CoinPostで今最も読まれています

世界初、投資銀行が仮想通貨STOを実施 金融資産のトークン化でTezosブロックチェーンを導入

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

TezosのブロックチェーンをSTOへ導入
ラテンアメリカ最大級の投資銀行BTG Pactual社が、仮想通貨の資金調達STOを実施。投資銀行の公式STOの実施は世界初となる。金融資産のトークン化でTezosのブロックチェーンを活用する予定。

STOにTezosのブロックチェーン導入

ラテンアメリカ最大級の投資銀行であるBTG Pactual社が、ドバイの大手資産管理企業Dalma Capital社と協力し、セキュリティトークンオファリング(STO)にTezosのブロックチェーンを活用し、トークンの発行を行うことがわかった。テゾス財団が公式HPで発表した。

今回のトークン発行により、BTG Pactual社は、世界で初めて公式にSTOを実施する大手投資銀行となる。

デジタル証券取引に新興技術であるブロックチェーンを活用することによって、両金融企業は10億ドル(約1080億円)以上のトークン発行を見込んでいるという。株式などの伝統資産だけではなく、幅広い金融資産を裏付けにトークンの発行を予定する。

Tezosのブロックチェーンはスマートコントラクト機能を持ってることに加え、自身でコードを修正をすることを可能とする。BTG Pactual社とDalma Capital社は、Tezosのブロックチェーンでデジタル資産の取引を実施することによって、デジタル技術への取り組みを強化することを狙うという。

同行は当初、トークン発行にイーサリアムのブロックチェーンを活用を行なっていたというが、Tezosブロックチェーンに変更を行なったという。BTG Pactual社側のSTO担当であるAndre Portilho氏は「Tezosのブロックチェーンが資産のトークン化において世界的に注目されていることに気づいた」と言及しており、資産のトークン化領域に関するテゾスブロックチェーンの有用性に期待感を示している。

BTG Pactual社とDalma Capital社が従来の投資銀行業務や資産管理の領域で、ブロックチェーン活用の重要事例になるとみられており、今後、ブロックチェーン技術が同領域で普及していく可能性にも注目している。

世界的にブロックチェーン技術応用への投資は進んでいる。その世界的な投資額は2019年末に29億ドル(約3120億円)まで伸びるという試算もあるが、巨大資金が動く金融領域で、ブロックチェーン技術の導入がどのように進むか注目したい。

なお、今回の発表を受け、Tezos(XTZ)の価格が高騰。一時、前日比15%高に達した。

CoinPostの関連記事

仮想通貨テゾス(XTZ)とは|主な特徴と今後の将来性
国内の仮想通貨(暗号資産)取引所のbitFlyerとGMOコインが取り扱う仮想通貨テゾス(XTZ)について、その仕組み、特徴、これまでに提携した企業や組織について解説。
米eコマース大手Overstock:STOプラットフォームtZEROにて投資家向けセキュリティトークンの提供開始を発表
米eコマース大手「Overstock.com」が所有するセキュリティトークンのプラットフォームtZEROにて、昨年8月までに投資家1000人によって購入された分のトークンの提供を開始したことが判明した。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/10 土曜日
08:35
Discord、ソラナやBloxlink接続の可能性が浮上
DiscordのユーザーがソラナウォレットやBloxlinkを含む複数のサービスに接続しロールを得る機能が実装される可能性が浮上した。
07:45
ゲームストップ、仮想通貨事業に慎重姿勢
米ゲーム小売大手ゲームストップのCEOは、仮想通貨事業に慎重な姿勢を示した。一方で、長期的にはブロックチェーン技術の可能性を追求し続けると述べている。
07:12
10日朝|米PPI、予想超えも減速傾向
昨夜発表の11月の米生産者物価指数PPIは前月比で予想を若干超えた。FRBの利上げ継続を正当化する内容だが、来週のFOMCで0.5%の利上げ幅は織り込まれているとの指摘もある。
12/09 金曜日
17:43
米コインベース、USDTからUSDCへ交換手数料をゼロに
米大手仮想通貨取引所コインベースは、ステーブルコインUSDTからUSDCへの取引手数料をゼロにしたことを発表した。安全資産としてUSDCを打ち出しているが、仮想通貨ユーザーから批判も集めている。
15:01
Livepeer、高速L1チェーンAptosに展開
分散型の動画ストリーミング基盤Livepeerは、高速レイヤー1ブロックチェーンAptosのサポートを発表した。Web3型のクリエイターエコノミー拡大を目指す動きだ。
12:50
FTXのサム前CEO、公聴会の参加要請を無視か
米上院銀行委員会による公聴会への参加要請に対して、仮想通貨取引所FTXのサム前CEOは期日までに返答しなかった。召喚状が送付される見通しだ。
12:25
米検察当局、USTおよびテラの価格操作疑惑でFTX創業者を調査か=報道
米検察当局がFTX創設者サムを価格操作(相場操縦)の疑いで調査した可能性がある。ステーブルコインのUST崩壊と仮想通貨テラ(LUNA)が暴落した際に価格操作をした疑いがある。
12:20
イーサリアム財団、ゼロ知識証明分野などを支援
仮想通貨イーサリアムの開発を支える非営利組織「イーサリアム財団」は、22年Q3に助成金を付与したプロジェクトを公表。総額10億円ほどが65組織に提供された。
10:35
米上院議員ら、仮想通貨業界と銀行のつながりを懸念
米国の上院議員らが銀行規制当局に書簡を提出した。FTXが地方銀行へ投資していたことを問題視し、ビットコインなどを扱う仮想通貨業界と銀行セクターのつながりを懸念する内容だ。
09:45
Sui、仮想通貨入手プログラムを発表
Sui Foundationは、仮想通貨SUIのコミュニティ・アクセス・プログラムを発表。これから設計を詰めてローンチにつなげ、ネットワークの分散化を進める。
08:05
スターバックスNFT、ベータテスト開始
米スターバックスは8日、「Starbucks Odyssey」というWeb3体験プログラムのベータ版テストを米国で開始した。
07:38
ETH「Shanghai」 実施目標は来年3月
仮想通貨イーサリアムのコア開発者は、次期アップグレードShanghaiは23年3月頃に実施できるよう目指すことで合意。Shanghaiでは、ステーキングしたイーサリアムの引き出しが可能になる。
06:55
9日朝|テスラ4日続落 今夜は11月米PPI発表
今日のニューヨークダウは続伸。米連邦取引委員会はマイクロソフトによる米ゲーム大手企業アクティビジョン・ブリザードの巨額買収計画について、独占を警戒し差し止めを求めて提訴した。
12/08 木曜日
17:48
BTCメジャーSQに向けポジション再調整は起こり得るか|仮想NISHI氏寄稿
暗号資産(仮想通貨)ビットコインの「メジャーSQ」に向け、ポジションの再調整は起こり得るのか?SBI VCトレードのクリプトアナリストである「仮想NISHI」氏が最新の市場動向を分析。
16:30
テレグラムが番号登録不要で利用可能に、ブロックチェーンID採用
メッセージングアプリ「テレグラム」は、プライバシー性能を高める機能を複数実装したことを発表。SIMカードなしでアカウントを作成できるようになっている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
2022/12/10 13:00 ~ 15:00
関東甲信越 神奈川県横浜市神奈川区松本町
重要指標
一覧
新着指標
一覧