仮想通貨イーサリアム、「セレニティ」に向けた最終フェーズへ

イーサリアム2.0に向け、フェーズ0が仕上げ段階へ
仮想通貨イーサリアム2.0(セレニティ)のローンチに向け、コードフリーズ段階に入ったと公表された。新たなコンセンサス・アルゴリズムPoSへと遷移を伴うローンチ予定日(2020年1月3日)に向け、最終段階に突入した。

イーサリアム2.0に向け、フェーズ0が仕上げ段階へ

イーサリアム財団の開発者Danny Ryan氏は、イーサリアム2.0(セレニティ)のローンチに向け、フェーズ0がコードフリーズの段階に入ったことをツイッター上で公表した。

コードフリーズとは、ソフト開発の終盤で意図的にプログラミングの追加や機能修正を停止させることを意味し、発見されたバグの修復のみを行い、ソフトの安定化を図るために行われるもので、いわばソフト開発の仕上げ段階のようなものといえる。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

イーサリアム2.0では、現行のイーサリアムと異なり、PoWから新たなコンセンサス・アルゴリズムPoSへと遷移し、シャーディングなどの新技術も盛り込まれる。これにより、エネルギーの消費コストやスケーラビリティ問題などの解決に寄与するとされている。

イーサリアム2.0へ移行するための開発段階として、7つのフェーズが挙げられているが、今回コードフリーズされるのは一段階目となるフェーズ0だ。

フェーズ0では、主に以下のような機能が追加される。

フェーズ0:シャード未実装のビーコン・チェーン

  • Casper FFGを用いた、決済ファイナライズのための「PoS」ビーコンチェーン
  • バリデータがブロックを提案する際に、RANDAOを利用し、RNGを作成する
  • RNGのアウトプットからProposerとattestation committeeを組織化する
  • バリデータがクロスリンクを生成
  • フェーズゼロの詳細

次のフェーズ1で開発される機能の1つには、シャーディングが挙げられるが、この機能と上述したPoS(ビーコンチェーン)がイーサリアム2.0の屋台骨となる。

そのうちの1つが完成に近づいたことで、ようやくイーサリアム2.0の姿が見え始めた格好だ。フェーズ0のローンチ予定日は、2020年1月3日となっている。

CoinPostの関連記事

仮想通貨イーサリアム年初来最高値更新|次期大型アップデート、二つの新提案を承認
次期大型アップグレード「イスタンブール」に向け、二つの提案が承認。プリコンパイルとEVMのバージョン管理に関した機能となっている。ETH2.0に向けたプロセスが着実に前進。
ビットコイン市場の大幅下落要因と忽然と消えた20000BTCの大量ショート|仮想通貨市況
6月27日に149万円を記録した仮想通貨ビットコイン(BTC)は、乱高下を繰り返しつつ、本日9時時点で116万円まで急落した。海外取引所bitfinexで200億円分の大量のショートポジションが消滅したことも、さまざまな憶測を呼んでいる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら