ビットコインはサポート割れで大幅下落、リップルやイーサリアムなど主要アルトも全面安|仮想通貨市況

仮想通貨市場

●ビットコインは複数ラインのサポレジ転換も相場の重しに

●2017年の仮想通貨バブルから見る、海外アナリストの価格大幅調整論とは

金融市場と仮想通貨

23日の東京株式市場は、前日比132円安の2万1151円に。

米トランプ政権による中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)に関する、事実上の輸出禁止規制などの制裁措置を懸念した影響で半導体銘柄を中心に売りが先行した。

仮想通貨(ブロックチェーン)関連株は、ビットコイン市場反落の影響もあり、国内大手取引所を運営するリミックス<3825>が前日比11%安と大幅下落。セレスやフィスコなども続落した。

仮想通貨(ブロックチェーン)本命銘柄|関連株の最新情報まとめ
株式市場の仮想通貨(ブロックチェーン)の関連株一覧です。仮想通貨(暗号通貨)の将来性と市場の盛り上がりに伴い、時価総額(株価)の大幅上昇を期待できる本命銘柄と最新のポイント解説をまとめています。

ビットコインテクニカル分析

23日の仮想通貨市場は、短期間に急騰した反動で全面安に。今月1日時点で58.5万円だったBTC価格(bitFlyer)は、わずか2週間足らず(14日時点)で91.5万円に到達するなど、30万円幅以上の上昇を記録していた。

ビットコインは昨日20時頃、85.5万円の支持線からショートカバーを伴うようにして3万円幅ほど急反発。しかし上値は重く、サポレジ転換したトレンドライン(橙)に阻まれるようにして、88.5万円から上を見ることはなく、再び下落に転じた。(①)

その後、強めのリバウンドを挟みながら中期トレンドラインを底割れた(②)ほか、巨大なダブルトップを示唆するなど現状は売り目線が優勢にあるが、18:00頃に観測された計1000BTC級のロスカットに伴う急落後のリバウンド(③)により、下位足でスパイクボトムの形状を見せたことで反発を見せている。

bitFlyer Lightning

このまま90万台円の高値圏まで全戻しとなるのか、一時的な反発に留まり、さらなる急落に誘われるのかは定かではないが、昨晩のように急激な価格変動で焼かれるリスクもあるため、エントリーとイグジットのタイミングには注意が必要だ。直近最安値を底割れた場合、17〜19日にかけて揉んだ価格帯である78〜82万円、心理的節目の7000ドル(77万円)で下げ止まるかどうか(④)が注目される。

2017年バブル相場再来のために

本日の全体相場の大幅調整について、海外アナリストらの予想が的中していたことが分かった。人気アナリストJosh Rager氏もその1人だ。昨日ビットコインはこれから-30%ほどの大幅調整するのではないかと分析していた。

歴史的に見ても、次の最高値(ATH)をつけるまで、幾度となく大幅調整を挟むのではないか。2017年のバブル相場では、30%以上の大幅調整が9回も見られた。これから買い戻す機会はいくらでもある。

ビットコインは、過去30日間で5100ドルから8000ドル台まで急騰し、3000ドル(33万円)の値上がり幅で+60%の騰落率を記録した。しかし上図が示すように、ビットコインは短期的に急騰した場合、20%〜30%の大幅調整を挟むなど乱高下しながら上昇してきた歴史がある。

ただし、大幅調整があっても6,000ドル(66万円)まで落ちないのではないかと多くの専門家は見ている。その理由は、ビットコイン検索数など仮想通貨氷河期とは異なる”関心の高まり”にあるだろう。著名アナリストAlex Kruger氏も、7000ドル(77万円)を下回った場合でも、いくつかの堅いサポートラインがあると分析した。

Kruger氏の分析ではサポートラインに、7600ドル(83万円)、7200ドル、6800ドル、6400ドル、6200ドル、6000ドル、5750〜5500ドル、5000ドルと設定。一方、レジスタンスラインは、8400〜8500ドル、10000ドル、11500〜11750ドル、13000ドル、15000ドル、17400ドル、最高値の20000ドルで、これ以上はムーンするという水準があるという。

Kruger氏は21日時点で、ビットコインが7600ドル(83万円)を割れた場合に、短期下落相場になり得るとの見解を示していた。

ほかにも、中・長期的な大相場のためには、大幅調整が必要な要素と見るアナリストは散見される。

米国の仮想通貨投資運用ファンドのモルガン・クリーク・デジタルCEO、Mark Yusko氏は、米経済番組「Fast Money」にて、ビットコインがリスク回避のための資産として優れていると述べた。

Yusko氏は、年初来から100%以上の上昇を見せているビットコインに対して、米株式市場の代表的な株価指数である「S&P」は15%程度の上昇しか見せていないと指摘。

ビットコインの年初来騰落率を比較すると、S&Pを遥かに上回っている。このようなリターン率をもって、大手大学のエンダウメントなどがその1%の資産をビットコインで運用すれば、過去5年間で見ると9.2%のリターンが生まれていたという。

CoinPostの関連記事

今春のビットコイン市場を受けて仮想通貨デリバティブが絶好調、BitMEXでも過去最高出来高を記録
4月からの相場高騰の好影響により、デリバティブの出来高が好調な推移を見せている。各取引所で過去最高の出来高を記録しており、将来的な機関投資家の参入促進にも期待が高まっている。
ビットコインは売り方の防衛ラインを抜けきれず、Finder調査では6月5500ドルの弱気予想も|仮想通貨市況
上値の重い仮想通貨ビットコイン、直近相場の大幅上昇要因に「アルゴ取引」の取引高増加を見る専門家も。オクスフォード大学系列ビジネス教授は6月に5500ドル〜6000ドルの弱気予想を示した。

免責事項

当ページは、仮想通貨の信憑性・正確性を保証するものではありません。

掲載されている内容やリンク先、サービス等、または投資情報からの不利益や損害については、当サイトでは一切の責任を負いかねます。投資する際は、ご自身の判断の元、自己責任でお願い致します。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら