仮想通貨取引所ビットポイントジャパン、業務改善命令の報告義務が解除

ビットポイントジャパン、業務改善命令の報告義務が解除
株式会社リミックスポイントの子会社「ビットポイントジャパン」の業務改善命令の報告義務が終了した。同社は、2018年7月23日からその命令の下、業務改善計画を提出していた。

ビットポイントジャパン、業務改善命令の報告義務が解除

株式会社リミックスポイントの子会社である仮想通貨取引所「ビットポイントジャパン」の業務改善命令の報告義務が解除された。

金融庁は去年4月18日に、ビットポイントジャパンへ立ち入り検査を実施し、その結果、経営管理態勢に問題が認められていた

また、資金洗浄及びテロ資金供与対策、利用者保護措置、システムリスクなどの内部管理態勢においても問題が認められたことから、以下の内容の業務改善命令を発出している。

Ⅰ.適正かつ確実な業務運営を確保するための以下の対応

  ⅰ.経営管理態勢の構築(内部管理部門及び内部監査部門の機能が十分に発揮できる態勢の構築を含む)

  ⅱ.マネー・ローンダリング及びテロ資金供与に係るリスク管理態勢の構築

  ⅲ.利用者財産の分別管理態勢の構築

  ⅳ.利用者保護措置に係る管理態勢の構築

  ⅴ.システムリスク管理態勢の構築

  ⅵ.仮想通貨の新規取扱等に係るリスク管理態勢の構築

Ⅱ.上記I.に関する業務改善計画を平成30年7月23日までに、書面で提出

Ⅲ.業務改善計画の実施完了までの間、1ヶ月毎の進捗・実施状況を翌月10日までに、書面で報告

ビットポイントジャパンは、2018年7月23日から上述した命令の下、業務改善計画を提出し、その進捗と実施状況を継続的に報告してきた。それが今回、解除される形となった。

同社は今回の知らせを受け、以下のようなコメントを発表している。

「BPJ」は、引き続き経営管理態勢、ならびに内部統制の充実・強化を図り、法令等遵守態勢を維持・向上させるとともに、お客様の利便性向上を含んだ質の高いサービスを提供することができるよう、全社一丸となって取り組む所存でございます。

Coinpost関連記事

金融庁、仮想通貨取引所の無登録営業でCielo社に警告|アソビコインやビットコイン(BTC)など売買
金融庁は25日、無登録で日本居住者に仮想通貨アソビコインなどの売買媒介等の交換業を営んでいたとして、インド洋セーシェル共和国所在の「Cielo EX Limite」に警告を出した。
金融庁、仮想通貨取引所Zaifを承継した「フィスコ」に業務改善命令を下す方針
金融庁が、仮想通貨交換業者フィスコ仮想通貨取引所に対して、資金決済法に基づく「業務改善命令」を出す方針を固めたことがわかった。同社は仮想通貨取引所「Zaif」の事業承継していた。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら