ビットコイン以上の上昇続けるライトコイン、今後の重要材料を解説

ライトコインの中長期ファンダまとめ
2019年にビットコインよりも優れた価格パフォーマンスを出している仮想通貨ライトコイン。今後LTC相場を影響し得る重要なファンダメンタルズをまとめて掲載。

ライトコインの中長期ファンダ

2019年に入って以来、すでに+260%以上の上昇を遂げているライトコイン(LTC)は価格上昇率を見ると逃避資産として注目を集めるビットコインより高い価格の値動きを見せている。

年初来からのライトコイン価格チャート

出典:CoinMarketCap

年初来からのビットコイン価格チャート

出典:CoinMarketCap

好調な値動きが続くライトコインは今後二つの大型イベントを控えている。本記事ではビットコインの「デジタルゴールド」と対比して「デジタル・シルバー」と呼ばれる時価総額5位のライトコインの価格に影響を与え得る2つの大型ファンダを紹介する。

ライトコインの半減期

LTC価格に最も大きな影響を与えているファンダメンタルズは今年の8月前後に予定されているライトコイン(LTC)の半減期だ。

ライトコインは2015年8月にも半減期が起きており、当時はマイニング報酬が50LTCから25LTCに減少した。今年夏頃に行われる半減期後のマイニング報酬は現在の25LTCからさらに12.5LTCとなる予定だ。

(具体的な日程を確認できるライトコイン半減期のカウンドダウンサイトはこちら

本稿執筆時点のサイト情報によると「8月6日」頃に半減期到達が見込まれているが、実際にはブロック数の処理などで日時が前後する可能性も留意したいところだ。

直近2週間のLTCチャートを見ると、5月25日にライトコイン価格は前日比15%の上昇、一時約+17%を記録して104ドル(約11400円)を超えた。上位銘柄の大半が横ばいに動いていた中、ライトコインが上昇した要因として迫る半減期が考えられるだろう。

出典:CoinMarketCap

ビットコインやライトコインといった銘柄ではPoW(プルーフ・オブ・ワーク)というコンセンサスアルゴリズムが採用されている。このような通貨では「マイニング」と呼ばれる作業が必要となっており、マイニングをする報酬として新たに「採掘」された通貨がマイナーに付与される。

このマイニング報酬とともに増加する通貨の流通量による価格低下とインフレによる効果を抑えるため、半減期というメカニズムが設けられてる。

マイナーへの報酬、つまり供給の部分である発行量を制限することで、需要と供給の関係上価格が上がっていくこととされている。ビットコインを筆頭とするPoW通貨の多くのでは半減期の半年前から上昇が起きる傾向が見受けられる。

CoinPost関連記事

4年ぶりの最重要ファンダ「ビットコイン半減期」まで残り1年、仮想通貨市場への影響を探る
2020年5月頃に見込まれるビットコイン半減期。2016年以来、4年ぶりの”最重要ファンダ”が仮想通貨市場に与える影響と、海外専門家の見解など今後の展望を解説。

5月のライトコイン重要動向

米スターバックスやホールフーズなどの人気店舗での仮想通貨決済を可能にする新アプリ「SPEDN」にライトコインを追加予定であることが同アプリを提供するFlexa社の共同設立者Trevor Filter氏から示唆された。

ライトコインの共同創設者であるCharlie Lee氏はツイッター上でユーザーから意見を求めた。

FlexaのSPEDNアプリがライトコインを追加し、食料品やゲームショップ、何千もの小売店で決済可能にするべきだと思う人は「いいね」と「リツイート」を。

その一方でFlexaのFilter氏は「リツイート=承認ではない(でも、もしかすると?)」とLee氏の発言を引用しながらライトコイン追加を示唆した。

この発言がライトコインの追加を約束するものではないものの、その期待値は高まっていると言えるだろう。

Flexa社の「SPEDN」アプリは5月中旬に開催された業界最大級の大型カンファレンスの「コンセンサス2019」にて発表されていた。スターバックスやアマゾン社傘下のホールフーズ、またバスキンロビンスなど大手15社で仮想通貨決済を可能にすることからこの発表が要因の一つとなって相場は全面的な上昇を見せていた。

なお現時点で同アプリで取り扱われている仮想通貨は、以下の4銘柄である。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ジェミナイ・ドル(GUSD)

CoinPost関連記事

スターバックスなど米大手企業15社、仮想通貨決済受け入れ開始へ
スターバックスやアマゾンが保有するホールフーズ・マーケットなど15社が仮想通貨決済を受け入れていることが現在開催中の大型カンファレンス「コンセンサス」にてわかった。

今秋開催される大型ライトコイン・カンファレンス

二つ目の重要ファンダ材料は5月末に発表されたライトコインのコミュニティや開発者向けの大型カンファレンス、「Litecoin Summit 2019」だ。

ライトコイン財団が主催するこのカンファレンスは米国ラスベガスにて10月末の開催が予定されている。

このカンファレンスに参加する支払い方法として、通常のクレジットカードの他、ビットコインやライトコインも支払いオプションとして利用可能だ。

具体的なアジェンダはまだ明らかになっていないものの、現段階で参加するスピーカーは以下の通りとなっている。

昨年に初めて開催された大型カンファレンス「Litecoin Summit 2018」が行われた際、LTC価格は期待上げでカンファレンス直前に20%の上昇を見せていたが、当時の全体相場はベアマーケットであったため、それ以上の上昇を記録することはできなかった。しかし今年はいわゆる「仮想通貨の厳冬」を過ぎたとされる中で、中長期的ファンダを下にこのカンファレンスに対する期待値がどのように価格に反映するか期待されるだろう。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック