元リップル社のXRP流動性責任者が新たな仮想通貨取引所「バイナンス米国」CEOに

リップル社の元役員が「バイナンス米国」のCEOに
バイナンスが発表した米国取引所「Binance.US」のCEOとして、リップル社の「XRP機関流動性部門」の元責任者が就任した。バイナンスの米国業務展開に向けた重要な進展となる。

Ripple社の元役員が「Binance.US」のCEOに

先日、仮想通貨取引所バイナンスが発表した米国取引所「Binance.US」のCEOとして、リップル社の元役員が就任した。

「Binance.US」の運営を担当するサンフランシスコ本拠地の取引サービス業者「BAM」は2日、リップル社の「XRP機関流動性部門」の責任者を務めていたCatherine Coley氏をCEOとして任命したことを公式に発表した。

なお、Binance.USのみならず、BAMのCEOにも就任した。

Coley氏はリップル社に参入するまで、米メガバンクモルガン・スタンレーの機関専門部門やスタートアップ向けの「シリコンバレー銀行」の国際送金部門を管理していた経歴を持つフィンテック業界のベテランだという。

発表によれば、Coley氏はCEOとして、「Binance.US」のローンチとBAMの北米市場の拡大を監督する。

また、本家バイナンスが6月に発表したBAMとのパートナーシップをもとに、「Binance.US」はバイナンスの最先端のセキュリティとマッチングエンジンを利用する許認可が与えられる。北米のユーザーにおけるコンプライアンスおよび仮想通貨市場の安全性を満たすことがこの協業の目的としている。

一方、「Binance.US」の正式な業務開始日は言及されていない。

バイナンスの米国進出、米ユーザーのサービス停止

本家バイナンスは6月14日、「ユーザー利用規約」を更新し、「米国ユーザーへのサービスを停止する」との制限を追加した

サービス制限は9月12日より実施される予定で、利用規約を遵守しないユーザーに対して、本家Binance.comにて取引および入金が利用できなくなる。なお、この制限発表は、バイナンスが同日に「米国への進出」を公表した続報に該当するものだった。

米国における仮想通貨関連の規制は連邦法上では整備されておらず、州によって異なるため、バイナンスはSECのこれまで表明したスタンスおよび州における送金業者規制に準拠するために「Binance.US」の設立を計らっているとされている。

バイナンスを利用している米ユーザーが多いため、「Binance.US」が今後どのようにユーザーの機会損失や取引高に対する影響を抑えるか注視するべきだ。

バイナンスの最新情報

【速報】バイナンスの仮想通貨先物取引を正式発表|レバレッジは最大20倍
バイナンスのCZ氏が、先物取引所の立ち上げを正式に発表した。公開日時は数ヶ月以内で、最大レバレッジを20倍(オープン時)に設定している。
取引所バイナンス、フェイブック支援の仮想通貨リブラのノードへ参加を検討か
バイナンスがフェイスブック支援の仮想通貨リブラのノードになることを検討していることが、仮想通貨メディアCryptoPotatoが単独で入手した情報で明らかになった。最大手取引所が加わることがリブラの信頼向上につながるか。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら