ウォレット対応のiOS向けブラウザアプリ「Opera Touch」がリリース|イーサリアムに対応

ウォレット対応のiOS向けブラウザアプリ「Opera Touch」がリリース
仮想通貨ウォレットに対応したiOS向けブラウザアプリ「Opera Touch」が、リリースされた。イーサリアムとすべてのERC-20トークン、NFTの保管が可能に。

ウォレット対応のiOS向けブラウザアプリ「Opera Touch」がリリース

仮想通貨ウォレットに対応したiOS向けブラウザアプリ「Opera Touch」が、「アップルストア」よりダウンロード可能となった。

対応するのはイーサリアムとすべてのERC-20トークン、ステーブルコイン、そしてNFT(dAppsなどで使われる非代替トークン)となっている。

ブロックチェーンに対応したことで、Web3.0へのサポート体制が整ったOperaであるが、今回のリリースについてOperaブラウザの仮想通貨部門トップCharles Hamel氏は次のように述べた

既存のブラウザはすべて仮想通貨ウォレットを統合するべきだと考えている。そうすることで、新たなビジネスモデルをウェブ上に出現させることが可能となる。

この、仮想通貨をシームレスかつ簡単に使用できる最初のブラウザは、仮想通貨コミュニティからの強い要望に応えたものだ。

なお今回iOSに対応したことによって、OperaはAndroid、Windows、Mac、Linuxといった主要なOSすべてに仮想通貨ウォレットを統合したこととなる。

Marble.Cardsとの提携も

今回のリリースに伴い、dAppsの「Marbel.Cards」との提携も実現した。

Marble.Cardsは、Webページをコレクターカードに変えることのできるブロックチェーンゲームである。インターネット上のほぼすべてのURLを、NFTに変換して固有のトークンとすることが可能である。

1度カード化されたURLを重複してカード化することはできず、それぞれのカードに価値がつく仕組みだ。

iOSでも仮想通貨やトークンの保管、dAppsの利用が可能となったことで、一層ユーザーとブロックチェーンの距離感が近くなったと言えるだろう。

CoinPostの関連記事

Amazonでビットコイン決済可能に、ライトニング活用のブラウザ拡張機能が公開間近
アマゾンで仮想通貨決済を可能とするブラウザ拡張機能が、今週中に実装される可能性が浮上した。Chrome側の認可が下り次第、米コインベースの口座から仮想通貨を利用した購入が可能となる。
ビットコインで報酬を還元するアプリ、大手ホテル予約サイトと提携
大手ホテル予約サイト「Hotels.com」が、米国発のビットコイン報酬スタートアップ「Lolli」と提携を結んだことが明らかになった。Lolliはビットフライヤーとともに、ネットショッピングなどでBTCが付与されるプログラムも展開している。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら