総額10億円相当の仮想通貨XRPが流出|海外仮想通貨取引所がハッキング被害に

10億円相当の仮想通貨XRPが流出
仮想通貨取引所GateHubにて総額10億円相当の約2300万XRPが流出していたことが判明。原因究明に向けて内部調査が行われており、コミュニティからも協力が見られた。

10億円相当のXRPが盗難

仮想通貨取引所GateHubにて顧客資産の仮想通貨XRPが盗まれたことが公式発表を通じて判明した。ユーザーからの苦情でセキュリティ不備が発覚したため、原因究明に向け内部調査が行われている。

欧州デンマークのデザイン企業2K/DENMARK社のクリエイティブ・ディレクターであるThomas Silkjær氏の調査では、6日未明の時点ですでに80名以上のユーザーから総額23,200,000XRP(約10億円)の仮想通貨XRPが盗難されていることが判明している。

Silkjær氏が最初に異変に気づいたのは先月30日で、201,000XRP(約900万円)の送金がGatehubのXRPアカウントから移動されたことがきっかけだったと説明した。

5月30日のXRP移動

出典:Medium

また盗難された約2300万XRPの内、すでに半数以上の1300万XRP相当(約5億円)が取引所やミキシングサービスを経て資金洗浄されていることも調査の結果でわかっている。

なお現在も同取引所は捜査を続けており、規制当局や外部のIT捜査機関とも連携して犯人の特定に努めている。そのため内部捜査が完了した後に詳細を発表する方針だ。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら