定の安堵感が生まれたのか、ビットコイン価格は再び88万円(8000ドル)まで回復しつつある。

出典:CoinMarketCap

ETF申請を行っているVan Eck社のデジタル資産部門のディレクターであるGabor Gurbacs氏は「引き続き安全に、流動性のある規制された仮想通貨市場を提供するために努めていく」姿勢を示した。

また先日ビットコインETFの判断の予想を述べていたJake Chervinsky弁護士は「予想通りの結果になった」と述べている

とりあえずの判断は8月まで延期となったVanEck社のビットコインETF。BitWise社の判断期限も8月中旬となるため、引き続き仮想通貨市場の重要材料として覚えておきたいところだ。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら