CoinPostで今最も読まれています

10億円相当の仮想通貨XRP流出事件を考察、6億円のXRPは洗浄済みか

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

GateHubでのXRP流出事件を考察
今月7日に判明した、仮想通貨取引所GateHubでの、総額10億円に相当する約2300万XRPの流出事件。攻撃手口の可能性には複数のシナリオが考えられる。また、資金洗浄の経路なども明らかになった。

GateHubでのXRP流出事件を考察

今月7日に判明した、仮想使取引所GateHubでの、総額10億円相当となる約2300万XRPの流出事件。本稿では、その事件について、詳細を掘り下げていく。

まず今回の事件において、どのような攻撃が取引所に対して行われたかについて考察する。調査結果はまだ出ていないものの、公式の情報を含めて分析を試みた記事は複数あり、それらを整理すると次のことがわかる。

  • 被害を受けたアカウントへのAPIリクエストは、すべて有効なアクセストークンだった。
  • 疑わしいログイン、ブルートフォース(暗号やパスワードを解読、解析するための手法のひとつ)の兆候はなかった。
  • 少数のIPアドレスからのリクエストが増加、これが攻撃者とみられている。
  • 攻撃者が秘密鍵を復号化できた理由は不明。
  • 被害を受けたアカウントは 100前後と推定。

攻撃の可能性について

疑わしい動作を発見してGatehubに報告をしたThomas Silkjær氏(以下、Silkjær氏)の調査では次の事柄が判明した。

  • 6月1日に20万XRPが転送される。
  • 問題となったアカウントは Gatehub.net 上で管理されているものだった。
  • さらに調査を進めたところ、12の疑わしいアカウントを見つかった。
  • 最初に被害を受けたのは 5月30日であり、そのときは1万XRPが盗まれていた。
  • 2300万XRP(およそ10億円相当)が盗まれた上、すでに 1310万XRP(およそ6億円)はミキサーサービスなどで洗浄済み。

さらに米有力誌フォーブスの寄稿者であるThomas Silkjær氏は、今回の攻撃において、いくつかの可能性をシナリオとして提示している。それは次のような内容だ。

  • シナリオ1: Gatehub アカウントへのハッキング
  • アクセスログの分析や台帳における取引の履歴から、クライアントのログイン情報(パスワード等)が漏洩して被害を受けてしまった可能性は低いとみられている。

  • シナリオ2: フィッシング
  • 被害者を取材した範囲では、不審なメールが届いたり、クリックしたり、そういった傾向は見つからなかったとしている。

  • シナリオ3: ソフトウェアの問題(nonce の繰り返し)
  • 多くの被害者のアカウントは 2017年12月よりも古いものだったため、ソフトウェアの問題で脆弱になっている可能性を検討した。しかし、ごく一部のアカウントだけが影響を受けるもので、今回は該当しない。

  • シナリオ4: ソフトウェアの問題(増分nonce)
  • ソフトウェアの署名に関する実装が不十分な場合は、ブルートフォースが可能になっている可能性がある。しかし、これについては理論的な検討だけで、確認も否定もできていない。

  • シナリオ5: RippleTrade からの移行
  • 多くの被害者のアカウントは 2017年12月よりも古いため、RippleTradeのユーザー名を引き継いでいる。したがってユーザ名などが推測されやすい可能性は否定できないが、被害者の一部はRippleTradeからの移行ではなかったため、これも否定される。

      
  • シナリオ6: ブラウザのクライアントをハッキングした
  • Gatehub.net APIの脆弱性を悪用し、ユーザー情報を取得することは可能かもしないが、攻撃の原因とは考えにくい。例えば公衆WiFiを悪用したなども考えられるが、被害者は世界中に散らばっている。

      
  • シナリオ7: 古いデータベースの情報漏洩
  • Gatehubはインターネット上のサービスを利用しているため、暗号化されているが、知らずに古いデータベースの情報が漏洩していた可能性は否定できない。古いデータベースが漏洩していた場合、攻撃者が秘密鍵をブルートフォースで解読することは可能だろう。

なお、ここまでで提示された7つのシナリオを示したが、現時点では確度の高いシナリオは見つかっていない。ユーザーが身を守るためには、シナリオ2や6のフィッシングやブラウザの使い方に気を付けるぐらいだろう。

資金洗浄の経路

盗難された資金は、changelly.comやchangenow.ioなど、複数の取引所やミキシングサービスを経由して、すでに大半が洗浄されているようだ。

バイナンスやkucoinといった大手取引所も含まれているが、盗難が分かった以上、すぐに疑わしいアカウントからの転送をロックするなど、残る資金の回収は期待される。

また、今回の事件に関する資金の流れを視覚化したものもあり、それが以下の画像だ。黄色は取引所などの口座、青は被害者で、赤は疑わしいアカウントを示しており、その中の興味深い点として、いくつかのアカウントでは直接取引所への転送を行っていることが挙げられる。

出典:xrp-forensics

なおXRPフォレンジック分析、XRP Forensicsより詳細を確認できる。

坪 和樹

Twitter:https://twitter.com/TSB_KZK

Linkedin:https://www.linkedin.com/in/tsubo/

プロフィール:AWSで働くエンジニア、アイルランド在住。MtGoxやThe DAOでは被害を受けたが、ブロックチェーンのセキュリティに興味を持ち続けている。セキュリティカンファレンスでの講演、OWASP Japanの運営協力やMini Hardeningといったイベント立ち上げなど、コミュニティ活動も実績あり。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/08 水曜日
14:42
Lido、V2でETH出金機能など実装へ
リキッドステーキングの最大手プロトコルLido Financeは、次期アップグレード「Lido V2」の計画について発表した。仮想通貨イーサリアムの出金機能、及びネットワーク分散化に向けた重要な機能更新が予定される。
12:38
国際決済銀行、ステーブルコインの監視システムを開発
国際決済銀行のイノベーション・ハブ(IH)部門は2023年の優先課題を発表。今年の事業計画には、IHのロンドンセンターが立ち上げた、ステーブルコインの監視システムを開発する新たなプロジェクトも含まれている。
12:28
仮想通貨相場反発、サウジアラビア提携でSAND急騰
仮想通貨相場反発、サウジアラビア政府機関提携でSAND高騰
11:40
マイクロソフト、検索エンジン「Bing」にAI搭載
IT大手マイクロソフトは、検索エンジン「Bing」に米OpenAIの人工知能(AI)技術を搭載したことを発表した。AI駆動のチャットを通して、対話形式でインターネット検索を行えるようになった。
11:25
The Sandbox、サウジアラビアとメタバースで提携 SAND高騰
NFTゲームを提供するザ・サンドボックス(SAND)の共同創設者は、サウジアラビアのデジタル政府機関とメタバースの活用で提携していくと発表した。
10:25
DCG、グレースケール提供の投資信託を一部売却
仮想通貨コングロマリット企業のデジタルカレンシーグループは、子会社のグレースケールが提供する投資信託における自社の持ち分を一部売却し始めたことがわかった。最近の売却状況が明らかになっている。
09:40
トルコ大地震被災者に仮想通貨で寄付 バイナンスや現地の歌手など
仮想通貨取引所バイナンスは、トルコの大地震で被災したユーザーにバイナンスコインをエアドロップすると発表。トルコ現地の歌手や取引所も仮想通貨による寄付キャンペーンを立ち上げた。
08:00
イーサリアム、ステーキングの出金テストに成功
仮想通貨イーサリアムは、テストネットZhejiangでステーキングの出金処理に成功。これは、実施目標を来月に定めている次期アップグレード、Shanghaiに向けたテストである。
07:25
ダウ4日ぶり反発 パウエル議長「ディスインフレ」に再び言及|8日
本日のニューヨークダウやナスダックは4日ぶりに反発。米パウエル議長が7日のインタビューで「物価上昇鈍化のプロセスが始まった」との認識を改めて示したことが好感された模様。今回の発言を受けてドル売りで反応した。
02/07 火曜日
15:21
米著名VCのa16z、Uniswapの拡大戦略に反対
分散型取引所最大手UniswapのBNBチェーンへの拡大計画で、米著名VC「a16zCrypto」が反対票を投じたことがわかった。1,500万UNIの追加により、一時は反対票が66.9%を占める状況となった。
13:40
ジェネレーティブAIへのVC投資が22年に急増、3500億円超え
米データ分析企業「CB Insights」によると、2022年には画像から音声、ソフトウェアのコードなど、新たなコンテンツを生成する「ジェネレーティブAI」スタートアップへの投資が急増。110件の投資契約が結ばれ、約3,517億円の資金を調達した。
12:39
ビットコイン様子見ムード、株やアルト市場でAI関連銘柄の物色つづく
エコノミッククラブのパウエル講演が迫り株やビットコイン市場には警戒感が広がる。OpenAIの「ChatGPT」流行の影響で、アルト市場ではThe Graph(GRT)やSingularityNET(AGIX)などAI関連銘柄の物色つづく
11:50
グーグル、対話型AI言語モデル「Bard」をリリースへ
米グーグルは対話型AI(人工知能)言語モデル「Bard」の開発計画を公表した。Bardは近日中にもテスター向けにリリースされ、フィードバックを経て数週間以内の一般公開を予定している。
10:30
DCGとジェネシス、債務整理などで債権者グループと合意
仮想通貨コングロマリット企業DCGと子会社ジェネシスは、主要債権者グループと合意に達した。ジェネシスの事業売却や債務整理などを計画している。
09:30
Visa、ETHブロックチェーンでUSDCの大口決済を実験
Visaの仮想通貨部門のトップは「StarkWare Sessions」に登壇。同社がイーサリアムブロックチェーンで、ステーブルコインUSDCの大口決済をテストしていると語った。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア