CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨「ミキシングサービス」の相次ぐ閉鎖、資金引き出しに関するリスクも

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

相次ぐ仮想通貨ミキシングサービスの閉鎖
大手ミキシングサービスBitBlenderが閉鎖、現在は利用が不可となっている。同様のサービスの閉鎖が相次いでおり、仮想通貨ビットコインなど預けたままの資産が取り出せなくなるリスクなど、利用には注意が必要だ。
ミキシングとは
複数の仮想通貨の取引データを混ぜ合わせることにより、送金元の特定を困難にする、匿名性を高める技術。脱税や資金洗浄を目的に利用されることが多い。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

大手ミキシングサービスBitBlender.ioも閉鎖

5月末に欧州当局からの摘発で強制停止を余儀なくされたBestMixer.ioに続き、大手ミキシングサービスBitBlender.io(以下 Bitcoin Blender)も閉鎖を決定した。

今月27日、BitBlenderの運営は、掲示板bitcointalk上で閉鎖を通知し、利用者に資金の引き出しを行うよう伝えていた。

最近のミキシング事例はこちらから

大手の仮想通貨匿名化サービス、欧州規制当局が強制閉鎖|ミキシングサービスの問題点を徹底解説
大手ミキシングサービスのBestmixer.ioが先日、ユーロポールにより強制閉鎖。こうした自体に至った経緯や、ミキシングサービスの問題点、利用する際の注意点を徹底解説。

閉鎖されたTORネットワーク上のウェブサイト

TORネットワークとは

TORネットワークとは、通常のブラウザのアクセスでは到達できない仕組みになっており、末尾が「.onion」となっているURLで表現される。アクセスするには専用のTORブラウザーなどを使う必要があり、TORネットワークを構成する複数のノードを経由することで、アクセス元を分からないようにするサービスとなっている。

匿名性を高めるために用いられ、検閲などに対抗するために作られたが、一方で、便利に身を隠せるツールとして犯罪に用いられることもしばしばある。

閉鎖が通知されたBitcoin Blenderであるが、そのクリアネット上のウェブサイト、つまりインターネットで通常閲覧できるサイトはサービスが紹介されており、引き続きそのままの形となっている。

出典:bitblender.io

しかし TORネットワーク上のURL「http://bitblendervrfkzr.onion/」には現アクセスできない状況となっている。後述のように、コネクションタイムアウトとなってしまう状況であり、運営側でサーバーを止め、サービスを一切利用できないようにしていることが推察される。

出典:bitblender

bitcointalk上の書き込みでは、日本時間5月29日13時頃にはアクセスできないという報告がされていた。

停止した正確な時期を確認することは困難だが、報告まで最初の通知から48時間も経っておらず、非常に短い時間で停止した。5月29日以降も、bitcointalk上では20件近い書き込みがされており、アカウントや資金の復旧がリクエストされていた。

他のミキシングサービスはどうなるか

現時点で利用できる他のサービスとしては、Bitmix(https://bitmix.biz/en)やChipMixer(https://chipmixer.com/)が稼働を続けている。しかし、稼働し続けることによって犯罪組織に悪用されうるリスクを考慮すると、これらのサービスも停止となる可能性は否定できないだろう。

また、このようなサービスを利用せずにミキシングを行う手段としてはCoinjoinがある。対応しているウォレットの代表例はWasabi Walletだ。

出典:wasabiwallet

その他、MoneroやZcash、またはDeepOnionといった匿名通貨を用いるのも、プライバシーを高めるのに有効だろう。

今回の事例から明らかになった点は、取引所やミキシングサービスに、ビットコインなどの資産を預けておくのはリスクが高いということだ。定期的に自分の資産がどこにあるか見直したり、しばらく動かさない資産は自分のウォレットに移すのがより望ましいだろう。

また、ミキシングサービス以外でプライバシーを高める方法もいくつかある。プライバシーが気になる方は上記を参考に、一度考えてみると良いだろう。

坪 和樹

Twitter:https://twitter.com/TSB_KZK

Linkedin:https://www.linkedin.com/in/tsubo/

プロフィール:AWSで働くエンジニア、アイルランド在住。MtGoxやThe DAO では被害を受けたが、ブロックチェーンのセキュリティに興味を持ち続けている。セキュリティカンファレンスでの講演、OWASP Japanの運営協力やMini Hardeningといったイベント立ち上げなど、コミュニティ活動も実績あり。

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/19 水曜日
10:15
米SEC、イーサリアムを有価証券とみなさず
米SECは仮想通貨イーサリアムに関する有価証券性の捜査を終わらせ、ETHを証券とみなさない。
09:45
Hashdex、現物ビットコインとイーサリアムの混合ETFをSECに申請
ブラジルの仮想通貨投資企業Hashdexは、現物ビットコインとイーサリアムの両方を保有するETFを米SECに申請した。
09:20
コインベース、先週に続き仮想通貨3銘柄の取引停止へ
米仮想通貨取引所大手コインベースは先週に続き、3銘柄の取引停止予定を発表した。
08:40
ETH現物ETF、米SECは早くに承認か
仮想通貨イーサリアムの現物ETFに対する米SECの要求は厳しくないと発行企業の情報筋が明かした。早くに承認される可能性があるとも述べている。
08:18
Ondoの米国債型ステーブルコイン、ソラナDriftで証拠金として利用可能に
ソラナの最大手オンチェーン・デリバティブ取引所Drift ProtocolはOndo製の仮想通貨ステーブルコインUSDYを担保資産として導入した。
08:00
Phantomスマホウォレット、仮想通貨の価格チャートを導入
Phantomはこれまで価格だけ表示しているが、新機能では保有するトークンをクリックすると、チャートと24時間の変動率を見ることができる。また、トークンのホルダー数と総発行数も掲載。
07:05
「BTCは6万ドルまで下落する可能性」CryptoQuant
仮想通貨ビットコインの価格は6万ドルの水準まで下落する可能性があるとCryptoQuantが分析。相場の勢いが弱まっているとみる背景を説明した。
06:50
Uphold、欧州MiCA法準拠でUSDTなどのステーブルコイン上場廃止へ
仮想通貨取引所Upholdは、欧州のMiCA規制環境に備え、7月1日までに欧州市場でUSDTを含むすべてのステーブルコインを上場廃止する。
06:25
自称トランプ氏の公式ミームコイン「DJT」高騰、未だ真偽不明
ブロックチェーンインテレジェンスサービスArkhamはSNSで、仮想通貨DJTの本当の創造者を特定した人に、15万ドルの賞金をかけると投稿し、プラットフォーム内でバウンティを設定した。
05:50
米クラーケン、ソラナとベース基盤のミームコインの先物を提供
米仮想通貨取引所クラーケンは19日、複数のミームコイン無期限先物を提供し始めた。また、現物取引では銘柄の新規上場も実施した。
06/18 火曜日
17:29
JBA、新年度の重点課題に「申告分離課税」と「レバレッジ倍率の見直し」など
日本ブロックチェーン協会(JBA)は2024年度の役員体制を発表。代表理事に再任した加納 裕三氏は、申告分離課税とレバレッジ倍率改定などを重要テーマとして取り組む方針を示した。
16:37
バイナンス新CEO、年末ビットコイン価格見通し・相場サイクルの特異性を語る
バイナンス新CEOリチャード・テン氏が、2024年末の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン価格見通しと暗号資産市場サイクルの展望を語る。市場はまだ初期段階にあり、さらなる成長を見込む。
15:01
ZKsync大型エアドロップは2時間で45%が申請完了 一躍ランキングTOP100圏内に
ZKsyncが36億7500万ZKトークンの大型エアドロップを実施。2時間で45%が申請完了し、暗号資産ランキングTop100圏内に急浮上。バイナンスでの取り扱いも開始。
13:50
エチオピアの仮想通貨事情、禁止から規制へ
エチオピアは、仮想通貨の全面禁止から、仮想通貨とブロックチェーン技術のメリットを慎重に検討する方向へと、この2年間で方針を転換してきた。現在はビットコインマイニングが活発化し、モバイル送金サービスも成長を続けている。
12:25
ビットコイン続落でメジャーアルト全面安、IEO銘柄BRILは公募価格の2倍超で推移
暗号資産(仮想通貨)相場は米連邦公開市場委員会(FOMC)の利下げ観測後退もあり引き続き軟調。ビットコインの続落でイーサリアム(ETH)やソラナ(SOL)では売りが先行した。一方でIEO銘柄ブリリアンクリプト(BRIL)は公募価格の2倍超で推移する。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア