SBI北尾代表が日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)の理事を退任

北尾氏が日本仮想通貨交換業協会の理事を退任
SBIホールディングス代表取締役社長 北尾吉孝氏が、一般社団法人日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)の理事を退任したことがわかった。2019年7月2日付けで理事を退任する。

北尾氏が日本仮想通貨交換業協会の理事を退任

SBIホールディングス代表取締役社長 北尾吉孝氏が、一般社団法人日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)の理事を退任したことがわかった。2019年7月2日付けで理事を退任する。

JVCEAは、仮想通貨交換業者を第一種会員、交換業者登録の申請中または予定する事業者を第二種会員に登録する日本の認定資金決済事業者協会(認定自主規制団体)で、仮想通貨交換業の健全な発展及び利用者の保護に資する業務に従事している。

JVCEAは1年間の理事任期満了の時期を迎え、19年6月に新しい理事を選任。交換業事業者以外に国立大学法人筑波大学の弥永 真教授やISO/TC307 ブロックチェーンと分散台帳技術に係る専門委員会国内委員会 委員長を務める楠 正憲氏など、有識者を新任理事として選出していた。

今回、北尾氏がJVCEAの理事を退任した理由は明らかになっていないが、1年間の「理事任期満了時期」を迎えたタイミングであったことや、北尾氏自身もSBIホールディングス代表取締役社長やリップル社の取締役を兼任するなど金融グループの経営が多忙を極める中、時間的制約が負担になっていた可能性も考えられる。

CoinPostの関連記事

SBIホールディングス、子会社のマネータップに新たに7銀行が資本参加発表
SBIは27日、子会社のマネータップ社に、新たに株主参加する7行(足利銀行、島根銀行、筑邦銀行、東邦銀行、東和銀行、福島銀行、その他1行)を発表した。出資参加銀行は合計20行になる。
SBI北尾社長が正式にリップル社の役員に就任 「アジア地域への展開で絶好のタイミング」
SBIホールディングスの北尾 吉孝代表取締役社長が、正式にリップル社の役員に就任したことがわかった。リップル社会長のChris Larsen氏は、リップル社がアジア地域への展開を進めていることを明かし、絶好のタイミングであるとした。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら